• チケット購入方法トップ
  • 電話で予約(オペレーター)
  • 窓口で直接購入
  • ミューザWebチケット
  • その他プレイガイド

オフィシャルブログ

Official Blog

【クラシック豆知識】もしブラームスが今も生きていたら……

2019.06.19From_Muza From_Muza クラシック豆知識


室内楽曲を大オーケストラ用にパワーアップ!

12音技法など革新的な作風で知られるシェーンベルク。でも、そのシェーンベルクは一見保守的なブラームスを「進歩主義者」と呼んでいた。そんなシェーンベルクはブラームスのピアノ四重奏曲第1番を大編成のオーケストラ用に編曲してしまう。好きな曲なんだけれど、ピアノが達者だと弦楽器のパートが聞こえにくいから、オーケストラ曲にしたのだとか。オーケストレーションにあたっては「もしブラームスが今も生きていたらそうした」と思われる範囲で施したというのだが、それにしてはずいぶん派手では!?
(文:飯尾洋一)

ヨハネス・ブラームス(1833年 – 1897年)

ミューザ川崎シンフォニーホール&東京交響楽団 名曲全集第148回

【日時】
2019年 7月15日 (月) 14:00開演
【会場】
ミューザ川崎シンフォニーホール
【出演】
指揮:ロレンツォ・ヴィオッティ
【曲目】
ブラームス:ピアノ四重奏曲 第1番(シェーンベルクによる管弦楽版)
ドヴォルザーク:交響曲 第7番

チケット購入はこちら

公式facebookページ

RECENT ENTRIES最近の投稿
CATEGORIESカテゴリー
ARCHIVESアーカイブ

ミューザ川崎シンフォニーホール

TEL044-520-0200

(10:00~18:00/土・日・祝も営業)

定休日:
年末年始12/29~1/3
保守点検日