• チケット購入方法トップ
  • 電話で予約(オペレーター)
  • 窓口で直接購入
  • ミューザWebチケット
  • その他プレイガイド
  • 施設のご案内トップ
  • 音楽ホール
  • 音楽工房
  • 館内マップ
  • サービス&ファシリティ
  • ミューザの歴史

オフィシャルブログ

Official Blog

オルガニスト大木麻理さんに聞く―はじめたきっかけ、尊敬するオルガニストetc…

2017.02.10From_Muza


2月18日に開催を控えている「オルガンの未来へ」の第3弾。今回は初の企画公募制となり、第3回ディートリッヒ・ブクステフーデ国際オルガンコンクールで優勝するなど、いま注目の若手オルガニスト大木麻理さんの企画が採用されました。

大木さんがオルガニストとしてどんなことを考えていらっしゃるのか、そもそもどういったきっかけでオルガニストを目指されたのか……等など、改めて開演にむけて色々なお話を聴かせていただきました。(取材:小室敬幸)

写真1

大木麻理(オルガン)

 

――プロフィールを拝見すると、東京術大学で学ばれたあとドイツに留学され、ヨーロッパでのコンクールでは華々しい受賞歴を残されていますね。

あまりコンクールというのは好きじゃないので、受けたのはプロフィールに載っている3つだけなんです。ドイツで学んだ時に、せっかくこっちに来たんだから、何か成果を目に見えるかたちにしたいなと思って受けました。でも、オルガンのコンクールはとっても期間が長く、例えば二次試験のなかにファーストステージ、セカンドステージがあったり、リハーサルと実際の審査のあいだが1週間近く空いてしまったりもするんです。そのため練習できない時間も長く、大変でした。

大学のオルガン科って人数も一学年に3人とか4人しかいなくて、一度別の楽器を学んでからオルガンに転向してくる人もいるので年齢もいろいろ。副科でオルガンを履修している人の練習中の曲もみんな把握しているような間柄でしたね。和気あいあいとした雰囲気だったので、コンクールのギスギスしている雰囲気はどうにも慣れません。

実は今回、新作を委嘱させていただいた作曲家の松下倫士(ともひと)さんは藝大の同級生で、オルガンを副科でとっていたんですよ。もう、専科か副科か区別つかないほど上手だったので、彼は「伝説の副科生」として知られていました(笑)

IMG_7970

松下倫士(作曲)

 

――そもそも、いつ頃からオルガニストになりたいと思っていらしたのですか?

母がピアノ教師だったので小さい頃からピアノは習っていたんですが、実はそれほど好きになれなかったんです。転機となった出来事がありまして、母はクリスチャンだったこともあり、あるとき教会での奏楽を依頼されたんですね。母は真面目な人なので「じゃあちゃんと習ってからでないと」と言って、オルガンを習い始めたので私もついていったのですが、それが私のオルガンとの出逢いでした。

当時ピアノで習っていたインベンションか何かを「弾いてみたら?」と先生に言われて演奏してみたところ、もう楽しくって(笑) 中学校の卒業文集には「オルガニストになりたい」って書いてありますし、その頃からずっと将来はオルガン弾いていたいなって思ってたんだと思います。今から思えば、小さい頃にピアノが好きになれなかったのは、もっと色々な音を出したいと思っていたからなのかもしれません。

 

――オルガンの魅力にそんな早く開眼されたのですね! でも、クラシック音楽のファンであっても、オルガンの演奏ってどこを気にして聴いたら良いのか分からないとか、他の演奏と比べてどうだった?と聞かれてもお手上げ……という方も意外と多いんじゃないかと思います。オルガニストとしては他の方の演奏を聴く際、どんなところに注目されているんでしょうか?

テンポをどのように設定するのか、あるいは装飾音をどう付けるのか等にも注目するのですが、私が一番気にしているのは「レジストレーション」、つまり作品のどこをどんな音色で弾くかということですね。それは演奏者によって選択が全く違ってくるので、はっきりと個性の見える部分なんです。

例えば、有名な『トッカータとフーガ』だって、皆さんが一般的に想像される「あの音」は選択肢のひとつであって、どんな音色をあてがってあの冒頭を弾くかということは、演奏者の考え方によって十人十色なのです。

 

――では、そのレジストレーションというのは、どういうふうに決めていくのでしょうか?

どんな音色のパイプが何種類用意されているのかは、オルガンによって違いますので、まずは全てを把握するところから始めます。ミューザのオルガンはとっても大きく、パイプの総合計も5000本以上あるし、音色の種類は71種類。この音色の種類が「ストップ」と呼ばれるものですね。私の場合はまずストップひとつひとつの音を確かめます。

オルガン015

ミューザのストップ

 

――え!? 何千本もある音をひとつひとつ聴いていくんですか?

はい、かなり時間がかかりますけれど、ひとつずつ聴かないと分からないので。そのあと、その音色で何ができるのか、どんなふうに組み合わせようかということを考えます。

この音色で弾くようにと作曲者からの指示が楽譜に書いてあることもありますが、稀ですね。ですから、このストップとこのストップを組み合わせたらどうなるかな、というのを考えていく作業があります。オーケストラに例えると、一人ひとりの演奏家と面談するみたいな感じですね(笑) たとえばここはヴァイオリンと、ヴィオラと、チェロを組み合わせた音色で弾いて、次はフルートだけにして…というような感じで決めていきます。

 

――それを毎回新しいオルガンに出会うたびにされて、すべての作品に音色をあてがっていくなんて、気が遠くなりそうな大変さです! ただ演奏されるのではなく、まるで編曲家みたいでもあるんですね。

だから同じ曲でも演奏者によって、違うアプローチになるんです。そしてオルガンは管楽器と同じように、パイプに空気が通って音が鳴るのですが、その音の大きさを変えることはできないので、パイプを組み合わせる量を増やしていくことで、強弱を表現します。ストップを1種類だけしか使わなければとても小さな音量ですし、たくさん組み合わせれば大きな音量になるという具合です。自然な強弱のグラデーション、自然なクレッシェンド(だんだん強く)やデクレッシェンド(だんだん弱く)を実現するためには、組み合わせにかなり頭を使いますね。そういう意味では、確かに毎回、演奏するオルガンに合わせて編曲をしているようなものかもしれません。

 

――尊敬するオルガニストはどなたですか? また、ご自分について、どんなオルガニストだと思っていらっしゃいますか?

藝大で師事した椎名雄一郎先生に薦められて、アルヴィート・ガスト先生につくため渡欧しましたが、私自身が彼のファンでもあります。ロマン派の音楽のもつ、音楽の波のようなものをオルガンでの表現が難しいのに、彼はとてもすばらしい演奏をするんです。レジストレーションの多彩さ、グラデーションの巧みさをドイツでたくさん教わりました。

ウィーンのミヒャエル・ラドレスク先生のバッハは説得力というか、すごく深い研究に基づいているので、揺らがない説得力に打ちのめされます。留学先のリューベックでたまたま教えていらして、奇跡的に師事できたのもとても幸運でした。

音楽の内容と誠実に向き合う演奏が好きだなと思いますね。自分自身もそうした演奏家でありたいと願っています。自分は……うーん、とりあえずなんでも弾くってのが特徴でしょうか(笑)何でも弾いてみたいんですよ。じゃないと今回みたいなプログラムは組まないかもしれません。

 

――そういう意味で、今回のプログラムは大木さんだからこそできる選曲だったとも言えますね。2月18日の公演がますます楽しみになりました!ありがとうございました。

今回演奏するZ.サットマリー:バッハへのオマージュ(演奏:大木麻理)

ホールアドバイザー松居直美企画 オルガンの未来へIII

オルガンの未来チラシ画像

2017. 2.18 (土) 15:00開演

~西洋から日本への架け橋~

J.S.バッハ:パッサカリア ハ短調
G.A.フレスコバルディ:クレドの後の半音階的リチェルカーレ
G.リゲティ:リチェルカーレ ~G.フレスコバルディへのオマージュ~
G.リゲティ:ヴォルミーナ
Z.サットマリー:バッハへのオマージュ
伊左治直:橋を架ける者
松下倫士:モーツァルトの主題によるパラフレーズ(世界初演)
松下倫士:悲歌~能「道成寺」の物語による幻想曲~(ミューザ委嘱作品、世界初演)

公演詳細はこちら

ミュートンのお誕生日会♪

2017.02.10From_Muza


2月4日は音楽のまち・かわさきのマスコットミュートンのお誕生日!
2017年で10歳になったミュートンのお誕生日会を行いました♪

集まってくれたお友だちと、ハッピーバースデーの歌をプレゼント☆彡

そしてスペシャルプレゼントは東京交響楽団メンバーによる、ヴィオラ四重奏でのハッピーバースデー!!

(ヴィオラ演奏:青木篤子、大角 彩、木村正貴、小西応興)

みんな大好きミュートン♪
これからもかわいがってくださいね。

こちらはおまけ映像です。

ジュニアプロデューサー2016 活動報告

2017.02.03From_Muza , From_Muza , ジュニア・プロデューサー


★ジュニアプロデューサーになって、仲間と一緒にコンサートをつくろう!★

2016年も川崎市内の12名の小学生が「ジュニアプロデューサー」となり、3ヶ月間の活動で、一緒にコンサートをプロデュースしました。

彼ら・彼女らがプロデュースする(つくる)のは、弦楽四重奏のコンサート。
出演は、川崎市でおなじみのオーケストラ、東京交響楽団のメンバーです。

初日の活動では、まずプロデューサーってどんな役割かを考え、「どんなコンサートにしたいか」というコンサートをつくる上で一番大切な部分や、チケットの料金を決めました。

初日の活動

初めて会う友達ばかりですが、みんな積極的に意見を出し合いました。
2回目には、ミューザの職員と同じ名刺を持って、一人前のプロデューサーとして名刺交換!

名刺交換も練習しました!

 

いよいよ3つのチームに分かれて、コンサートをつくっていきます!

☆企画班☆コンサートの内容を決める!

曲目や順番を考えて、司会の原稿や参加コーナーのクイズをつくりました。

当日は司会などを担当して、コンサートの進行役をつとめました。

 

どんな曲順がいいかな?

どんな曲順がいいかな?

 

☆広報班☆たくさんの人にコンサートの情報を届ける!

チラシやリリース(報道機関へのお知らせ)、PR動画をつくりました。

取材にも対応し、コンサートの紹介をしました。

 

チラシ制作中!

チラシ制作中!

 

☆運営班☆コンサートがスムーズに進むように計画する!

会場のイスや受付の配置を決めたり、お客さまご案内係(レセプショニスト)の研修を受けたりしました。

みんなのアイディアで、こども席や会場の外にキッズスペースをつくりました。

 

チケットもぎりを学んだよ!

チケットもぎりを学んだよ!

 

7月28日、いよいよ本番当日!

朝から出演者と最後のリハーサル!間近で演奏をききました。

みんなで川崎市歌をうたうコーナーの練習!

みんなで川崎市歌をうたうコーナーの練習!

 

チケットは売り切れ!会場の市民交流室にたくさんのお客さまが来てくれました。

まずはロビーでチケットをもぎって、プログラムを配ってお出迎え。
コンサートをおこなうためには、準備はもちろん、当日もいろいろな役割があります!

いらっしゃいませ! みんなでお迎えします。

いらっしゃいませ!
みんなでお迎えします。

 

さぁ、いよいよコンサートがスタート!

弦楽四重奏の演奏にのせて、様々な音楽を知ることができるプログラム。
クラシック音楽からボカロの曲まで、もりだくさんの内容でした。途中にはクイズもあり、お客さまに楽しんでいただけました!

 

迫力たっぷりの演奏!

迫力たっぷりの演奏!

司会もばっちりでした!

司会もばっちりでした!

 

今年で4年目をむかえたジュニアプロデューサー企画。

コンサートの成功は、プロデューサーたち自身のがんばりはもちろん、これまでプロデューサーを経験した「ジュニアサポーター」たちのささえがあったからです。もうすぐ高校生になるサポーターもいます!サポーターのみんなは、活動部屋の準備、記録、写真撮影、プロデューサーにアドバイス・・・と大人スタッフと同じくらいのはたらきで協力してくれました!ありがとう!

ジュニアプロデューサーとサポーター、みんなで記念撮影!

ジュニアプロデューサーとサポーター、みんなで記念撮影!

 

ジュニアプロデューサー企画は、コンサートをプロデュースするという活動を通じて、子どもたちが一緒にひとつのものをつくる場です。

ただ自分のやりたいことを実現するだけではなく、みんなで意見を出し合い、時にはその意見がぶつかることもあります。でも、みんなが真剣に活動に参加し、協力し合ったことで、一人ではきっとできない、すてきなコンサートをつくることができました。

この企画に参加して、コンサートホールやコンサートに親しみをもったり、
お友達と協力して何かをつくる楽しさを感じたりしてもらえたら、とってもうれしいです。

これからもジュニアプロデューサー企画を続けていきますので、応援をどうぞよろしくお願いします!
ジュニアプロデューサー、サポーターのみんな、お疲れさまでした!

 

 

2016年7月28日(木)14:30開演

ミューザ川崎シンフォニーホール ジュニア・プロデューサー2016企画コンサート

「心がはじけるミューザの音楽~あなたも明日から音楽博士~」

会場:ミューザ川崎シンフォニーホール市民交流室

出演:東京交響楽団のメンバーによる弦楽四重奏

ヴァイオリン:田尻順、清水泰明 ヴィオラ:小西応興 チェロ:謝名元民

企画・広報・運営:ミューザ川崎シンフォニーホール ジュニア・プロデューサー2016

公式facebookページ

RECENT ENTRIES最近の投稿
CATEGORIESカテゴリー
ARCHIVESアーカイブ

ミューザ川崎シンフォニーホール

TEL044-520-0200

(10:00~18:00/土・日・祝も営業)

定休日:
年末年始12/29~1/3
保守点検日