• チケット購入方法トップ
  • 電話で予約(オペレーター)
  • 窓口で直接購入
  • ミューザWebチケット
  • その他プレイガイド

オフィシャルブログ

Official Blog

【特別対談】フェスタサマーミューザKAWASAKI2020 首都圏のオーケストラ9団体の公演を語る!(後編)

2020.07.31サマーミューザ


7月23日~8月10日まで、連日熱いコンサートが繰り広げられる「フェスタサマーミューザKAWASAKI2020」。その大きな目玉は何といっても日本を代表するプロ・オーケストラの競演です。
今回はそのオーケストラ公演に的を絞って、サマーミューザ応援団のお二人に自由に語っていただきました! 後編はこれから始まる8月の公演です。

【対談】
音楽ジャーナリスト 池田卓夫(いけたく本舗)
指揮者       坂入健司郎

※この対談は3月26日に行われたものに修正・加筆したものです。

8月1日 群馬交響楽団

公演詳細はこちら
池田:指揮者の高関健さんは昨年のサマーミューザで仙台フィルとやらかしてくれましたね。アンコールに「悲愴」の第3楽章、ここで存分に拍手してくださいと言って大いに盛り上がりました(笑)
群馬交響楽団は映画「ここに泉あり」で有名になったオーケストラですけれども、演奏能力は高関健さんの時代に大きく飛躍しました。中興の祖である高関さんとミューザで演奏が聴けるのはとてもうれしいですね。最初に予定されたベートーヴェン の交響曲、第9番《合唱付》は合唱と独唱、つまり声楽パートの飛沫感染リスクの解明が遅れているために取り下げられ、代わりに第4番と第2番が演奏されます。高関さんはベーレンライター新版をいち早く反映した交響曲全集の録音を完成するなど、ベートーヴェン の解釈にも定評があります。
坂入:図らずもサマーミューザで「第九」以外のベートーヴェンの交響曲をすべて聴けることとなりました。生誕250周年のベートーヴェン・イヤーに相応しいプログラムとなったのではないでしょうか。とても楽しみです!

8月2日 東京フィルハーモニー交響楽団

公演詳細はこちら
池田:若手時代の1974年から1991年まで東京フィル常任指揮者を務め、現在は桂冠指揮者の称号を持つベテランの尾高忠明が旬の若手ソリスト3人と共演するベートーヴェン の「ヴァイオリン、チェロとピアノのための三重協奏曲」を演奏するのが楽しみです。チャイコフスキーの交響曲も尾高さんの重要なレパートリーで本来なら今シーズン、音楽監督のポストにある大阪フィルハーモニー交響楽団と全曲演奏する予定でした。
坂入:ベートーヴェンの三重協奏曲での素晴らしいソリストは大注目です。ヴァイオリンの戸澤采紀さん、チェロの佐藤晴真さん、ピアノの田村響さんと錚々たる豪華メンバー。 チェロの佐藤さんは、昨年ミュンヘン国際音楽コンクールチェロ部門で優勝されて、私も決勝で披露されたショスタコーヴィチのチェロ協奏曲2番を中継で拝見したのですが、なかなか日の目を見ないショスタコーヴィチの作品をここまで高次元に演奏される人は世界中いないのではないかと、強く感動しました。今回の豪華共演も期待で胸が高鳴ります。

8月4日 新日本フィルハーモニー交響楽団

公演詳細はこちら
坂入:久石さんがレコーディングされたベートーヴェン全集は素晴らしい演奏でした。
池田:指揮の師匠は秋山さんなんですよね。ご自身の作品で映画音楽の大家になられましたが、斎藤指揮法をしっかりと学んだ基礎があり、クラシックの指揮者としても最近は活動の幅を広げられています。久石さんのベートーヴェンはロックだと言う人がいましたが7番はぴったりじゃないでしょうか。
坂入:東響と録音した「春の祭典」の演奏で興味深かった、繰り返すパッセージの聴かせ方や規則的なリズムを変容させていく手腕は、今回演奏するベートーヴェンの交響曲第7番の第1、第4楽章の繰り返すパッセージにおいても、とても面白く聴けるのではないかと思います。

8月6日 神奈川フィルハーモニー管弦楽団

公演詳細はこちら
池田:3人の全く違う個性のピアニストが競演する、面白いコンサートですね。
坂入:聴きごたえも抜群です。ベートーヴェンのピアノ協奏曲4番と5番をつなげて聴いたらおなかいっぱい!
池田:これはそれぞれが負けられないと思うんじゃないでしょうか? 指揮者の渡邊さん自身もピアニストでいらっしゃるし。

8月7日 東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団

公演詳細はこちら
坂入:学生だった11年前、2009年のフェスタサマーミューザで飯守先生が指揮されたブルックナーの交響曲第7番のリハーサルを全部見させていただいたんです。そこで見たブルックナーの音楽を作る過程がいま、自分が指揮をする上で血となり肉となっています。そして今年、4番を演奏されるというのはとても感慨深いです。少しマニアックな視点かもしれませんが、過去に聴いたときは第4楽章の終結部にマエストロのある工夫が仕掛けられていました。その工夫によって、より一層神秘的で深い感銘を受けたので、そこにも注目して聴いていただきたいです。
池田:どこか別の次元で繋がっている感じがします。作品自体にものすごく感動している飯守さんの姿が見えるようです。

8月8日 日本フィルハーモニー交響楽団

公演詳細はこちら
池田:梅田さんは指揮者だけでなく、指揮の先生としても多くの優秀な若手を世に送り出しています。ご自身が若手だったころからベートーヴェン、ブルックナーといった王道のレパートリーでじっくりと、味わい深い響きを引き出す手腕にたけた指揮者でした。ベートーヴェンが大バッハの死後たった50年で放った画期的な交響曲の再現者としても、適任でしょう。ベートーヴェン生誕250周年の影に隠れてしまいましたが、今年は武満徹の生誕90周年です。1984年に委嘱者のサイモン・ラトルが当時のパートナー、バーミンガム市交響楽団と世界初演した「虹へ向かって、パルマ」はホアン・ミロの絵に触発された作品で、カタルーニャ民謡の引用も現れます。武満さんは今から半世紀前、1970年大阪万博の会場でミロと出会い、意気投合したとか。今回は日本初演者の佐藤紀雄さんの次の世代に当たるギタリスト、村治佳織さんが武満作品をどう再現するのかも注目です。
坂入:レスピーギとベートーヴェンの作品も、とても楽しみです。リュートのための古風な舞曲とアリアの第3組曲は、忘れ去られていた400年以上前の作品を現代の楽器で演奏できるようにアレンジしたものです。レスピーギは古い音楽のリバイバルを行った重要な作曲家。一方、ベートーヴェンの交響曲第1番は、古い音楽を研究し尽くして、新たな音楽芸術を作り上げた金字塔。「古典の再興」と「革新」、武満さんの作品と合わせて素晴らしいプログラムです。

8月10日 東京交響楽団フィナーレコンサート

公演詳細はこちら
池田:原田慶太楼さんは生まれながらのコスモポリタン、人の心を開く天才です。一方では、お祭り男風に見せながら、ロシアの指揮者たちに学び培った基本スタディはすごい。さらに社会的な視点も持っている。自分が置かれたシチュエーションの中でどのような仕事をすればオーケストラと聴衆がコミュニケーションできるかということを考えている。
東京交響楽団とは日本のオケで一番共演回数が多いはずですよ。3月14日の無観客配信の際にも、お客様とのインタラクティブなコミュニケーションを入れるなど、彼独自のアイデアが満載でしたね。
坂入:オリエンタリズムに影響を受けた作曲家、グリエール作品と、千夜一夜物語の世界を描いたシェエラザードの相性もとてもよいですよね。どちらもハープが活躍するので、要注目です。

池田卓夫さん、坂入健司郎さん、ありがとうございました!

ほぼ日刊サマーミューザ2020オンライン 7/30日 第7号

2020.07.30サマーミューザ , ほぼ日刊サマーミューザ


もくじ
▶コンサートレビュー(7/30 読売日本交響楽団)
▶お客様の声から♪
▶エンジョイ!川崎!!パートナーショップのご紹介
==================================

華麗なるフランス・プログラムで爆発する個性、そして究極の融合!!

青柳聡

【7/30: 読売日本交響楽団】
読売日本交響楽団の公演は、指揮の下野竜也曰く「サンドイッチ方式」プログラム。華麗な響きで奏されるモーツァルトの交響曲第32番と第31番「パリ」の間に、カリスマ的人気を誇るピアニストの反田恭平と、ロン=ティボー国際第2位の務川慧悟が登場し、プーランクの「2台のピアノの為の協奏曲ニ短調」、サン=サーンスの「動物の謝肉祭」を演奏。モーツァルトはどちらも祝祭感に溢れ、日々悪化していく世情を吹き飛ばしてくれるような力強さ。プーランクは非常に技巧的な作品であり、ピアニスティックな技巧に彩られているのはもちろんだが、歌わせること、そして打楽器的に奏すること…とピアニストへの要求が多い難曲。音も多いので、「うるさい」だけで終了…という演奏に出会うことが少なくない。しかし当然二人の演奏は違う。スケールの大きな反田とシャープな務川の演奏スタイルと音色は正反対ともいえる音楽性でありながら、それが逆に見事な融合を生み、作品の構造を浮き彫りにしながら、華麗に音楽を展開していった。キャラクターの違いは「動物の謝肉祭」でさらに輝きを増しており、この二人のアンサンブルの可能性にさらに期待が膨らむ公演となった。(ピアニスト/音楽ライター 長井進之介)

終演後、ソリスト2人と指揮者で 青柳聡

7/29日(水)19:00開演 読売日本交響楽団
指揮:下野竜也
ピアノ:反田恭平 * ピアノ:務川慧悟 *
モーツァルト:交響曲第32番
プーランク:2台のピアノのための協奏曲 *
サン=サーンス:組曲「動物の謝肉祭」 *
モーツァルト:交響曲第31番「パリ」
アーカイブ視聴はこちらから→読売日本交響楽団『芸術が花開いた街・パリの旅』(8/31まで視聴可能です!)

お客様の声から♪

オケあり、室内楽あり、ピアコンあり、それでも一貫したテーマのプログラムが素晴らしい!!ソリスト、オケの演奏も相まって大満足。フランス旅行をした気分でした。下野マエストロのお話も楽しかったです。(20代・会社員・ナスターシャ)

弦楽器と管楽器を左右に分ける配置、オペラのピットを直接聴いているようで、特にモーツァルトで新鮮な響きが楽しめました。(50代・会社員・北十字)

「動物の謝肉祭」で下野マエストロが解説してくださったので、いつもよりも楽しく聴けました。読響のメンバー紹介も良かったです。出演者と聴衆との距離が近く感じられたまさにフェスタらしい演奏会でした。(60代・主婦・ミリミリ)

下野さんがお話し中も、演奏中もずーっと笑顔で、音楽できて幸せだというのが伝わってきました。オンライン視聴ですが、小さい子どもがいるのでどうしても集中できず、アーカイブで何度も見れるのはうれしいです。会場へ行くのもハードルが高いので、ハイブリットにしてもらえて、本当にありがたい! (30代・会社員・まりも)

務川慧悟さん反田恭平さんのファンです。昨年このフェスティバルを知り、今日のチケット予約のためにために今年4月友の会会員になりました。開催されて嬉しいです。このあとアーカイブ配信を楽しみます。来年もこの二人の2台ピアノを聴きたいです(会社員・すず)

ソリスト御二人の共演を聴くことができて、とても幸せな時間でした。プーランクのコンチェルトも素敵でしたが、《動物の謝肉祭》一曲一曲をこんなにも楽しんだのは初めてだったかもしれません。(40代・講師・みかろ)

温かいコメントをお寄せくださった皆様、ありがとうございました。
アンケートはいつでもWEBにて受け付けております!
回答はこちらから→フェスタサマーミューザKAWASAKI2020アンケート

エンジョイ!川崎!! パートナーショップのご紹介「アルカサール」

「今日はなんだかパワーが出ないなぁ。」と思った時は「やっぱりお肉!」ということで、ランチタイムにステーキハウスへ直行。半地下で隠れ家的な雰囲気のお店のおすすめは炭焼ハンバーグなのですが、腹ペコだったのでビーフステーキ、ハンバーグ、骨付ソーセージ3点盛り「ミックスステーキ」(1,580円)を注文。なんて欲張りな私(笑)。

じゅうじゅうと熱い鉄板の上にその場でソースをかけてくれるので、香ばしい匂いがさらに食欲をそそります。アツアツのお肉を「はふはふ」と頬張ると、中からじゅわっと肉汁が・・・。た、たまりません!そんな魅力的なお店ですが、肉々しい美味しい肉が提供されている分、油で床が少々滑りやすいので要注意!お腹いっぱいでも、ふらふらせず、しっかり歩いてくださいね!(肉食 ふ)

【本日ご紹介のお店】
ラ・チッタデッラB1F(入口は1F)「ハンバーグ&ステーキ アルカサール」
クーポン特典:飲食代5%OFF
オトクなクーポンはこちらから♪

お知らせ:明日の朝刊休みます

明日(7/31)は休演日のため、本紙の発行もお休みさせていただきます。次号発行は8/1です。

公式SNS ぜひシェアをお願いいたします♪

Twitter : @summer_muza
Facebook : @kawasaki.sym.hall
Instagram : @muzakawasaki
バックナンバーのページはこちら

ほぼ日刊サマーミューザ2020オンライン 7/29日 第6号

2020.07.29サマーミューザ , ほぼ日刊サマーミューザ


もくじ
▶コンサートレビュー(7/28 神奈川フィルハーモニー管弦楽団)
▶お客様の声から♪
▶エンジョイ!川崎!!パートナーショップのご紹介
====================================

小ぶりな編成を逆手にとったフレッシュな表現!

 

ⓒ青柳聡

【7/29:神奈川フィルハーモニー管弦楽団】

楽しみにしていた川瀬賢太郎指揮/神奈川フィルの公演。その理由は、意外に生で聴けないドヴォルザークの管楽セレナードの演奏と、石田泰尚、﨑谷直人の両コンサートマスターが、バッハの2つのヴァイオリンのための協奏曲でソリスト(おそらく初)共演を果たすことにあった。
まずは管楽器陣によるドヴォルザークのセレナード。冒頭から“しっとり”“しっかり”“しなやか”の3拍子揃った演奏が続く。表情はこまやかで愉悦感が横溢し、サウンドも心地よい。おつぎは弦楽器陣によるバッハの協奏曲。2人のソロは予想以上に面白い。剛毅で直線的な﨑谷とジューシーで曲線的な石田のやりとりは、まるで“男女の会話”の如し。さらにアンコールの「金髪のジェニー」は、最近デュオでも活動している彼らの引き出しの多さを窺わせた。
後半はドヴォルザークの交響曲「新世界より」。10型と現況に即して小ぶりだが、それを逆手にとった(?)“フレッシュな大編成室内楽”的な表現がなされる。川瀬がプレトークで語っていた自筆譜研究の成果か編成ゆえか、随所で耳新しい動きが聴こえるし、彼らしい溌剌としたエネルギーも十分。本日の3つの異種料理を充実の味わいで締めくくった。(音楽ライター&評論家 柴田克彦)

終演後、二人のコンサートマスターと指揮者で ⓒ青柳聡

7/28日(火)15:00開演 神奈川フィルハーモニー管弦楽団
指揮:川瀬賢太郎(神奈川フィルハーモニー管弦楽団 常任指揮者)
ヴァイオリン:石田泰尚 *(神奈川フィルハーモニー管弦楽団 首席ソロ・コンサートマスター)
ヴァイオリン:﨑谷直人 *(神奈川フィルハーモニー管弦楽団 ソロ・コンサートマスター)
ドヴォルザーク:管楽セレナード
バッハ:2つのヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調 BWV1043 *
ドヴォルザーク:交響曲 第9番「新世界より」
アーカイブ視聴はこちらから→神奈川フィルハーモニー管弦楽団 新世界へ! 新たな音楽の生まれた国(8/31まで視聴可能です!)

お客様の声から♪

石田さん、﨑谷さん両コンマスの息ピッタリのバッハはもちろん、色彩感が豊かなドヴォルザークの交響曲がミューザの会場内を温かい雰囲気に包んでいました。久しぶりの生オーケストラ、やはりこの感覚たまりません!(30代・公務員・うめきち)

二月以降、かなり久しぶりのコンサート。さらにミューザなので、環境も最高でした。初めて、少し斜め上から聴きましたが、演奏家の方々をはっきり認識できて、楽しかった。新たな発見です。次回も楽しみです(50代・会社員・のりくん)

サマーミューザのウェブ配信は料金も手ごろで素晴らしい企画だと思います。沖縄に住んでいて、ふだんなかなかコンサートへ行けないので、本当にありがたいです。引き続き、素敵な企画を期待しています。ありがとうございました。(50代・医師・テディ4A)

神奈川フィルさん、おかえりなさい!温かくもかっこいい音色に圧倒されました。ドッペルコンチェルト、毎日聴きたいです…(会社員・ろみー)

毎年夏はミューザを訪れていますが、今年ほど心に残る演奏会はありません。指揮者の川瀬さんの息遣いまで聞こえるような、静かで熱いドボルザークでした。石田さんと﨑谷さん共演でバッハを聴けるなんてなんという贅沢!本当に感動しました。最後の出演者退場まで拍手が鳴り止まず、観客もみな同じ気持ちなんだなと温かい気持ちで会場を後にしました。(パート・ビバのん。)

温かいコメントをお寄せくださった皆様、ありがとうございました。
アンケートはいつでもWEBにて受け付けております!
回答はこちらから→フェスタサマーミューザKAWASAKI2020アンケート

エンジョイ!川崎!! パートナーショップのご紹介「インド料理 チャンドラマ」

こんにちは。皆様いかがお過ごしでしょうか。「暑くてジメジメしていてバテそう」そんな声が聞こえてきますね。
そういった方にはぜひ「カレーを食べて元気になっていただきたい!」と思います。今回はミューザ川崎ビル1Fにある「居酒屋インド料理店 チャンドラマ」をご紹介します。
こちらのお店は、各テーブルにアルコール消毒スプレーが置いてあり、注文はタッチパネル式!今風ですね(笑)
写真は「カレーライスセット」「シェフのおすすめセット」「レディースセット」です。ランチはどれにもサラダ・ドリンクが付いており、カレールーは濃厚、ナンも大きく、食べごたえあり!です。ミューザにいらした時には、ぜひ「チャンドラマ」へ!!(カレー大好きM)


【本日ご紹介のお店】
ミューザ川崎1F インド料理 チャンドラマ
クーポン特典:飲食代10%OFF
オトクなクーポンはこちらから♪

公式SNS ぜひシェアをお願いいたします♪

Twitter : @summer_muza
Facebook : @kawasaki.sym.hall
Instagram : @muzakawasaki
バックナンバーのページはこちら
紙面版はこちら ほぼ日刊サマーミューザ0729 紙面版

公式facebookページ

RECENT ENTRIES最近の投稿
CATEGORIESカテゴリー
ARCHIVESアーカイブ

ミューザ川崎シンフォニーホール

TEL044-520-0200

(10:00~18:00/土・日・祝も営業)

定休日:
年末年始12/29~1/3
保守点検日