• チケット購入方法トップ
  • 電話で予約(オペレーター)
  • 窓口で直接購入
  • ミューザWebチケット
  • その他プレイガイド
  • 施設のご案内トップ
  • 音楽ホール
  • 音楽工房
  • 館内マップ
  • サービス&ファシリティ
  • ミューザの歴史

ニュース

News

お知らせ 2014.04.12

平成26年度文化庁「劇場・音楽堂等活性化事業(特別支援事業)」に採択されました

ミューザ川崎シンフォニーホールはこのたび平成26年度文化庁「劇場・音楽堂等活性化事業(特別支援事業)」に採択されました。

日本のトップレベル15の劇場・音楽堂として採択
平成26年度「劇場・音楽堂等活性化事業」では165件が採択されましたが、とりわけ「特別支援事業」は我が国のトップレベルの劇場・音楽堂等が行う公演事業、人材養成事業、普及啓発事業を文化庁が総合的に支援するもので、今回採択を受けた15の施設には日本の文化活動をけん引していく重要な役割が期待されています。ミューザ川崎シンフォニーホールは平成26年度より4年間の事業が対象となり、平成26年度の補助金額は66,414,000円となります。
今回の採択にあたっては川崎市フランチャイズオーケストラである東京交響楽団との連携や、首都圏のプロオーケストラが集結する「フェスタ サマーミューザKAWASAKI」などの公演事業の取り組み、ミューザ・ソリスト・オーディションや音楽大学オーケストラフェスティバルにおける人材育成事業、さらに「こどもフェスタ」や「ジュニアプロデューサー会議」といった普及啓発事業への積極的な取り組みが評価されました。これからもミューザ川崎シンフォニーホールは「音楽のまち・かわさき」のシンボルであるとともに、全国から注目されるホールとしてますます充実した活動を行ってまいります。

関連リンク
文化庁による報道発表 平成26年度「劇場・音楽堂等活性化事業」採択について(PDFファイル)

RSSを購読する

※掲載されている情報は、発表時現在のものです。一定期間をもって、写真の削除、リンク先ページの更新・削除をさせていただく場合がございますのでご了承ください。

フェスタサマーミューザ2016

スマートフォンサイト

スマートフォンサイト

公式facebookページ

ミューザ川崎シンフォニーホール 公式ブログ