• チケット購入方法トップ
  • 電話で予約(オペレーター)
  • 窓口で直接購入
  • ミューザWebチケット
  • その他プレイガイド
  • 施設のご案内トップ
  • 音楽ホール
  • 音楽工房
  • 館内マップ
  • サービス&ファシリティ
  • ミューザの歴史

公演情報

Concert Information

MUZAアコースティック・ライヴ Vol.5
ウィーンは踊る

日時
2015. 12.14 (月) 19:30開演(18:30開場)
出演
弦楽四重奏:アンサンブル・ウィーン

ヴァイオリン:アルベナ・ダナイローヴァ
ヴァイオリン:ライムント・リシー
ヴィオラ:ミヒャエル・シュトラッサー
コントラバス:ヨーゼフ・ニーダーハンマー
曲目
ヨハン・シュトラウスⅡ:喜歌劇「こうもり」序曲
モーツァルト:歌劇「ドン・ジョヴァンニ」より
ヨーゼフ・ランナー:ワルツ「モーツァルト党」
ヨハン・シュトラウスⅡ:アンネン・ポルカ
ヨハン・シュトラウスⅡ:ポルカ・シュネル「舞踏会の小さな花束」
ヨーゼフ・シュトラウス:ワルツ「わが人生は愛と喜び」
ヨハン・シュトラウスI:ギベリーネ・ギャロップ
ヨーゼフ・シュトラウス:ポルカ・マズルカ「五月の花」
ヨハン・シュトラウスⅡ:ポルカ・シュネル「電光石火」
ヨハン・シュトラウスⅡ:ワルツ「南国のバラ」
料金
全席自由 ¥3,500(3,150) ♪うれしい1ドリンク付き!
*( )内は友の会料金
サービス
託児サービス  

チケット取扱

ミューザ川崎シンフォニーホール
ミューザ川崎シンフォニーホール 044-520-0200
電子チケットぴあ
電子チケットぴあ 一般:0570-02-9999 友の会:0570-02-9515 (Pコード:256-320)
ミューザ川崎・イープラス
ミューザ川崎・イープラス http://eplus.jp/kawasaki/
ローソンチケット
ローソンチケット 0570-000-407 (Lコード:38395)

お問合せ

ミューザ川崎シンフォニーホール 044-520-0200

【ウィーンは、踊る】
ウィーン・フィル初のコンサートミストレス、ダナイローヴァ率いる、名手揃いの弦楽四重奏によるウィーン音楽。


アンサンブル・ウィーン

 チェロの代りにコントラバスが入った“異色”の人気アンサンブル。“異色”と言っても、響きの違いだけではなく、モーツァルトのディヴェルティメントやハイドンの初期の弦楽四重奏曲のように、この形はまた“オリジナル”でもある。
 聴く者を虜にする、シューベルト、ランナー、シュトラウス親子のウィンナ・ワルツ、ポルカ、レントラー、ドイツ舞曲、メヌエット、アンサンブル・ウィーンのために編曲された曲と合わせた質の高いプログラムを演奏している。
 コントラバス奏者を除いたメンバー3人は、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のトップ・プレイヤーとして活躍している。定例になっているウィーン楽友協会ブラームスザールでのコンサートは、毎回売り切れとなる人気公演の一つ。ザルツブルク音楽祭、ウィーン芸術週間や祝祭週間、ベルリン芸術週間などのフェスティヴァルに定期的に参加し、アムステルダム、アテネ、ケルン、ミュンヘン、パリなど、ヨーロッパ各国の主要ホールをはじめ、アメリカのカーネギー・ホール、リンカーン・センターなどでもコンサートを開催。ホセ・カレーラス、プラシド・ドミンゴ、バルバラ・フリットリ、アンゲリカ・キルヒシュラーガーなど、世界的歌手とも共演。TVでもその演奏は放映され、ウィーンはもとより、ヨーロッパを越え、いまや世界的にその知名度を上げている。CDへの録音も多く、数多く発売され、好評を博している。

●アルベナ・ダナイローヴァ(第1ヴァイオリン)
 ソフィア(ブルガリア)生まれ。5歳でヴァイオリンを始め、ロストック音楽大学、ハンブルク音楽大学でペトル・ムンテアヌ教授に師事。バイエルン国立歌劇場管弦楽団、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団でコンサートマスターを務めた後、2008年よりウィーン国立歌劇場管弦楽団のコンサートマスター、2011年にウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスターに就任した。ソリスト、室内楽奏者としても活躍しており、世界の主要な音楽祭、コンサート・ホールに出演している。楽器は1728年製のグァルネリ・デル・ジェスを使用している。

●ライムント・リシー(第2ヴァイオリン)
 ウィーン出身。ウィーン国立音楽大学で、トマス・カクーシュカおよび、アルフレッド・シュタールに師事。1988年にウィーン国立歌劇場管弦楽団に入団。1991年、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のメンバーとなり、1993年から第2ヴァイオリンの首席奏者を務める。

●ミヒャエル・シュトラッサー(ヴィオラ)
 グリースキルヒェン生まれ。7歳よりヴァイオリンを祖父のフーベルト・クロイザマーの下で学ぶ。リンツ・ブルックナー音楽院を経て、ウィーン国立音楽大学にてヴィオラをハンス=ペーター・オクセンホファーに師事。2003年にウィーン国立歌劇場管弦楽団に入団、その3年後、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のメンバーとなった。室内楽の分野で活躍するとともに、後進の指導にも熱心に取り組んでいる。

●ヨーゼフ・ニーダーハンマー(コントラバス)
 リンツ生まれ。ウィーン国立音楽大学にてルートヴィヒ・シュトライヒャーに師事。在学中からウィーン・フォルクスオーパーおよび、ウィーン交響楽団で活躍。その後、バンベルク交響楽団、バイエルン国立歌劇場管弦楽団のソロ奏者を経て、ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団のソロ奏者を務めた。現在、ウィーン国立音楽大学教授。

  • SUN
  • MON
  • TUE
  • WED
  • THU
  • FRI
  • SAT
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7

MUZAニューイヤーコンサート2017

14:00開演

ヴァイオリン:グレブ・ニキティン
管弦楽:東京交響楽団室内合奏団

詳細へ

神奈川県立鶴見高校吹奏楽部創部60周年記念演奏会

18:00開演

出演:神奈川県立鶴見高校吹奏楽部、神奈川県立鶴見高校OB吹奏楽団

東京ユヴェントス・フィルハーモニー 第14回定期演奏会

18:00開演

指揮者:坂入健司郎
管弦楽:東京ユヴェントス・フィルハーモニー
合唱:オルフ祝祭合唱団(合唱指揮:谷本喜基)
児童合唱:中央区・プリエールジュニアコーラス(合唱指揮:古橋富士雄)
アルト:谷地畝晶子
コンサートミストレス:毛利文香

詳細へ

ホリデーアフタヌーンコンサート「ウィンナワルツ」ウィーン交響楽団ヨハン・シュトラウス・アンサンブル

13:30開演

指揮&ヴァイオリン:アントン・ソロコフ
室内オーケストラ:ウィーン交響楽団ヨハン・シュトラウス・アンサンブル
ソプラノ:クラウディア・ゲーベル

平成28年度 セミナー&ディスカッション 第1回「公共施設におけるバリアフリー」

午後2時から午後4時30分

■ゲスト
尾上浩二
小学校を養護学校、施設で過ごし、普通中学・高校へ進む。1978年大阪市立大学に入学後、障害者問題のサークル活動をきっかけに、自立生活運動に取り組み始める。
DPI(障害者インターナショナル)日本会議事務局長、障害者政策委員等を歴任。2014年内閣府障害者制度改革担当室政策企画調査官に着任、2016年現職に至る。

■事例紹介
駒井 由理子(神奈川県民ホール施設運営課 係長)

詳細へ

MUZAランチタイムコンサート1月 ベルギー&フランスのオルガン音楽旅行

12:10開演

パイプオルガン:三原麻里
ピアノ:森本麻衣

詳細へ

Musikfreunde“燦”第1回演奏会

14:00開演

指揮:川合良一
ソプラノ:椎屋 瞳
アルト:向野 由美子
テノール:髙畠 伸吾
バス:太田 直樹

詳細へ

第13回 子どもの音楽の祭典

13:00開演

指揮:小林恵子(第1部 ヤングかわさきジョイフルバンド)
吹奏楽:第1部 ヤングかわさきジョイフルバンド
クラリネット:粟生田直樹

詳細へ

水戸室内管弦楽団 川崎公演

19:00開演

指揮:小澤征爾
ヴァイオリン:竹澤恭子
ヴィオラ:川本嘉子

詳細へ

チョ・ソンジン ピアノ・リサイタル

19:00開演

ピアノ:チョ・ソンジン

詳細へ

みずほフィルハーモニー第31回定期演奏会

14:00開演

指揮:時任康文
管弦楽:みずほフィルハーモニー

詳細へ

東京海上フィルハーモニックオーケストラ<TEMPO>第24回定期演奏会

13:30開演

指揮:髙橋 敦
管弦楽:東京海上フィルハーモニックオーケストラ<TEMPO>

MUZA音楽サロン 第1回 

14:00開演

プレゼンター:若宮 崇令(八ヶ岳総合博物館館長)
演奏:土屋杏子(東京交響楽団ヴァイオリン奏者)
ピアノ:正住真智子

詳細へ

天野正道 60th アニバーサリー コンサートツアー

13:00開演

指揮:天野正道、佐川聖二、福本信太郎、加養浩幸、浅田享、
吹奏楽:グラールウインドオーケストラ、浜松交響吹奏楽団、相模原市民吹奏楽団、土気シビックウインドオーケストラ、
ユーフォニアム:外囿祥一郎

第16回 NECチャリティコンサート

13:30開演

指揮:稲垣征夫
管弦楽:NEC玉川吹奏楽団

MUZAポプリ♪サロン・コンサート

12:10開演

トリオ・ペルマネンテ(弦楽器アンサンブル)
チェロ:福原明音
ヴァイオリン:高宮城凌
ピアノ:五十嵐薫子