• チケット購入方法トップ
  • 電話で予約(オペレーター)
  • 窓口で直接購入
  • ミューザWebチケット
  • その他プレイガイド

公演情報

Concert Information

ベルナール・フォクルール
パイプオルガン×映像プロジェクト「暗闇と光」(日本初演)

日時
2015年 11月3日 (火) 15:00開演
出演
パイプオルガン:ベルナール・フォクルール
曲目
細川俊夫:雲景
ベルナール・フォクルール:コロリエルテ・フローテン
ニコラ・ド・グリニー:ティエルス・アン・タイユのレシ
ジャン・アラン:幻想曲第1番、リタニ(連祷)
ディートリッヒ・ブクステフーデ:アダムの堕落によりてすべては朽ちぬ BuxWV183、甘き喜びのうちに BuxWV197
ソフィア・グバイドゥーリナ:光と闇
オリヴィエ・メシアン:聖霊降臨祭のミサより 聖体拝領〔鳥たちと泉〕、閉祭〔聖霊の風〕
J.S.バッハ:われを憐れみたまえ、おお主なる神よ BWV721
ディートリッヒ・ブクステフーデ:パッサカリア ニ短調 BuxWV161
ちょっと聴いてみる? NAXOS試聴
※試聴音源の演奏家、編成は当公演の出演者と異なります
> 試聴機能について
> プレイリストの使用方法
サービス
託児サービス

料金

全席指定¥3,500(3,150)
※( )内は友の会料金

チケット購入

一般発売
2015年6月23日(火)

ミューザ川崎シンフォニーホールチケットセンター
044-520-0200 (10:00〜18:00)

チケット取扱

ミューザ川崎シンフォニーホール
ミューザ川崎シンフォニーホール 044-520-0200
チケットぴあ
チケットぴあ 一般:0570-02-9999 友の会:0570-02-9515 (P-code:265-127)
ミューザ川崎・イープラス
ミューザ川崎・イープラス http://eplus.jp/kawasaki/
ローソンチケット
ローソンチケット 0570-000-407 (L-code:34031)

お問合せ

ミューザ川崎シンフォニーホール 044-520-0200

Lynette Wallworth and Bernard Foccroulle: Darkness and Light (2014) from Forma Arts on Vimeo.



2007年よりエクサン・プロヴァンス音楽祭の芸術監督を務めるなど、世界を股にかけ、幅広い分野で活躍中のオルガニスト、ベルナール・フォクルール。

彼が、オーストラリアの映像作家リネット・ウォールワースとコラボレーションした最新プロジェクト「暗闇と光」は、2014年、ブリュッセルの教会での初演を皮切りに、その後、ロンドンのサウスバンク・センター(ロイヤル・フェスティバル・ホール)、エクサン・プロヴァンス、リュクセンブルク、シドニー、ハンブルクなど、世界中で演奏され、今回、満を持しての日本初演が、ここミューザ川崎シンフォニーホールで行われます。

2台のスクリーンに映し出される映像とオルガンによる、新しい創造の世界をぜひ体験してください。

オルガンの名手中の名手にして真の総合的音楽家、ベルナール・フォクルール(文・林田直樹)

ベルナール・フォクルールがバロック期から現代曲まで奏でる、パイプオルガン×映像プロジェクト〈暗闇と光〉日本初演(Mikiki)


DARKNESS AND LIGHT
Director
LYNETTE WALLWORTH
Organ
BERNARD FOCCROULLE
Production
A co-production: Palais des Beaux-Arts, Klarafestival, Festival de Pâques d'Aix-en-Provence, Southbank Centre, Philharmonie Luxembourg, Laeiszhalle Elbphilharmonie Hamburg, Sydney Festival, Concert- en congresgebouw de Doelen, and Karsten Witt Musik Management in association with Forma Arts
Camera & Edit
PETE BRUNDLE and LYNETTE WALLWORTH
Additional Camera
SIMON MORRIS
Camera Assist-Demolition Shoot
DREW ENGLISH
Technical Director
SAM COLLINS
Production Manager - Australia
MICHAAL MONK
Production Manager - UK
PHILIPPA BARR
Post Production Facility
DEFINITION FILMS
Head of Post Production
DAVID GROSS
Online Editor
BEN BLICKE-HODGE
Digital Colourist
BILLY WYCHGE
Thank You
Forma is supported by Arts Council England
Dawn. C Myers NASA and William. T. Bridgman, NASA Goddard Space Flight Center/SDO
Mark O'Donnell, Ann Martin, Ian Wilson
Copyright Lynette Wallworth, 2014

ベルナール・フォクルール(パイプ・オルガン)

1953年ベルギー・リエージュ生まれ。1970年代半ばよりオルガニストとして国際的な活躍を開始し、ルネサンスから現代までの幅広いレパートリーを演奏している。数々の作品を世界初演すると同時に、歴史的楽器でJ.S.バッハのオルガン作品全曲をはじめ、オルガンの名曲の録音を行っている。
1980年代に入り、リチェルカール・コンサートのメンバーとして、主にドイツ・バロック音楽を取り上げてきた。近年は、コルネットのヴィルトゥオーゾのジャン・トゥベリなどのソリストとコンサートを定期的に行っている。
ソリストとしてのCDリリースは40枚以上にのぼり、1982年~1997年にかけて、リチェルカール・レーベルにJ.S.バッハのオルガン作品全曲の録音を行った。この録音のために、最も美しく保存されている歴史的オルガンを使用している。以降、シャイデマン、ブクステフーデ、トゥンダー、ヴェックマン、ラインケン、ブルーンスなどの北ドイツ楽派の作品を多く取り上げてきた。2006年11月には、ブクステフーデのオルガン作品全曲を収めたCDをリリースし、翌年ディア・パソン賞、シャルル・クロ賞などを受賞した。

ソロ・オルガン・リサイタル、室内楽とともに、他ジャンルとのコラボレーションにも積極的に取り組んでおり、2008年10月にはフランスのトゥールーズで振付・舞踊家のサルヴァ・サンチスと共演(初演)した。
またオーストラリアの映像作家リネット・ウォールワースとのコラボレーションプロジェクトである「暗闇と光」は現在彼の活動で最も注目されている。
オルガニストとしての活動を続ける一方、1992~2007年にブリュッセル王立モネ劇場総裁を務めた。2007年には、エクサン・プロバンス音楽祭の芸術監督に就任した。現在、ブリュッセル王立音楽院教授。作曲家としても活躍しており、オルガンと室内楽のための作品などを作曲している。

  • SUN
  • MON
  • TUE
  • WED
  • THU
  • FRI
  • SAT
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

ウィンナー・ワルツ・オーケストラ ~宮殿祝賀コンサート~

12:30開場 13:00開演

指揮:サンドロ・クトゥレーロ
ウィンナー・ワルツ・オーケストラ

詳細へ

公演予定

MUZAランチタイムコンサート 1月

12:10開演

笙トリオ:Shogirls(田島和枝、中村華子、三浦礼美)

詳細へ

ワインBAR

19:00開演

笙トリオ:Shogirls(田島和枝、中村華子、三浦礼美)

詳細へ

Musikfreunde"燦" 第2回演奏会

14:00開演

指揮:川合 良一
ソプラノ:天羽 明惠
アルト:向野 由美子
テノール:小貫 岩夫
バス:山下 浩司

詳細へ

  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19

ミューザ川崎シンフォニーホール&東京交響楽団名曲全集第144回

14:00開演

指揮:ロレンツォ・ヴィオッティ
ソプラノ:森谷真理
メゾ・ソプラノ:清水華澄
テノール:福井 敬
バス:ジョン ハオ
合唱:東響コーラス
合唱指揮:安藤常光

※当初出演を予定していたリアン・リ氏は、体調不良により出演ができなくなりました。代わってジョン ハオ氏が出演いたします。

詳細へ

横浜シンフォニックアンサンブル

19:00開演

指揮:高橋勇太

詳細へ

モーツァルト・マチネ 第36回

11:00開演

ピアノ:小菅 優(弾き振り)
管弦楽:東京交響楽団

詳細へ

祝祭のオスティナート~4人のオルガニストが紡ぐ明日への響き~

16:00開演(15:30開場)

オルガン:
大木麻理、梅干野安未、石丸由佳、三原麻里

詳細へ

  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
リスト表示 カレンダー表示

おすすめ公演