本文へ
  • English
ミューザ川崎シンフォニーホール
menu

公演・イベントスケジュールEvent Schedule

Home / 公演・イベントスケジュール / ENEOS Presents MUZA MUSIC BAR 中村滉己 津軽三味線奏者・民謡歌手 ACOUSTICS「春雷鳴翔 〜宵の巻〜」

ENEOS Presents MUZA MUSIC BAR
中村滉己 津軽三味線奏者・民謡歌手 ACOUSTICS「春雷鳴翔 〜宵の巻〜」

日時

2024.4.16(火) 19:00開演

18:30開場

会場

ミューザ川崎シンフォニーホール 2階ホワイエ

出演

  • 津軽三味線:中村滉己
  • ピアノ:高橋優介

曲⽬

  • 津軽じょんから節(青森県民謡)
  • 南部酒屋酛すり唄(岩手県民謡)
  • 中村滉己:糸命ーSHIMEIー
  • 中村滉己:Labyrinthー迷宮ー

弱冠19歳で、新たな感性で和楽器界のエンタテインメントを切り開く期待の新星 中村滉己。
数々の賞を総なめにした天才津軽三味線奏者が、ミューザに初登場。
「春雷鳴翔」は、「春の雷鳴と共に高らかに舞い上がる」の意味。ピアノの高橋優介との「和×洋」の熱いコラボレーションは必聴です。

チケット料金

席種 一般 友の会 ペア割
全席自由 ¥3,000 ¥2,700 ¥5,000

※100席限定

チケット購⼊

一般販売
2024.1.21(日)10:00

ミューザ川崎シンフォニーホール

044-520-0200 (10:00〜18:00)

  • 未就学児の⼊場はご遠慮ください。

お問合せ

  • ミューザ川崎シンフォニーホール
  • 044-520-0200(10:00~18:00)

出演者プロフィール

中村滉己(津軽三味線)

民謡一家に生まれ育つ。

1歳で「十三の砂山」を唄い初舞台を踏む。2 歳の頃、おもちゃの三味線で遊ぶようになり、 三味線を嗜むようになった。最初に弾いた曲は、津軽五大民謡の一つで、 難易度が高い「津軽三下り」。8 歳から津軽三味線を二代目中村隆志氏に師事。

数々の津軽三味線コンクール全国大会で優勝し、史上最年少 日本一の快挙を成し遂げた。2022年には、第40回記念津軽三味線世界大会個人A級(最高峰部門)初出場で優勝。

現在、津軽三味線のみならず、民謡歌手としても幅広く活動している。津軽三味線界の巨匠達が紡いできた伝統を継承しつつ、様々な音楽分野との融合を通し、津軽三味線の可能性を追い求めている。

©AyaneShindo

高橋優介(ピアノ)

上野学園大学音楽学部ピアノ科を卒業。 第10回東京音楽コンクールピアノ部門第1位及び聴衆賞受賞。 NPO 法人芸術・文化 若い芽を育てる会第5回奨学生。 ピアノを齋藤由里子、横山真子、宮本玲奈、横山幸雄、久保春代、川田健太郎、草冬香各氏に師事。在学中から作曲を高畠亜生、田中範康各氏に師事。2020 年にピアニスト・作曲家の山中惇史とのピアノデュオ『176』(アン・セット・シス)を結成。自らの編曲によりオーケストラ作品の演奏に挑み、第1弾として『レスピーギ/ローマ三部作』をメインに演奏会を開催、同時にカワイ出版より楽譜出版、ライブレコーディングもされた。2021年にはアルバム『ジョン・ウィリアムズ・ピアノコレクション』をエイベックス・クラシックスより発売。

ページトップへ