• チケット購入方法トップ
  • 電話で予約(オペレーター)
  • 窓口で直接購入
  • ミューザWebチケット
  • その他プレイガイド

ニュース

News

お知らせ 2018.10.26

【謹告】バイエルン放送交響楽団 指揮者および曲目の一部変更のお知らせ

11月25日(日)開催予定のバイエルン放送交響楽団日本公演に出演予定の指揮者マリス・ヤンソンス氏は、健康上の理由により、やむなく降板することになりました。
代わって、ズービン・メータ氏が来日して出演いたします。

ズービン・メータ氏は、ウィーン・フィル、ベルリン・フィル、自身が率いるイスラエル・フィル等、世界の第一級のオーケストラと共演を重ねてきた現代の巨匠であり、バイエルン放送交響楽団とは、1962年以来共演を重ね、良好な信頼関係を築いています。

この変更に伴い、ミューザでの公演は、前半に演奏予定だったドヴォルザーク:交響曲第7番に代えて、シューベルトの2曲(劇音楽「ロザムンデ」序曲と交響曲第3番)を演奏いたします。このシューベルトは、今回の日本ツアーでは唯一の演奏となります。
なお、この変更に伴うチケットの払い戻しはございません。どうぞご了承ください。

ヤンソンス氏の指揮にご期待くださいました多くの皆様には、大変申し訳ございませんが、何卒ご理解を賜りますよう、謹んでお願い申し上げます。


■変更概要
2018年11月25日(日)18時開演(17時開場)
バイエルン放送交響楽団

[指揮]
ズービン・メータ (変更前=マリス・ヤンソンス)

[曲目]
シューベルト:劇音楽「ロザムンデ」序曲 D.797 (追加曲)
シューベルト:交響曲第3番 ニ長調 D.200 (変更前=ドヴォルザーク:交響曲第7番)
    《休 憩》
ストラヴィンスキー:バレエ音楽「春の祭典」(変更なし)

公演詳細はこちらをご覧ください。
11/25(日)バイエルン放送交響楽団


<<本件についてのお問合せ先>>
ミューザ川崎シンフォニーホール
TEL. 044-520-0200(10:00〜18:00)


ズービン・メータ(指揮者)

Zubin Mehta, Conductor

現代屈指の巨匠の一人として、ウィーン・フィル、ベルリン・フィルなど数多くのオーケストラを指揮。これまでに終身音楽監督の称号を持つイスラエル・フィル、ニューヨーク・フィル、ロサンゼルス・フィル、モントリオール響の音楽監督、フィレンツェ五月音楽祭管の首席指揮者を歴任。オペラ指揮者としても、MET、ウィーン国立歌劇場、ミラノ・スカラ座を始め、第一級の歌劇場で活躍。ウィーン・フィル、ベルリン国立歌劇場、バイエルン国立歌劇場などから名誉指揮者の称号を授与されている他、受賞歴も多数にのぼる。1936年ボンベイ(現ムンバイ)生まれ。1954年ウィーン音楽アカデミーでハンス・スワロフスキーに師事。

RSSを購読する

※掲載されている情報は、発表時現在のものです。一定期間をもって、写真の削除、リンク先ページの更新・削除をさせていただく場合がございますのでご了承ください。

フェスタサマーミューザ2018

わくわくミューザ こども向けイベント情報

スマートフォンサイト

公式facebookページ

ミューザ川崎シンフォニーホール 公式ブログ