• チケット購入方法トップ
  • 電話で予約(オペレーター)
  • 窓口で直接購入
  • ミューザWebチケット
  • その他プレイガイド

ニュース

News

お知らせ 2019.04.25

【謹告】10/5,6「グレの歌」山鳩役 出演者変更のお知らせ

今年10月5日(土)および6日(日)にシェーンベルク作曲「グレの歌」に出演を予定しておりました山鳩役の【藤村実穂子】は、本人の都合により出演をキャンセルすることになりました。
代わりまして、欧州の歌劇場で活躍する【オッカ・フォン・デア・ダムラウ】が出演いたします。

何卒事情ご高察の上ご理解いただき、引き続き本公演にご期待くださいますようお願い申し上げます。

[スペシャルセット券ご購入の皆さまへ]
ご購入いただき誠にありがとうございました。この変更に伴うチケットの払い戻しはございません。引き続き、皆様のご来場を心よりお待ちいたしております。

公演詳細はこちら:
10/5「グレの歌」(日本語字幕付)
10/6「グレの歌」(日本語字幕付)

オッカ・フォン・デア・ダムラウ(山鳩役、メゾ・ソプラノ)

Okka von der Damerau, Waldtaube (Mezzo-soprano)

ドイツ生まれ。フライブルク音楽大学卒業後、ハノーバー州立歌劇場、バイエルン国立歌劇場のアンサンブルメンバーとして活躍。これまでにメータ指揮『仮面舞踏会』ウルリカ、キリル・ペトレンコ指揮『ニュルンベルクのマイスタージンガー』マクダレーネ、『ラインの黄金』エルダ、『トロイアの人々』アンナ等を歌っている。2016/17年シーズンには、『ラインの黄金』『ジークフリート』エルダでウィーン国立歌劇場にデビューした。2017/18年シーズンには、ベルリン・ドイツ・オペラの新演出『ヘリアーネの軌跡』、クリーブランド管弦楽団と『トリスタンとイゾルデ』(演奏会形式)ブランゲーネでの出演に加え、アントニオ・パッパーノ指揮《マーラー交響曲第2番》、ダニエル・バレンボイム指揮《ベートーヴェン第九》等オーケストラとの共演も重ねている。

RSSを購読する

※掲載されている情報は、発表時現在のものです。一定期間をもって、写真の削除、リンク先ページの更新・削除をさせていただく場合がございますのでご了承ください。

フェスタサマーミューザ2018

わくわくミューザ こども向けイベント情報

スマートフォンサイト

公式facebookページ

ミューザ川崎シンフォニーホール 公式ブログ