• シンフォニーホール

  • 音楽工房

  • チケット購入方法トップ
  • 電話で予約(オペレーター)
  • 窓口で直接購入
  • ミューザWebチケット
  • その他プレイガイド

ニュース

News

お知らせ 2016.12.01

【謹告】歌劇『コジ・ファン・トゥッテ』出演者変更のお知らせ

歌劇「コジ・ファン・トゥッテ(演奏会形式)」に出演を予定しておりましたフェルランド役のショーン・マゼイ氏が、体調不良のため4週間の休養を要するとの医師の診断をうけ、来日を断念せざるを得なくなりました。

代わって、アレック・シュレイダー氏が出演いたします。アレック・シュレイダー氏は欧米の歌劇場で活躍する注目のテノール歌手であり、輝かしい歌声とスター性、甘いルックスで人気を博しています。『コジ』に関してもグスターボ・ドゥダメル指揮 ロサンゼルス・フィルハーモニックとの共演や今秋はスペイン・オビエド歌劇場でも演じ、フェルランドは当たり役となっており期待が高まります。

その他の出演者及び演目の変更はございません。

なお、この変更に伴うチケットの払い戻しはございません。

引き続き、なにとぞご期待くださいますようお願い申し上げます。

アレック・シュレイダー Alek Shrader
米国クリーブランド生まれ。2006年セントルイス・オペラでデビューし、翌年METナショナル・カウンシル・オーディションに合格。2012年METデビューした。繊細で豊かな表現力が高く評価されており、ザルツブルク音楽祭、グラインドボーン音楽祭、バイエルン国立歌劇場、ハンブルク歌劇場、メトロポリタン歌劇場、サンフランシスコ・オペラ、ロサンゼルス・オペラ、シアトル・オペラ、リリック・オペラ・シカゴ等世界の歌劇場で活躍している。オーケストラとはサンフランシスコ響とのトーマス・アデス《テンペスト》、ドゥダメル指揮ロサンゼルスフィルの《コジ・ファン・トゥッテ》フェルランド役のほか、クリーブランド管、ピッツバーグ響等とも共演している。《椿姫》アルフレッド、《セビリヤの理髪師》アルマヴィーヴァ伯爵 、《アルチーナ》オロンテ、《魔笛》タミーノ等多数のレパートリーを誇るが、中でも《コジ・ファン・トゥッテ》フェルランド役は、2011年のザルツブルク音楽祭デビュー時に演じた役であり、2016年11月にもスペイン・オビエド歌劇場でも演じたばかりの手中に収めた役の一つ。


歌劇「コジ・ファン・トゥッテ」特設サイト

RSSを購読する

※掲載されている情報は、発表時現在のものです。一定期間をもって、写真の削除、リンク先ページの更新・削除をさせていただく場合がございますのでご了承ください。

フェスタサマーミューザ2016

スマートフォンサイト

スマートフォンサイト

公式facebookページ

ミューザ川崎シンフォニーホール 公式ブログ