• シンフォニーホール

  • 音楽工房

  • チケット購入方法トップ
  • 電話で予約(オペレーター)
  • 窓口で直接購入
  • ミューザWebチケット
  • その他プレイガイド

公演情報

Concert Information

ミューザ川崎シンフォニーホール
開館10周年記念コンサート「千人の交響曲」

日時
2014年 12月7日 (日) 15:00開演
出演
指揮:ジョナサン・ノット
東京交響楽団
ソプラノ1:エリン・ウォール
ソプラノ2:メラニー・ディーナー
ソプラノ3:アニカ・ゲルハルズ
アルト1:イヴォンヌ・ネーフ
アルト2:ゲルヒルト・ロンベルガー
テノール:ニコライ・シューコフ
バリトン:デトレフ・ロス
バス:リアン・リ(出演者が変更になりました)
東響コーラス
東京少年少女合唱隊
曲目
マーラー:交響曲第8番「千人の交響曲」
ちょっと聴いてみる? NAXOS試聴
※試聴音源の演奏家は当公演の出演者と異なります
> 試聴機能について
> プレイリストの使用方法
サービス
託児サービス

料金

※この公演は完売しました

S¥15,000 A¥12,000 B¥9,000 C¥6,000
友の会:S¥13,500 A¥10,800 B¥8,100 C¥5,400

チケット購入

一般発売
2014年6月19日(木)

ミューザ川崎シンフォニーホールチケットセンター
044-520-0200 (10:00〜18:00)

チケット取扱

ミューザ川崎シンフォニーホール
ミューザ川崎シンフォニーホール 044-520-0200
TOKYO SYMPHONYチケットセンター
TOKYO SYMPHONYチケットセンター 044-520-1511
チケットぴあ
チケットぴあ 一般:0570-02-9999 友の会:0570-02-9515 (P-code:228-117)
ミューザ川崎・イープラス
ミューザ川崎・イープラス http://eplus.jp/kawasaki/
ローソンチケット
ローソンチケット 0570-000-407 (L-code:34309)
CNプレイガイド
CNプレイガイド 0570-08-9990

お問合せ

ミューザ川崎シンフォニーホール 044-520-0200


© K. Miura

指揮:ジョナサン・ノット

ジョナサン・ノットは2011年10月定期/川崎定期演奏会におけるラヴェル「ダフニスとクロエ(全曲)」などを指揮して東京交響楽団にデビュー。この共演が決定的となり、翌 2012 年 10 月には次期音楽監督の就任を発表。2014年度シーズン東京交響楽団第3代音楽監督に就任する。
1962年イギリス生まれ。ケンブリッジ大学で音楽を専攻し、マンチェスターのロイヤル・ノーザン・カレッジでは声楽とフルートを学び、その後ロンドンで指揮を学んだ。ドイツのフランクフルト歌劇場とヴィースバーデン・ヘッセン州立劇場で指揮者としてのキャリアをスタートしオペラ作品に数多く的取り組む。1997 年~2002 年ルツェルン交響楽団首席指揮者兼ルツェルン劇場音楽監督、2000 年~2003年アンサンブル・アンテルコンタンポランの音楽監督(2004 年~06 年は客演指揮者)を務め、2000年よりドイツ・バンベルク交響楽団の首席指揮者に就任。
2010 年、同オーケストラとのCD「マーラー交響曲第 9 番」を世界で権威あるフランスの Midem 音楽賞最優秀交響曲・管弦楽作品部門賞受賞へ導き、オーケストラの知名度を一躍広めた。古典から現代曲まで幅広いレパートリーと抜群のプログラミングセンスを持つノットは、その多岐にわたる活躍が評価され、2009 年バイエルン文化賞が贈られた。バンベルクで開催される「マーラー国際指揮者コンクール」も統括している。
バンベルク響とはザルツブルク音楽祭、BBC プロムス、エジンバラ音楽祭、ボン・ベートーヴェン音楽祭等、世界中で定期的にツアーを行っており、2006年からはベルリン芸術週間にも定期的に出演し、バートウィスル、ノーノ、ブーレーズ、フェルドマンなどの現代音楽作品を演奏している。2013 年のルツェルン音楽祭 75 周年では、ワーグナー≪ニーベルングの指環≫全曲を演奏会形式で上演し大きな話題となった。
さらにベルリン・フィル、ウィーン・フィル、ニューヨーク・フィル、シカゴ響、ロサンゼルス・フィル、フィラデルフィア管、ロイヤル・コンセルトヘボウ管、バーミンガム市響、チューリヒ・トーンハレ管、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管、ドレスデン・シュターツカペレ、バイエルン放送響、サンタ・チェチーリア管など世界一流オーケストラと数多く共演。2014 年 1 月にはイタリア・バーリにおいて R.シュトラウスの「エレクトラ(新演出)」を指揮した。
レコーディング活動においてもノットの多彩な才能が生かされており、ベルリン・フィルを指揮したリゲティの作品全集(Teldec)や、アンサンブル・アンテルコンタンポランとのエマヌエル・ヌネス作品集、ラッヘンマン作品集、ジョン・アダムズの DVD、クセナキス、ベリオほかの作品集といった現代作品や、バンベルク響とのマーラー、ブルックナー、シューベルト、ストラヴィンスキーの作品(Tudor)をリリースしている。
教育活動にも熱心で、2014 年秋にはユンゲ・ドイチェ・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者兼芸術顧問に就任するほかマーラー・ユ-ゲント管とは 2015 年にツアーが予定されている。カールスルーエとルツェルンの音楽院でも教鞭をとっている。


© Alexander Vasiljev

ソプラノI:エリン・ウォール

カナダ生まれ。モーツァルト、ベートーベンからブリテン、R.シュトラウスまで、広範囲なオペラとコンサートのレパートリーで、現在最も才能あふれる演奏家の一人として世界的評価を得ている。メトロポタン*オペラ、ミラノ・スカラ座等オペラ劇場で数多くの主役を務め、 A.デイビス、C.ティーレマン、B.ハイティンク、A.ネルソンズ等と世界的なオーケストラで協演。ウエスタン・ワシントン・ユニバーシティー、ライス・ユニバーシティー、アスペン音楽祭、ミュージック・アカデミー・オブ・ザ・ウエスト等で研鑽を積み、リチャード・タッカー・ファンデーション等から奨学金を受けた。


© Susie Knoll

ソプラノII:メラニー・ディーナー


ソプラノIII:アニカ・ゲルハルズ


© Marco Borggreve

アルトI:イヴォンヌ・ネーフ


© Christine Schneider

アルトII:ゲルヒルト・ロンベルガー


© rechtefrei

テノール:ニコライ・シューコフ


© Detlef Roth

バリトン:デトレフ・ロス


バス:リアン・リ

  • SUN
  • MON
  • TUE
  • WED
  • THU
  • FRI
  • SAT
  • 1
  • 2

混声合唱団「樹林」第22回定期演奏会

14:00開演

指揮:辻秀幸
ピアノ:岩崎能子
管弦楽:東京バッハ・カンタータ・アンサンブル

詳細へ

GAME SYMPHONY JAPAN 24th CONCERT

19:30開演

指揮者:志村健一
管弦楽:東京室内管弦楽団
ゲスト:シブサワ・コウ

詳細へ

  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9

男のコーラス・ドッグウッド 2017定期演奏会

14:00開演

男のコーラス・ドッグウッド(男声合唱団)
友情出演:「女性コーラス フレッシュ・ピュア」

詳細へ

  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16

ポプリ♪サロン・コンサート

①13:15~ ②14:00~

ワールドフルートDUO/野田晴彦&赤星ゆり

詳細へ

東京交響楽団 川崎定期演奏会 第62回

14:00開演

指揮:アレクサンドル・ヴェデルニコフ
合唱:東響コーラス(合唱指揮:冨平恭平)

詳細へ

法政大大学第二中・高等学校吹奏楽部 第42回定期演奏会

15:00開演

指揮者:黒田学・中川武・館山満
法政大学第二中・高等学校吹奏楽部

詳細へ

英国女王陛下の近衛軍楽隊 コールドストリーム・ガーズ・バンド

14:00開演

指揮者:サイモン・ホゥ少佐
管弦楽:コールドストリーム・ガーズ・バンド
    スコットランド近衛連隊バグパイプ軍楽隊
ソリスト:ファン・ユンジョン(ソプラノ)

詳細へ

名曲全集第129回

14:00開演

指揮:ヘルマン・ボイマー
トランペット:マティアス・ヘフス

詳細へ

混声合唱団翠声会 第40回定期演奏会

13:30開演

指揮者:中村 皇  ピアノ:廣田千春
パイプオルガン:浅井美紀  ティンパニ:田中祐哉
ソリスト メゾソプラノ:紙谷弘子  バリトン:田代和久

詳細へ

東響ミニコンサート in MUZAガレリア2017 第63回

12:15開演

チェロ:大宮 理人(東京交響楽団チェロ奏者)
ピアノ:田中 英明

MUZAランチタイムコンサート9月

12:10開演

タレガ・ギターカルテット
朴葵姫、松田 弦、徳永真一郎、岡本拓也

詳細へ

MUZAワインBAR 交差する24の弦

19:00開演(18:30開場)

タレガ・ギターカルテット
朴葵姫、松田 弦、徳永真一郎、岡本拓也

詳細へ

交流の響き2017 全国新聞社音楽コンクール上位入賞者演奏会

開場 13:30
開演 14:00
終演予定 17:00

全国の地方新聞社が主催・共催する音楽コンクールの上位入賞者14名 および、ミューザオルガン講座の優秀受講生1名

詳細へ