• チケット購入方法トップ
  • 電話で予約(オペレーター)
  • 窓口で直接購入
  • ミューザWebチケット
  • その他プレイガイド

公演情報

Concert Information

トン・コープマンのバロック音楽談義 inミューザ

日時
2016年 6月28日 (火) 19:00開始
出演
トン・コープマン
鈴木雅明(特別ゲスト、後半のみ)
金澤正剛
曲目
演奏家ならではの視点からバロック音楽の演奏解釈法をまとめた名著『トン・コープマンのバロック音楽談義』(2010年、音楽之友社)の著者本人による、貴重な生講義です。

料金

全席自由 ¥1,500
※6月21日「トン・コープマン オルガンリサイタル」のチケットをご購入の方は無料で入場できます。

チケット購入

一般発売
2016年4月20日(水)

ミューザ川崎シンフォニーホールチケットセンター
044-520-0200 (10:00〜18:00)

※6月21日(火)「トン・コープマン オルガン・リサイタル」のチケットをご購入の方は、無料でご参加いただけます。
6月21日公演のチケットと同時発券の、本講演会の入場券(副券)を当日会場にお持ちください。

チケット取扱

ミューザ川崎シンフォニーホール
ミューザ川崎シンフォニーホール 044-520-0200
チケットぴあ
チケットぴあ 一般:0570-02-9999 友の会:0570-02-9515 (P-code:289-160)

お問合せ

044-520-0200 


photo: Jaap van de Klomp

トン・コープマン Ton Koopman

オランダ、ズヴォレ生まれ。アムステルダムで、クラシック音楽教育を受け、オルガンとチェンバロ、音楽学を学び、両方の楽器で優秀賞を獲得している。古楽器に魅了され、文献学的な演奏方法に惹かれたコープマンは、特にJ.S.バッハを中心としたバロック音楽の研究で、オーセンティックな演奏の第一人者と呼ばれるようになった。
オルガンとチェンバロ奏者として、世界中の有名なコンサートホールでリサイタルを行っており、これまでに数々のヨーロッパの歴史ある美しい楽器を演奏してきた。レパートリーは幅広く、チェンバロ=オルガン奏者としてルネサンスから古典派の作品を演奏し、アムステルダム・バロック管弦楽団・合唱団との演奏ではバロックと古典作品を深く掘り下げ、指揮者としてモダン・オーケストラとの演奏では、初期ロマン派の作品も採り上げている。
最近では、客演指揮者として世界の一流オーケストラに招かれることが多く、これまでに、ベルリン・フィル、ニューヨーク・フィル、ミュンヘン・フィル、シカゴ響、サンフランシスコ響、ロイヤル・コンセルトヘボウ管、バイエルン放送響などと共演している。
コープマンの意欲的な活動の中でも、バッハ・カンタータ全集の録音は大事業として、ドイツ・シャルプラッテン・ベルリンのECHOクラシック賞やBBC音楽賞、エクトル・ベルリオーズ賞などを受賞、またグラミー賞やグラモフォン賞にノミネートされた。国際ディートリヒ・ブクステフーデ協会の会長を務め、2012年には、リューベック市のブクステフーデ賞とライプツィヒ市のバッハ賞、2014年には英国王立音楽院のバッハ賞を受賞した。

  • SUN
  • MON
  • TUE
  • WED
  • THU
  • FRI
  • SAT
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8

MUZA音楽サロン 第5回

14:00開演

プレゼンター:大村利子(香道御家流宗家直門)
フルート:相澤政宏(東京交響楽団首席フルート奏者)
フルート:濱﨑麻里子(東京交響楽団フルート奏者)
ピアノ:大堀晴津子

詳細へ

  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22

ミューザ川崎シンフォニーホール&東京交響楽団名曲全集第147回

14:00開演

指揮:ユベール・スダーン
ピアノ:菊池洋子

詳細へ

  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29

ミューザ川崎レクチャーコンサート『白いうた 青いうた』の秘密 ―その3―

14:30開演

新実徳英(作曲家)、秋山和慶(指揮者)
辻秀幸(合唱指揮者)
堀江眞知子(ソプラノ)、田中裕太(テノール)
根来由実(ヴァイオリン)
山田武彦(ピアノ)
川崎市立坂戸小学校 合唱団

詳細へ

リスト表示 カレンダー表示