• チケット購入方法トップ
  • 電話で予約(オペレーター)
  • 窓口で直接購入
  • ミューザWebチケット
  • その他プレイガイド

ニュース

News

お知らせ 2018.10.26

【謹告】歌劇「フィガロの結婚」ケルビ-ノ役 出演者変更のお知らせ

来る12 月7日(金)18:30開演(ミューザ川崎シンフォニーホール)および12月9日(日)13:00開演(サントリーホール)のモーツァルト作曲 歌劇「フィガロの結婚(演奏会形式)」に出演を予定しておりましたケルビーノ役の【エイブリー・アムロウ】は、本人の都合により来日することができなくなりました。
代わって英国ロイヤル・オペラなど第一線で活躍する【ジュルジータ・アダモナイト】が出演いたします。

なお、この変更に伴うチケットの払い戻しはございません。
引き続き、本公演にご期待くださいますよう何卒お願い申し上げます。

公演詳細はこちら:
歌劇「フィガロの結婚」(演奏会形式)

ジュルジータ・アダモナイト Jurgita Adamonytė

(ケルビーノ役)

~2008年ザルツブルク音楽祭来日ツアー以来、待望の再来日!~
リトアニア出身。リトアニア音楽演劇アカデミーを修了後、オランダ・ハーグ王立音楽院、英国王立音楽アカデミー、カーディフ国際声楽アカデミーで学ぶ。ヨーロッパ各地での声楽コンクールで1位を受賞。《ドン・ジョヴァンニ》ツェルリーナ役でリトアニア国立オペラデビュー後、チェコ国民劇場では《リゴレット》マッダレーナ役、シカゴオペラでは《ベアトリスとベネディクト》ユルシュール役等を歌っている。ザルツブルク音楽祭によるティチアーティ指揮《フィガロの結婚》ケルビーノ役で来日ツアーにも参加。英国ロイヤル・オペラ、ブエノスアイレス・テアトロ・コロン等に世界各地の歌劇場に出演。ジョン・エリオット・ガーデナー指揮、ゲヴァントハウス管弦楽団でメンデルスゾーン《交響曲第2番「讃歌」》、ロンドン交響楽団とのヨーロッパツアーのソリストとして等オーケストラとの共演でも活躍している。

RSSを購読する

※掲載されている情報は、発表時現在のものです。一定期間をもって、写真の削除、リンク先ページの更新・削除をさせていただく場合がございますのでご了承ください。

フェスタサマーミューザ2018

わくわくミューザ こども向けイベント情報

スマートフォンサイト

公式facebookページ

ミューザ川崎シンフォニーホール 公式ブログ