フェスタ サマーミューザ KAWASAKI 2020

サマーナイト・ジャズ

マドンナ再臨! 貴女がジャズを教えてくれた

プレコンサート16:20〜16:40

フェスタ サマーミューザ KAWASAKI 2020 サマーナイト・ジャズ

2020. 7.26 (日) 17:00開演
(16:00開場/16:20~16:40プレコンサート)

  • 会場
    ミューザ川崎シンフォニーホール
  • 出演
    • ピアノ:国府弘子
      ベース:井上陽介
      ドラムス:岩瀬立飛

      <ゲスト> 
      ヴォーカル:阿川泰子
      アルト・サックス:寺久保エレナ
      ヴァイオリン:早稲田桜子
  • 曲目
    • Love Walked In
      Over The Rainbow
      Summertime
      New York State Of Mind
チケット
●ホール座席券
一般 4,000円
友の会 3,600円
●オンライン鑑賞券
一般無料

Pコード 181-028

公演概要

公演概要

アイコンの説明

出演者プロフィール

出演者プロフィール
国府弘子(ピアノ)


国立音楽大学ピアノ科卒業後単身渡米、帰国後1987年デビュー、現在まで24枚のアルバムを国内外で発表。自己のトリオやソロピアノでの演奏会、オーケストラとの競演まで幅広い活動で、全国的な人気を集めるピアノ界のスーパーレディ。常に様々なチャレンジに挑み、音楽の喜びと躍動、そして安らぎにあふれるピアノの魅力で人々の心を捉えている。現在、川崎市市民文化大使、埼玉入間市文化創造施設のアドバイザー、平成音楽大学、尚美学園大学客員教授。
音色の贅を極めたソロアルバム「ピアノ一丁!」に続き、岩崎宏美×国府弘子のデュオ作品「ピアノ・ソングス」が好評。
最新作は2020年2月リリースのアルバム「ピアノ・パーティ」
2019年秋に川崎市文化賞を受賞。
http://kokubuhiroko.net

井上陽介(ベース)


大阪音楽大学作曲科卒業。1991年よりニューヨークを拠点に活動。ドン・フリードマン、ハンク・ジョーンズなど数々のグループで国際的に活動。2004年、活動の拠点を日本に移す。2014年にアルバム「Good Time」、2017年には「Good Time Again」をリリース。2007年度から3年連続スイングジャーナル誌の人気投票で1位獲得。現在、自己のグループの他、塩谷哲、大西順子、渡辺香津美らのレギュラーメンバーとして活躍。ジャズのみならず絢香、佐藤竹善、Superflyなどのポップスのサポートでも活動。

岩瀬立飛(ドラムス)


1988年渡米しピーター・アースキンに師事。GROOVE SCHOOL OF MUSICの作編曲科、ドラム&パーカッション科を修了。帰国後、数多くのミュージシャンのステージ、レコーディングに参加。国府弘子とは1999年以降、国内外のほとんどのステージを共にしており、真摯な人柄と抜群の理解力でその信頼は無二のものである。
最近の活動としてジャズからオーケストラまで扱える作編曲家、ドラマーの配役である俳優の為の演奏指導、後進の指導やワークショップなど多岐に渡る。洗足音楽大学講師。

阿川泰子(ヴォーカル)


神奈川県鎌倉市出身。文学座演劇研究所にて演劇を学ぶ。女優として東宝映画「華麗なる一族」「青春の門」に出演。その後、ジャズボーカリストとしての道を歩みはじめ、1978年に1stアルバム『Yasuko“LOVE-BIRD”』をリリース。1981年発表の5作目のアルバム『SUNGLOW』は日本のジャズシンガーとしては異例の60万枚の大ヒットを記録。その後もコンテンポラリーなアプローチの作品を制作し続け、セルジオ・メンデス、ジョー・サンプル、イヴァン・リンス、ロン・カーター、等海外の著名アーティストとのコラボレーションも多数。
1987年~1994年には日本テレビ系のトーク番組「オシャレ30・30」にレギュラー出演。ゲスト陣とのトークに加えて毎週1曲延べ360曲披露する。
2014年から毎年、ビルボードライブ東京・大阪、名古屋ブルーノートにて「クロスオーバー・ナイト」を開催。
日本ジャズ音楽協会から、2017年「ジャズ大賞」、2019年「名誉会長賞」を受賞。

寺久保エレナ(アルト・サックス)


1992年札幌生まれ。6歳でピアノ、9歳からサックスを始める。札幌ジュニア・ジャズ・オーケストラに参加。13歳の時、最年少でボストン・バークリー・アワードを受賞。渡辺貞夫、山下洋輔、日野皓正、佐山雅弘、本田雅人、タイガー大越、TOKU、エディー・ゴメス、向井滋春など有名ミュージシャンとの共演やセッションに多数参加。
2010年高校3年生の時に、『ノース・バード』でメジャー・デビューを果たし、一躍大きな注目を集める。2011年、2枚目のアルバム『ニューヨーク・アティチュード』をリリース。同年、日本人初のプレジデント・フルスカラーシップ(授業料、寮費免除)を獲得して、アメリカのバークリー音楽大学に留学。2013年、第3作『ブルキナ』を発表。
2015年バークリー音大を卒業し、活動の拠点をニューヨークに移す。2016年、アルバム『ア・タイム・フォー・ラブ』をカナダのCellar Liveからリリース。
2018年、札幌のテレビ局HTBに開局50周年記念テーマソングを提供。レギュラー・カルテットによるアルバム『リトル・ガール・パワー』を発表。2019年4月、初のライヴ・アルバム『アブソルートリー・ライヴ!』をキングレコードからリリース。

公式ホームページ http://www.jamrice.co.jp/erena/

早稲田桜子(ヴァイオリン)


4歳よりヴァイオリンを始め、12歳より国内外で様々な演奏活動を行う。東京芸術大学在学中、度々渡仏しフランス音楽を学び、卒業後はジャンルを超えた音楽を求め米国バークリー音楽院に留学。2002年から2年半パリに暮らし、生涯の師となるイヴリー・ギトリス氏に出会い、以後親交を深める。2006年より(財)地域創造・公共ホール音楽活性化事業登録アーティストとして全国各地でレクチャー、コンサートを行う。音楽活動を続けるなか自らの体験を通して、身体、心理面へも興味を持ち、2008年鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師の国家資格を取得。音楽家と治療家の両立を目指し奮闘中。渾身のバッハ無伴奏が特筆されるべき演奏で、数々の演奏会を通して理解力・表現力を高めている。昭和音楽大学講師。

BLOG《さくら咲こ》 http://sakurasako.cocolog-nifty.com/blog/

フェスタサマーミューザ

7
July
  • 7/23(木・祝)
    東京交響楽団オープニングコンサート

    more...

  • 7/24(金・祝)
    イッツ・ア・ピアノ・ワールド

    more...

  • 7/24(金・祝)
    ヒロコ&ノリコの楽しい2台ピアノ

    more...

  • 7/25(土)
    NHK交響楽団

    more...

  • 7/26(日)
    サマーナイト・ジャズ

    more...

  • 7/28(火)
    神奈川フィルハーモニー管弦楽団

    more...

  • 7/29(水)
    読売日本交響楽団

    more...

  • 7/30(木)
    東京交響楽団

    more...

8
August
  • 8/1(土)
    群馬交響楽団

    more...

  • 8/2(日)
    東京フィルハーモニー交響楽団

    more...

  • 8/4(火)
    新日本フィルハーモニー交響楽団

    more...

  • 8/5(水)
    昭和音楽大学

    more...

  • 8/6(木)
    神奈川フィルハーモニー管弦楽団

    more...

  • 8/7(金)
    東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団

    more...

  • 8/8(土)
    日本フィルハーモニ一交響楽団

    more...

  • 8/9(日)
    真夏のバッハⅤ

    more...

  • 8/10(月・祝)
    東京交響楽団フィナーレコンサート

    more...

お問合せ
ミューザ川崎シンフォニーホール
044-520-0200(10:00~18:00)