• チケット購入方法トップ
  • 電話で予約(オペレーター)
  • 窓口で直接購入
  • ミューザWebチケット
  • その他プレイガイド

オフィシャルブログ

Official Blog

第2回音楽サロン「ビターな愛」レポート

2016.03.02From_Muza


2月14日、ヴァレンタインデーのこの日、市民交流室ではオーボエ奏者の荒絵理子さんピアノ遠藤直子さんによるサロンコンサートがありました。テーマは「ビターな愛」。

当日春一番が吹き荒れる中、100名強のお客様が詰めかけてくださいました。

タイタニック愛のテーマより「My Heart Will Go On」切なさいっぱいのこの曲でスタートしました。
朝岡さんの映画解説で一気にタイタニックの世界へ。

P1080144

 

シューマンこそビターな愛にふさわしいということで「3つのロマンスより第1楽章」
遠藤直子さんのソフトな音色とオーボエの切なくも感情豊かな響きが会場に広がりました。

 

P1080166

 

ビターな愛にまつわる楽しいトークに荒さんもこんな笑顔です。

 

P1080241

ロビーでは休憩時のお茶の準備。
ヴァレンタインデーにちなみ、チョコケーキを皆様に。
ティーはグランジャポン提供のスペインティ(ハーブとはちみつ入り)やワイン、ビールをご用意。(ビールはスタンダードに加え、レモンビールや黒ビールも)なかなか好評でした。

P1080236

 

2回目 お菓子

 

ビール

 

後半では荒さんの本領が発揮されました。
オーボエとダモーレ、コーラングレの吹き比べ。
「新世界」はコーラングレで演奏されるが、オーボエで演奏してみると!!五度高いので、なんとなく違和感が。お客様も納得。

カリヴォダ作曲「サロンのための小品」ではオーボエの最高音をも会場を震わせる美しい音色で演奏。

息のコントロールには目を見張ります。目の前での迫力ある演奏は感動ものです。
会場は割れんばかりの拍手でした。

P1080256

 

アンコールはビターな愛から次回の「スイートメモリー」へバトンタッチするかのような曲「星に願いを」で会を終えました。

「演奏家の素顔に触れることが出来るこのサロンコンサートにこれからも期待しています。」と、帰り際お客様よりお声をいただきました。

公式facebookページ

RECENT ENTRIES最近の投稿
CATEGORIESカテゴリー
ARCHIVESアーカイブ

ミューザ川崎シンフォニーホール

TEL044-520-0200

(10:00~18:00/土・日・祝も営業)

定休日:
年末年始12/29~1/3
保守点検日