• チケット購入方法トップ
  • 電話で予約(オペレーター)
  • 窓口で直接購入
  • ミューザWebチケット
  • その他プレイガイド

オフィシャルブログ

Official Blog

フリーランス音楽家を やめようとしたベートーヴェン ~かげはら史帆のベートーヴェンコラムvol.3~

2020.07.21サマーミューザ 特別企画!かげはら史帆のベートーヴェンコラム


『田園』『運命』が初演された1808年。
38歳のベートーヴェンは、フリーランス音楽家をやめようかと考えていました。

 実はこの2つの交響曲の初演の裏で、ベートーヴェンはあるオファーを受けていました。ナポレオンの弟ジェロームが王座についている「ヴェストファーレン王国」の宮廷楽長への就任の誘いでした。
 「ベートーヴェンは王侯貴族を嫌ったゆえにフリーランス音楽家の道を選んだ」──多くのベートーヴェン伝にはそんな説明が書いてあります。しかしこれは結果論にすぎません。安定した音楽環境を求めるのは、プロのミュージシャンとして当然のこと。宮廷から声がかかって、ベートーヴェンの胸はおどったに違いありません。
 そんな折に行われた『田園』と『運命』の初演は、練習不足や暖房設備の不備がたたって大不評。聴衆からブーイングを浴びる羽目に陥ります。ウィーンから離れ、宮廷楽長として新しい音楽生活を始めたいという思いは、この初演を経ていっそう強くなったことでしょう。

 しかし、ベートーヴェンを引き止めた人たちがいました。それは若い頃から彼を見守ってきたウィーン在住のパトロンたち。翌1809年初頭には相次いで年俸の支給が決まり、彼は宮廷からの誘いを蹴る決断をしました。もし彼が宮廷楽長の道を選んでいたら──のちに書かれた『第九』をはじめとする数々の作品は、世に生まれなかったかもしれません。

(かげはら史帆/ライター)

「特別企画!かげはら史帆のベートーヴェンコラム」関連コラムはこちら

かげはら史帆
東京郊外生まれ。著書に『ベートーヴェン捏造 名プロデューサーは嘘をつく』(柏書房)『ベートーヴェンの愛弟子 フェルディナント・リースの数奇なる運命』(春秋社)。ほか音楽雑誌、文芸誌、ウェブメディアにエッセイ、書評などを寄稿。
https://twitter.com/kage_mushi

公式facebookページ

RECENT ENTRIES最近の投稿
CATEGORIESカテゴリー
ARCHIVESアーカイブ

ミューザ川崎シンフォニーホール

TEL044-520-0200

(10:00~18:00/土・日・祝も営業)

定休日:
年末年始12/29~1/3
保守点検日