• チケット購入方法トップ
  • 電話で予約(オペレーター)
  • 窓口で直接購入
  • ミューザWebチケット
  • その他プレイガイド

オフィシャルブログ

Official Blog

アートの炎が心をあたためる♪ Colors かわさき展開催中(~11月21日)

2021.11.17From_Muza


川崎市では障害のあるなしに関わらず文化芸術活動に取り組むまちづくりが行われています。
8月のフェスタサマーミューザKAWASAKIでも、特別支援学校のみなさんと作った音楽を東京交響楽団が演奏するなど、ミューザを舞台としたイベントも年間を通して開催されています。

今回は、(公財)川崎市文化財団が展開するパラアート推進事業の一つとして開催されている「Colors かわさき2021展」をご紹介します。

Colors かわさき2021展

今年のテーマは「アートの採火で未来へつなぐ」
全国各地から集められる火によってパラリンピックの聖火が誕生するように、パラアートに取り組む人、パラアートを応援する人の熱意が色とりどりのアートとともに集結しました。

会場は、ミューザ川崎4階《音楽工房》の企画展示室です。
チケットカウンター(総合案内)の右手の自動扉を入ったところにあります。

この展覧会、なんと撮影OK!なんです。
たくさんの作品の中から、少しだけご紹介します。

テーマ「アートの採火で未来へつなぐ」にちなみ、炎のように展示されているのは川崎市立聾学校、中央支援学校分教室、田島支援学校のみなさんの作品たち。

ミューザ友の会の会報誌「スパイラル」の表紙を飾ったstudioFLATのみなさんの作品も展示されています。

ミューザ川崎×studioFLATによる表紙作品

会員のみなさま、見覚えありますでしょ?

小林祥平 「Fireworks」

大槻蒼波 「花火」

大槻さんの作品は、パルシステムの【のんびる】2021年11・12月号にも掲載されました。⇒記事

他にも思わず目を奪われる作品が並んでいます。

Ari 「富士山」

半澤真人「山茶花」

これも面白いですねー。
南武線「大好きなもの」

この作品は、ピアノを演奏しながら、イメージして描いたそうです。
Dream Aki「幻想曼荼羅」

独特のとぼけた感じが魅力なキャラクター。
藤本開「トレンディドラマの主人公たち」

このお花もかわいい。
積田武志「どこまでも広がるお花畑」

色とりどりの作品から、インスピレーションをもらったりほっこりしたり。
アーティストの思いが詰まった作品をぜひ観にいらしてください。
会期は今週日曜日、11月21日まで。入場無料です。

Colors かわさき2021展 くわしくはこちら

公式facebookページ

RECENT ENTRIES最近の投稿
CATEGORIESカテゴリー
ARCHIVESアーカイブ

ミューザ川崎シンフォニーホール

TEL044-520-0200

(10:00~18:00/土・日・祝も営業)

定休日:
年末年始12/29~1/3
保守点検日