• チケット購入方法トップ
  • 電話で予約(オペレーター)
  • 窓口で直接購入
  • ミューザWebチケット
  • その他プレイガイド

オフィシャルブログ

Official Blog

オルガンの未来へ IV

2018.02.20コンサート レビュー


2018年2月17日(土)15:00開演
ホールアドバイザー松居直美企画「オルガンの未来へ IV~今、扉をあけて」が開催されました。

【出演】
オルガン:松居直美
指揮:西川竜太
合唱:混声合唱団 空(くう)、女声合唱団 暁、男声合唱団クール・ゼフィール、成蹊大学混声合唱団有志
バッハ・カンタータ solo(ヴォクスマーナ):Sop.稲村麻衣子、Alt.輿石まりあ、Ten.金沢青児、Bas.松井永太郎
構成・作曲:権代敦彦
【曲目】
グレゴリオ聖歌 「過越のいけにえを讃美せよ」
シャイデマン:「キリストは死の縄目につながれ」
J.S.バッハ:コラール「キリストは死の縄目につながれ」BWV 277
J.S.バッハ:オルガン小曲集より「キリストは死の縄目につながれ」BWV 625
J.S.バッハ:カンタータ「キリストは死の縄目につながれ」BWV 4
高田三郎:典礼聖歌「復活の続唱」
エスケシュ:「過越のいけにえを讃美せよ」による5つのヴェルセ(詩歌)
権代敦彦:最後のアレルヤ(世界初演・2017年度ミューザ川崎シンフォニーホール委嘱作品)

写真=青柳 聡
【写真】プレトークの様子。飯田有抄さんの司会(左側)に、松居直美さん(真ん中)、権代敦彦さん(右側)がプログラムや作品の意図について語っていきました。

【写真】松居直美さんのオルガンソロ演奏の様子。

【写真】「最後のアレルヤ」の演奏の様子。メインコンソールのオルガンと舞台上に合唱が並んでの共演でした。

【写真】最後のアレルヤを作曲された権代敦彦さんが、舞台上に上がって拍手を受けている様子。合唱指揮をされた西川さんも大きな拍手を送っていらっしゃいます。

公式facebookページ

RECENT ENTRIES最近の投稿
CATEGORIESカテゴリー
ARCHIVESアーカイブ

ミューザ川崎シンフォニーホール

TEL044-520-0200

(10:00~18:00/土・日・祝も営業)

定休日:
年末年始12/29~1/3
保守点検日