• チケット購入方法トップ
  • 電話で予約(オペレーター)
  • 窓口で直接購入
  • ミューザWebチケット
  • その他プレイガイド

オフィシャルブログ

Official Blog

テューバ奏者から見た金管奏者の性格!-東京交響楽団首席テューバ奏者 渡辺功

2019.08.19From_Muza


8月20日(火)は東京交響楽団金管五重奏によるランチタイムコンサートナイトコンサート60を開催。

このコンサートに向けて、東京交響楽団首席テューバ奏者の渡辺功さんよりユニークなメッセージが届きました!
テューバ奏者から見た金管奏者の性格とは・・・?

金管五重奏。左からトランペット、ホルン、テューバ、トロンボーン、トランペット。
2017年11月ナイトコンサートより

♪゚+。+゚♪゚+。+゚♪゚+。+゚♪゚+。+゚♪゚+。+゚♪゚+。+゚♪゚+。+゚♪


今回は金管楽器の五重奏でお届けいたします。
オーケストラで使われるトランペット、ホルン、トロンボーンそしてテューバです。
不思議なもので楽器による奏者の性格というものもあるようです。

まずトランペットですが、メロディは多いし音も高いので目立ちます。自然と奏者は目立ちたがりやさんで自分が1番カッコいい!と思うようになるようです。

ホルンは音の出るベルという部分が後ろを向いています。これはホルンの生い立ちを考えるとしょうがないことですが、奏者にも少なからず影響を与えているようです。ちょっと物事を斜に構えて見る人が多いようです。言い方を変えれば変人ですね。

トロンボーンは見た目がスッキリしていて単純な作りです。音もストレートでここぞという時に盛り上げる仕事が多いです。その反面、コラールで美しいハーモニーを響かせることもあります。またスライドというトロンボーン特有のシステムで管の長さを変えるので、大体このへんかな?といい加減なところもあります。奏者は豪快、そして大雑把と言えるでしょう。

最後にテューバです。
オーケストラで使われる金管楽器の中では1番歴史が浅く、新しい楽器です。その音は深く柔らかく、皆を包み込むようなサウンドです。奏者は気が優しくて力持ちで、包容力があり、誰からも好かれる人が多いようです。

まあ、あくまでも一般論ですが、テューバに関しては大体当たっています。金管奏者は吹奏楽部出身者がほとんどですが、テューバ奏者は責任感もあり、部長を任されることも多いようです。まあ他の金管奏者には任せられないですよね。
この文章もテューバ奏者が書いたので、理解していただけると思っております。

                                             わたなべイサオ ♪
♪゚+。+゚♪゚+。+゚♪゚+。+゚♪゚+。+゚♪゚+。+゚♪゚+。+゚♪゚+。+゚♪

真実はぜひコンサートで♪

【公演情報】
JXTGエネルギーPresents
MUZAランチタイムコンサート 8月
東京交響楽団金管五重奏
≪夏特別企画!4歳から入場OK≫ →詳細はこちら

JXTGエネルギーPresents
MUZAナイトコンサート60 8月
東京交響楽団金管五重奏 →詳細はこちら

「真夏のバッハIV」 ~オルガン・カフェ レポート

2019.08.11From_Muza , コンサート レビュー , サマーミューザ


8月10日に開催した「真夏のバッハIV ルドルフ・ルッツ パイプオルガン・リサイタル」では、開演前に「オルガン・カフェ」と題したロビーコンサートを行いました。
本編でも演奏するルドルフ・ルッツさんがポジティフ・オルガンをお客様の目の前で演奏しました。ただ演奏するだけではないのがルッツさん流。スタッフも、いったい何を演奏するのか知らされておらず、始まってみないとルッツさんが何をするのか全く分からないという状況でした(笑)。

ルドルフ・ルッツさんと浅井寛子さん

「オルガン・カフェ」の演奏曲目はこちらでした。

==========================
J.S.バッハ:ゴルトベルク変奏曲の主題による即興演奏
オブラディ・オブラダ ~会場の皆さんと一緒に
ブクステフーデ:フーガ ハ長調 BuxWV 174(ゲスト演奏)
リクエスト即興演奏
  《悲しみ》イ短調で
  《叙情的》ハ長調で
ラグタイム(エンターテイナー)
==========================

オブラディ・オブラダでは会場の皆さんと一緒に歌いながら演奏したり、お客様からどんな雰囲気の曲を聴きたいかとリクエストをもらって演奏した《悲しみ》と《叙情的》はその場で即興演奏。さすが、即興の魔術師。すぐれた演奏家であると同時に、お客様を楽しませる引き出しをたくさん持っていて、音楽を通じてどんどんコミュニケーションを取っていきます。世界的なバッハ演奏の権威にして、この親しみやすいお人柄に、会場もすっかり魅了されました。

そして、前のほうに座っていた野球帽の小学生に目をつけたルッツさん。
ちょっとこちらに来てオルガンを弾いてみるかい?と促すと、その男の子はなんとブクステフーデのフーガを弾き始めたのです!声部が増えた瞬間にどよめく会場。ルッツさんも、驚きながら指を3本立てて「三声(のフーガ)だよ」とお客様に示します。
ルッツさんの心づもりとしては、おそらく子どもに少し鍵盤を弾かせて、そこに伴奏をつけたり即興で作曲したりということを披露したかったのではないかと思います。まさかこんなに本格的な演奏をするとは誰も予想していませんでした。

実はこの小学5年生の男の子は、ミューザの「わたしもぼくもオルガニスト」というオルガンレッスンに小学1年生の時から参加しており、10歳からは前ホールオルガニストの近藤岳さんに師事してオルガンを勉強している伊藤正晃くんでした。松居直美さんらにその実力を認められ、9月に川崎市が開催する「プラチナ音楽祭」でミューザの大オルガンを演奏することも決まっています。

2015年「わたしもぼくもオルガニスト」発表会での伊藤くん(小学1年生)と近藤岳さん

そんな彼がたまたまルッツさんの眼に留まっただけでも奇跡ですが、そこで堂々と1曲弾いた度胸も大したもの! ルッツさんは「このあと僕の出番はないね!」と称賛を贈りました。
そこで終わらないのが、ルッツさん。「オルガン・カフェ」終演後、伊藤くんに「今日は僕の横で聴きなさい」と言ったのだそう。そして本当に、大オルガンの演奏台に椅子が用意され、伊藤くんはルッツさんのすぐ真横で聴くことに! 知らない人が見たら、とても不思議な光景です。ルッツさんは、コンサートの冒頭で会場に事情を説明しました。

終演後、伊藤くんに感想を聞いたところ「とても緊張したけれど、大好きな『パッサカリア』の演奏を間近で見られてよかった。夢中で見てしまった」と語りました。

たった1日で起こった奇跡の出会い。
ミューザでの初リサイタル、そして2015年から3年にわたるジャズピアニスト佐山雅弘さんとのセッションでも常に驚きと音楽の喜びに溢れるコンサートをミューザで行ってきたルッツさん。今回もスペシャルなリサイタルになりました。
コンサートレビューはぜひほぼ日刊サマーミューザ第15号でお読みください。

音楽を通じて、これからまだまだミューザで素敵なケミストリーが起きていくのではないかと予感させる一夜でした♪

【メッセージ】ルドルフ・ルッツより 本日のお客様へ

2019.08.10From_Muza , サマーミューザ


真夏のバッハIV」に出演するオルガニストのルドルフ・ルッツさんは、フェスタサマーミューザKAWASAKIには2015年に初登場し、ジャズピアニストの佐山雅弘さんと共演しました。
ジャンルを超えた即興のスペシャリスト二人のセッションは新鮮な驚きと喜びにあふれ、大好評を博しました。アンコールの声に応えて3年連続でサマーミューザで二人のセッションが実現し、いつしか名物企画になっていました。
残念ながら、佐山雅弘さんは昨年11月に逝去されましたが、ルッツさんは今回佐山さんへの想いを込めた曲を演奏します。メッセージをいただきましたので、ぜひお読みください。

ルドルフ・ルッツより 本日のお客様へ

いつも、私がミューザ川崎シンフォニーホールを思い出すとき、私は(東京交響楽団とのコンサートに
加えて)佐山雅弘さんとご一緒した、とても素晴らしいコンサートのことをすぐに思います。
なんてすばらしいミュージシャンで、優しい方なのでしょう!
偉大なジャズマンであリ、優秀なバッハのエキスパート、高い技術と音楽的に多くの引き出しを持った
ピアニストです。
彼が亡くなったことは大変辛く、それはもちろん私だけではないはずです。
そして、彼への敬意を込めて、私はオルガンで「Over the Rainbow(虹の彼方に)」を演奏しようと決め
ました。
お客様とスタッフの皆さんのご多幸をお祈りしています。美しいホールでこのコンサートで演奏できる
ことを、とても幸せに思っています。

Massage from Rudolf Lutz

Always, when I think of the MUZA-Concert hall, I remember (in addition to the concert with the TSO) immediately the wonderful concerts together with Saya-san.
What a fabulous musician and what a kind-hearted person!
A great jazzman, an excellent Bach-expert, a pianist with high technical and musical capacities.
His passing away was a hard blow, surely not only for me.
And so I conceived my organ piece “Over the Rainbow” in his honorable memory.
My very best wishes and greetings for the public and the staff. I’m very happy, that I may play this concert in this beautiful hall.

公式facebookページ

RECENT ENTRIES最近の投稿
CATEGORIESカテゴリー
ARCHIVESアーカイブ

ミューザ川崎シンフォニーホール

TEL044-520-0200

(10:00~18:00/土・日・祝も営業)

定休日:
年末年始12/29~1/3
保守点検日