• チケット購入方法トップ
  • 電話で予約(オペレーター)
  • 窓口で直接購入
  • ミューザWebチケット
  • その他プレイガイド

オフィシャルブログ

Official Blog

謎を作る!~リトルミューザの活動報告

2018.10.11音の放課後プロジェクト! リトルミューザ


リトルミューザのページへ戻る
集合時間10分前。先に到着した2人のメンバーが進路の話をしています。どうやら希望する高校が同じな2人。家族とも学校の友人とも違うミューザの仲間は、サードプレイス的なコミュニティーでもあります。
そんな仲間たちと集まった今回の定例ミーティングでは、前回同様、佐々木さんにもご参加いただき、簡易的に作っていただいた謎解きデモゲームを体験し「謎解きゲーム」について理解を深めました。
【写真】謎解きデモのプレイブックを見るメンバーたち。
1人でやる人、数人でやる人をそれぞれ想定し、チャレンジしてみたメンバー達。
【写真】他のメンバーと謎を解いている。
佐々木さんの作成したキットを手に、ミューザ内を行ったり来たり。最終的に会議室に戻ってきては、「なるほどね!」と納得の表情です。

次に取り組んだのは、リーダーが考えてきた「謎」です。
同じ仕組みの問題を2種類考えてくれました。
【写真】リーダーが考えた謎
全員で頭を抱えて挑戦し、導き出した答えはどちらも「フィガロのけっこん」に!すごい!とこれには全員拍手。
この手法は実際のゲームにも活かそう!
ということで、次は演出チームとデザインチームそれぞれでの会議です。

デザインチームは今回の企画用チラシの作成を進めると同時に、物語に沿ってすすむゲームの世界を伝えるためのリード文を考えました。
【写真】チラシのリード文を検討中。
それと同時進行していた演出チームの最大のチャレンジは、物語に沿ったかたちで、どのようにゲーム全体を構成していくかという問題…。
【写真】ホワイトボードの前で、構成を検討。
前回の会議で決めたキャラクターの視点をもとに、物語を再度読み直しアイデアを出し合います。
それにしても何度読んでも複雑な「フィガロの結婚」の人間関係とどたばた騒動。
「結婚式当日の1日でこんなに色々起きないでしょ!?」とつっこみながらも、メンバーはどんどんこのオペラに詳しくなっていくのでした。
【写真】それぞれに自分の仕事をするメンバーたち。
なんとか決まった構成案。次回はそれぞれの謎を決め、必要となるキットの案を出し合います!
リトルミューザのページへ戻る

公式facebookページ

RECENT ENTRIES最近の投稿
CATEGORIESカテゴリー
ARCHIVESアーカイブ

ミューザ川崎シンフォニーホール

TEL044-520-0200

(10:00~18:00/土・日・祝も営業)

定休日:
年末年始12/29~1/3
保守点検日