• チケット購入方法トップ
  • 電話で予約(オペレーター)
  • 窓口で直接購入
  • ミューザWebチケット
  • その他プレイガイド

オフィシャルブログ

Official Blog

ほぼ日刊サマーミューザ2020オンライン 7/30日 第7号

2020.07.30サマーミューザ ほぼ日刊サマーミューザ


もくじ
▶コンサートレビュー(7/29 読売日本交響楽団)
▶お客様の声から♪
▶エンジョイ!川崎!!パートナーショップのご紹介
==================================

華麗なるフランス・プログラムで爆発する個性、そして究極の融合!!

青柳聡

【7/29: 読売日本交響楽団】
読売日本交響楽団の公演は、指揮の下野竜也曰く「サンドイッチ方式」プログラム。華麗な響きで奏されるモーツァルトの交響曲第32番と第31番「パリ」の間に、カリスマ的人気を誇るピアニストの反田恭平と、ロン=ティボー国際第2位の務川慧悟が登場し、プーランクの「2台のピアノの為の協奏曲ニ短調」、サン=サーンスの「動物の謝肉祭」を演奏。モーツァルトはどちらも祝祭感に溢れ、日々悪化していく世情を吹き飛ばしてくれるような力強さ。プーランクは非常に技巧的な作品であり、ピアニスティックな技巧に彩られているのはもちろんだが、歌わせること、そして打楽器的に奏すること…とピアニストへの要求が多い難曲。音も多いので、「うるさい」だけで終了…という演奏に出会うことが少なくない。しかし当然二人の演奏は違う。スケールの大きな反田とシャープな務川の演奏スタイルと音色は正反対ともいえる音楽性でありながら、それが逆に見事な融合を生み、作品の構造を浮き彫りにしながら、華麗に音楽を展開していった。キャラクターの違いは「動物の謝肉祭」でさらに輝きを増しており、この二人のアンサンブルの可能性にさらに期待が膨らむ公演となった。(ピアニスト/音楽ライター 長井進之介)

終演後、ソリスト2人と指揮者で 青柳聡

7/29日(水)19:00開演 読売日本交響楽団
指揮:下野竜也
ピアノ:反田恭平 * ピアノ:務川慧悟 *
モーツァルト:交響曲第32番
プーランク:2台のピアノのための協奏曲 *
サン=サーンス:組曲「動物の謝肉祭」 *
モーツァルト:交響曲第31番「パリ」
アーカイブ視聴はこちらから→読売日本交響楽団『芸術が花開いた街・パリの旅』(8/31まで視聴可能です!)

お客様の声から♪

オケあり、室内楽あり、ピアコンあり、それでも一貫したテーマのプログラムが素晴らしい!!ソリスト、オケの演奏も相まって大満足。フランス旅行をした気分でした。下野マエストロのお話も楽しかったです。(20代・会社員・ナスターシャ)

弦楽器と管楽器を左右に分ける配置、オペラのピットを直接聴いているようで、特にモーツァルトで新鮮な響きが楽しめました。(50代・会社員・北十字)

「動物の謝肉祭」で下野マエストロが解説してくださったので、いつもよりも楽しく聴けました。読響のメンバー紹介も良かったです。出演者と聴衆との距離が近く感じられたまさにフェスタらしい演奏会でした。(60代・主婦・ミリミリ)

下野さんがお話し中も、演奏中もずーっと笑顔で、音楽できて幸せだというのが伝わってきました。オンライン視聴ですが、小さい子どもがいるのでどうしても集中できず、アーカイブで何度も見れるのはうれしいです。会場へ行くのもハードルが高いので、ハイブリットにしてもらえて、本当にありがたい! (30代・会社員・まりも)

務川慧悟さん反田恭平さんのファンです。昨年このフェスティバルを知り、今日のチケット予約のためにために今年4月友の会会員になりました。開催されて嬉しいです。このあとアーカイブ配信を楽しみます。来年もこの二人の2台ピアノを聴きたいです(会社員・すず)

ソリスト御二人の共演を聴くことができて、とても幸せな時間でした。プーランクのコンチェルトも素敵でしたが、《動物の謝肉祭》一曲一曲をこんなにも楽しんだのは初めてだったかもしれません。(40代・講師・みかろ)

温かいコメントをお寄せくださった皆様、ありがとうございました。
アンケートはいつでもWEBにて受け付けております!
回答はこちらから→フェスタサマーミューザKAWASAKI2020アンケート

エンジョイ!川崎!! パートナーショップのご紹介「アルカサール」

「今日はなんだかパワーが出ないなぁ。」と思った時は「やっぱりお肉!」ということで、ランチタイムにステーキハウスへ直行。半地下で隠れ家的な雰囲気のお店のおすすめは炭焼ハンバーグなのですが、腹ペコだったのでビーフステーキ、ハンバーグ、骨付ソーセージ3点盛り「ミックスステーキ」(1,580円)を注文。なんて欲張りな私(笑)。

じゅうじゅうと熱い鉄板の上にその場でソースをかけてくれるので、香ばしい匂いがさらに食欲をそそります。アツアツのお肉を「はふはふ」と頬張ると、中からじゅわっと肉汁が・・・。た、たまりません!そんな魅力的なお店ですが、肉々しい美味しい肉が提供されている分、油で床が少々滑りやすいので要注意!お腹いっぱいでも、ふらふらせず、しっかり歩いてくださいね!(肉食 ふ)

【本日ご紹介のお店】
ラ・チッタデッラB1F(入口は1F)「ハンバーグ&ステーキ アルカサール」
クーポン特典:飲食代5%OFF
8/10日をもちまして、パートナーショップのクーポン利用期間は終了いたしました。
ご利用いただいた皆様、ありがとうございました。来年をどうぞお楽しみに。

お知らせ:明日の朝刊休みます

明日(7/31)は休演日のため、本紙の発行もお休みさせていただきます。次号発行は8/1です。

公式SNS ぜひシェアをお願いいたします♪

Twitter : @summer_muza
Facebook : @kawasaki.sym.hall
Instagram : @muzakawasaki
バックナンバーのページはこちら

ほぼ日刊サマーミューザ7/30_紙面版

公式facebookページ

RECENT ENTRIES最近の投稿
CATEGORIESカテゴリー
ARCHIVESアーカイブ

ミューザ川崎シンフォニーホール

TEL044-520-0200

(10:00~18:00/土・日・祝も営業)

定休日:
年末年始12/29~1/3
保守点検日