• チケット購入方法トップ
  • 電話で予約(オペレーター)
  • 窓口で直接購入
  • ミューザWebチケット
  • その他プレイガイド

オフィシャルブログ

Official Blog

ベートーヴェンを描いた画家 ~かげはら史帆のベートーヴェンコラムvol.1~

2020.07.21サマーミューザ 特別企画!かげはら史帆のベートーヴェンコラム


『交響曲第3番「英雄」』を作曲していた1803年。
32歳のベートーヴェンは、ある画家の訪問を受けました。

 画家の名はヴィリブロート・ヨ-ゼフ・メーラー。当時ウィーンに来たばかりの20代の青年でした。友人ブロイニングからの紹介を受けてメーラーに会ったベートーヴェンは、気さくに彼を出迎え、ピアノで「新しい交響曲」──つまり当時書いていた交響曲第3番の終楽章と、2時間にもおよぶ即興演奏を披露したそうです。
 そのときの感激を絵筆で表現したかったのでしょうか。翌年から翌々年にかけて、メーラーは1枚の肖像画を手がけます。いわゆる胸から上の肖像ではなくほぼ全身が描かれている大作で、画家の気合がうかがえます。しかしこの絵には1点、大きな謎があります。彼が左手で触れている楽器──リラ(竪琴型の楽器)なのです。メーラーが聴いたのはピアノの演奏のはず。それなのに、なぜピアノではなくリラを描いたのでしょうか?

 ベートーヴェンに古代の楽器をあえて持たせ、神聖なイメージを与えたかったのだろう──今日ではそのような見解が主流となっています。よくみると、上げられた右手の奥にはアポロンの神殿も見えます。作曲家としては人気が出始めたばかりの1803年。しかしこの頃からもう、ベートーヴェンを神聖化する動きは始まっていたのです。

メーラーによるベートーヴェンの肖像画

(かげはら史帆/ライター)

「特別企画!かげはら史帆のベートーヴェンコラム」関連コラムはこちら

かげはら史帆
東京郊外生まれ。著書に『ベートーヴェン捏造 名プロデューサーは嘘をつく』(柏書房)『ベートーヴェンの愛弟子 フェルディナント・リースの数奇なる運命』(春秋社)。ほか音楽雑誌、文芸誌、ウェブメディアにエッセイ、書評などを寄稿。
https://twitter.com/kage_mushi

公式facebookページ

RECENT ENTRIES最近の投稿
CATEGORIESカテゴリー
ARCHIVESアーカイブ

ミューザ川崎シンフォニーホール

TEL044-520-0200

(10:00~18:00/土・日・祝も営業)

定休日:
年末年始12/29~1/3
保守点検日