• チケット購入方法トップ
  • 電話で予約(オペレーター)
  • 窓口で直接購入
  • ミューザWebチケット
  • その他プレイガイド

オフィシャルブログ

Official Blog

ドヴォルザーク:交響曲 第9番 「新世界より」

2022.04.12「スパイラル」バックナンバー , 「スパイラル」バックナンバー , 名曲のツボ


 「新世界より」は、「第九」の次に演奏回数の多い交響曲で、東響では毎年「ニューイヤーコンサート」で演奏しています。弾くたびに思うのは、メロディの美しさ。ドヴォルザークの円熟の筆のすごさを感じます。
 そんな美しいメロディの宝庫、「新世界より」の最初のメロディを弾くのがチェロです。

今回は、東京交響楽団チェロ フォアシュピーラー奏者の川井真由美さんに、その名曲の魅力をお話しいただきました。
※画像をクリックするとPDFが開きます。

ミューザ川崎シンフォニーホール友の会会報誌「スパイラル」Vol.73より転載/取材 榊原律子

👇ドヴォルザーク「新世界」が聴けるのはこの公演!

【日時】
2022年4月16日(土)14:00開演

【出演】
指揮:小林研一郎
ヴァイオリン:前橋汀子

【曲目】
メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 op. 64
ドヴォルザーク:交響曲第9番 ホ短調 op. 95 「新世界より」

チケット情報&公演の詳細はこちら

ジュニア・プロデューサー2022始動!

2022.04.08音の放課後プロジェクト! , ジュニア・プロデューサー


ジュニア・プロデューサー2022、始動しました!
4月4日(月)に第1回目の活動を行いました。

ジュニア・プロデューサー同士でまずは名刺交換です。

次は自己紹介。

そして、ミューザ川崎シンフォニーホールの山本事業部長からのお話も。
・何もないところから作り出すことがプロデューサー!
・聴いてよかった!と思ってもらえるような企画をつくろう!
・一歩二歩先のことを考えて行動しよう
・5W1Hを意識しよう
などなど、プロデューサーをする上での心構えを伺いました。

その後、「プロデューサーとはどんな仕事をする人だと思う?」について意見を出し合いました。

ここでちょっと休憩!
休憩中も、メンバー同士で自主的に名刺交換をしてお話しするなど、積極的な様子が伺えました。

休憩の後は、東京交響楽団事務局の桐原さんにお越しいただき
今年も演奏者として参加していただく東京交響楽団について、お話いただきました。

今日は、ちょうど東京交響楽団のリハーサルの日。
ホールの舞台袖に行くと、ミューザのチーフホールアドバイザーである指揮者の秋山和慶先生が!
名刺交換をさせていただきました。

続いて、これからお世話になるミューザの職員と名刺交換。
どんな仕事をしているかも尋ねます。

名刺交換の後は、今名刺交換をしてきたミューザ職員は
どんな仕事をしている人がいたかをみんなで共有しました。

これらを元に、今回は企画班・広報班・運営班に分かれ活動することにしました。

今年度はこの8名のメンバーで頑張ります!

今年もジュニア・プロデューサーの活動にご注目ください!!

※ジュニア・プロデューサーとは…
一般公募で集まった川崎市内小学4~6年生12名が、コンサート当日まで仲間とアイディアを出し合い、企画したり、チラシを作ったり、運営したりする企画です。
詳しくは、ジュニア・プロデューサー 過去のブログもご覧ください。

《マタイ受難曲》は、瞑想的、個人的な作品〜鈴木雅明《マタイ受難曲》講演会レポート(Text 加藤浩子)②

2022.04.04From_Muza


3月10日に開催した、友の会限定企画「鈴木雅明が語る《マタイ受難曲》」講座について、音楽評論家の加藤浩子さんにレポートしていただきました。
※このレポートは全2回中の第2回です。第1回はこちら

名アリアに込められた真意

 
 〈憐れみたまえ〉と並ぶ《マタイ》を代表する名アリアが、第49曲の〈愛ゆえに〉である。イエスが愛のために死ぬことを歌う内容だが、これは「愛」というより「罪」を歌うアリアなのだ。
 このアリアには、通奏低音のパートが欠けている。バッハは通奏低音のことを「すべての基礎、神の基礎」だとした。それを欠いた状態、つまり基礎を欠いた状態というのは、「罪」の状態に相当する。イエスが「愛」によって私たちの「罪」を償うと歌うこのアリアは、「愛」ではなく「罪」を歌っているアリアなのだ。
通奏低音を欠いたスタイルは「バセットヒェン」と呼ばれるが、バッハはこのスタイルを他の曲でも何度か使用しており、いずれも「罪」を歌った内容なのである。

No.49 Aria: Aus Liebe will mein Heiland sterben (Soprano)

コラールの扱いの巧みさ

 《マタイ受難曲》には多くのコラールが登場するが、最も有名なものはパウル・ゲルハルトの詞による「受難のコラール」こと〈おお、御頭は血と涙にまみれ〉(パウル・ゲルハルト詞)。血潮滴るキリストの頭を描写したテクストは、十字軍時代にキリストが被らされた荊を瞑想したことに遡る。このコラールは五回にわたって登場し、一回目(第15曲)は過越の食事の時に、二回目(第17曲)は信仰告白、三回目(第44曲)はイエスが沈黙し、全てを神に委ねるところ、四回目(第54曲)は十字架につけられたイエスが亡くなる直前、五回目(第62曲)はイエスが息を引き取った後でしめやかに歌われる。調性もそれぞれ、ト長調、変ホ長調、ニ長調、ニ短調、イ短調と移り変わるが、とくに四回目は最も高い調性、最後の五回目は最も低い調性になっていることに注目したい。第62曲のテクストには、「私が死を迎える時」をテーマにしたコラールの第9節が用いられており、自分自身の死を瞑想するコラールになっている。
 このように《マタイ》では、コラールを通じて聖書の教義を知るだけでなく、聖書の物語が自分自身の存在と近しいものだと確認できる。コラールを選択しているのはバッハ自身。バッハはコラールの歌詞をわざわざ赤字でスコアに書き込んでおり、バッハがコラールを重視していたことがわかる。


バッハ・コレギウム・ジャパンによる《マタイ受難曲》コラール集

瞑想的で個人的な《マタイ受難曲》

 《マタイ受難曲》は、《ヨハネ》と比べて遥かに瞑想的、個人的な想いにつながる作品である。イエス・キリストは、私たちの「罪」のために死んだ。その「罪」を再認識して、この世をどう生きるか、それを考える機会となっているのが《マタイ受難曲》という作品だ。
今、ウクライナで戦争が起こっている状態で《マタイ》を聴くことは、単に音楽を鑑賞するだけでなく、人間は罪深いと改めて認識することでもある。残念だし、疲れることでもあるけれど、あえてやらなければならないと思っている。(了)


2014年4月 バッハ・コレギウム・ジャパン《マタイ受難曲》公演 ©青柳聡

公演情報

キリスト教におけるイエスの受難の物語を超え、バッハの音楽は普遍的な人類の「罪」について深い省察を与えてくれる傑作だと言えます。
まさに、いまこそ多くの方にお聴きいただきたい作品です!


バッハ・コレギウム・ジャパン J.S.バッハ:マタイ受難曲 BWV244
2022年4月17日(日) 16:00開演

指揮:鈴木 雅明
ソプラノ:ハナ・ブラシコヴァ、中江 早希
アルト:ベンノ・シャハトナー、青木 洋也
エヴァンゲリスト(福音史家):トマス・ホッブス
テノール:櫻田 亮
バス:加耒 徹、渡辺 祐介
合唱・管弦楽:バッハ・コレギウム・ジャパン

購入はこちら

公式facebookページ

RECENT ENTRIES最近の投稿
CATEGORIESカテゴリー
ARCHIVESアーカイブ

ミューザ川崎シンフォニーホール

TEL044-520-0200

(10:00~18:00/土・日・祝も営業)

定休日:
年末年始12/29~1/3
保守点検日