• チケット購入方法トップ
  • 電話で予約(オペレーター)
  • 窓口で直接購入
  • ミューザWebチケット
  • その他プレイガイド

オフィシャルブログ

Official Blog

第7回ジュニア・プロデューサー会議★♪

2018.06.10音の放課後プロジェクト! , ジュニア・プロデューサー , 音の放課後プロジェクト!


梅雨入りを迎え、空は雨模様ですが皆様いかがお過ごしでしょうか?

本日6月10日(日)はジュニア・プロデューサー第7回目の会議。

ジュニア・プロデューサー2018企画コンサート「0歳からのクラシック~思わずSHAKE~」に向けて活動を行いました♪

プロデューサー達の会議も本番まで(今日を含めて)あと二回!!!梅雨を吹き飛ばすぐらいの活気で取り組みました。

【企画班】【広報班】

本日企画班と広報班は合同で活動を行いました。

まずは、本番の台本チェック!おかしなところがないか入念に確認しました。

確認のあとは実際に台本通りに動いてみます。出演者役は広報班の4人にお願いしました♪

司会も企画班全員で担当。なんと、もう暗記しているプロデューサーもいました!!

【運営班】

運営班は当日の役割決めを行いました。

会場の中・外どちらを担当するのか、電気係はだれがやるのか等細かい所まできちんと決めていきました。

各々積極的に意見を言っているのが印象的でした。

また、昨年もジュニアプロデューサーをしていた人からは昨年の反省を踏まえた意見もでました。

このコンサートをよりよいものにしていこうという気持ちがプロデューサー一人一人から強く感じられました。

各々の活動を終え、今度はジュニアプロデューサー総出で色々なものを製作しました。

こちらでは、本番の立ち位置を図にしてまとめているようです。

開演前や公演中の立ち位置を色分けし、相談し合いながら分かりやすく書いていました。

おやおやこちらではシャカシャカを手直ししています。

ストローを切る人、飾りつけをやる人様々ですが、一番こだわっていたのは「強度」。

お客様の手に渡るまで、そして渡った後も壊れないように補強しました。

お!こちらでは前回のブログにも登場したカラフルなものが!!

一人は色紙を選別し、一人は組み立てるという連係プレーで頑張っていました。

最後は全体でリハーサルをやってみましたが上手くいかない所がまだまだあり、大苦戦。

いつ出演者をお呼びするか、シャカシャカをどのようにくばるのか等各班との連携を取るのが難しそうでした。

「自分は分かっていても、相手には言わないと伝わらない」ということを実感しました。

最後に全体会議です。

各々の反省点や今後の予定を確認して会議を終えました。

本番までもう少し!気合を入れて頑張ります!!

今後のジュニア・プロデューサーにもご注目下さい♪

公演概要

ジュニア・プロデューサー2018企画コンサート「0歳からのクラシック~思わずSHAKE~」

日時 2018年7月1日(日)11時開演(10時30分開場、12時終演予定、途中休憩なし)

会場 ミューザ川崎シンフォニーホール 市民交流室(4階音楽工房)

出演 東京交響楽団メンバーによる弦楽四重奏

ヴァイオリン:土屋杏子(東京交響楽団第1ヴァイオリン奏者)、坂井みどり(東京交響楽団第2ヴァイオリン・首席奏者)

ヴィオラ:多井千洋(東京交響楽団ヴィオラ・フォアシュピーラー奏者)

チェロ:川井真由美(東京交響楽団チェロ・フォアシュピーラー奏者)

◎チケット情報

全席自由 500円

※3歳以下ひざ上無料

公演の詳細はジュニア・プロデューサー2018企画コンサートをご覧ください。

※ジュニア・プロデューサーとは…

一般公募で集まった川崎市内小学4~6年生12名が、コンサート当日まで仲間とアイディアを出し合い、企画したり、チラシを作ったり、運営したりする企画です。

詳しくは、ジュニアプロデューサー過去のブログもご覧ください。

第6回ジュニア・プロデューサー会議★♪

2018.06.04音の放課後プロジェクト! , ジュニア・プロデューサー , 音の放課後プロジェクト!


5月も終わり6月に突入いたしました。初夏の風に肌も汗ばむ頃になりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

本日6月3日(日)はジュニア・プロデューサー第6回目の会議。
ジュニア・プロデューサー2018企画コンサート「0歳からのクラシック~思わずSHAKE~」に向けて活動を行いました♪

本日もプロデューザー達は真剣そのものです。

【企画班】
本番で読みあげる台本の仕上げを行い、
実際に声に出してみておかしいところはないか?など入念にチェックしました。

また、とある曲の演出を考え、
小道具の作成を運営班にお願いしに行きました。

小道具発見(^^♪
奥には前回もご紹介したシャカシャカ、そして手前には新たなカラフルなものが!!

当日これらをどこで使うのかお楽しみに!

【広報班】
前回完成させたチラシを実際に配りに行きました。初めてのチラシ配りに皆緊張。
勇気を出して頑張りました。
なんとチラシを配っていたら出演者の川井さんと遭遇するというサプライズもありました!!

貰って下さった方々、ありがとうございました♡

川崎市の図書館や区役所にチラシを置いていただくために、枚数を数え分配しました。

沢山の人が足を運んでくださいますように…♪

【運営班】
ミューザの受付の方と当日の備品の打合せを行いました。使う備品の確認、設置場所、また当日の人の立ち位置等細かいところまでお伝えしました。

また、プロデューサー達が当日着るポロシャツのサイズ調査を行いました。

プログラムを作るために文字や絵を書きました。
当日どんなプログラムになったか是非見てみて下さいね♪

最後に広報班より、今日までのチケットの売り上げ速報を発表!
そして各班の活動報告を行い、本日の会議を終わりました。

プロデューサー達は学校のお友達に配るために沢山チラシを持って帰りました。

次回は6月10日(日)!
今後のジュニア・プロデューサーにもご注目下さい♪

公演概要
ジュニア・プロデューサー2018企画コンサート「0歳からのクラシック~思わずSHAKE~」
日時 2018年7月1日(日)11時開演(10時30分開場、12時終演予定、途中休憩なし)
会場 ミューザ川崎シンフォニーホール 市民交流室(4階音楽工房)
出演 東京交響楽団メンバーによる弦楽四重奏
ヴァイオリン:土屋杏子(東京交響楽団第1ヴァイオリン奏者)、坂井みどり(東京交響楽団第2ヴァイオリン・首席奏者)
ヴィオラ:多井千洋(東京交響楽団ヴィオラ・フォアシュピーラー奏者)
チェロ:川井真由美(東京交響楽団チェロ・フォアシュピーラー奏者)

◎チケット情報
全席自由 500円
※3歳以下ひざ上無料

公演の詳細はジュニア・プロデューサー2018企画コンサートをご覧ください。

※ジュニア・プロデューサーとは…
一般公募で集まった川崎市内小学4~6年生12名が、コンサート当日まで仲間とアイディアを出し合い、企画したり、チラシを作ったり、運営したりする企画です。
詳しくは、ジュニアプロデューサー過去のブログもご覧ください。

オープンハウスJACK報告会!

2018.05.28音の放課後プロジェクト! , リトルミューザ , オープンハウスJACK , 音の放課後プロジェクト! , リトルミューザ


リトルミューザのページへ戻る
昨日、リトルミューザが企画したオープンハウスJACKの報告会が実施されました。
今回リトルミューザのメンバーが企画したイベントは、指揮者体験「魔法の杖で僕たちを指揮して!」。
なかなかできない体験をしてほしい、来場者の想い出になってほしい、この機会を通してミューザの子ども向けイベントを知ってほしい、という3点を主な目的として実施しました。
【写真】指揮者体験の様子。弦楽四重奏を指揮する子ども。
今回の報告会では、単純にイベント実施についての反省だけでなく、
その目的が、今回のイベントで達成されたのか、来場された方たちにとってどんなイベントとなったのか、
実施による成果・効果も検証します。
【写真】報告書を作成中。
話し合いながら報告書を作成しました。
その内容がこちら!
【実施内容】
・東京交響楽団の方をお呼びしての指揮者体験(弦楽四重奏)
・フォトスポットの当日の運営(着替え手伝い・呼び込み・撮影手伝い)
【成果】
・参加者が思い出を作ることができた。
・たくさんの人に音楽に触れてもらうことができた。
・ミューザの体験イベントについて知ってもらうことができた。
【実績数】
・参加人数 61人
・チラシ配布枚数 200枚
【次回に向けた課題・改善点】
イベントについて
・最初から曲を短くしておけばよかった
・サングラスで怖がられてしまった
・曲を2曲くらいにしても良かった
・その場をもっと盛り上げられれば良かった
運営について
・事前連絡をしっかりしたい
・メインメンバーを増やしたい
・当日メンバーが多かった
・お互いの場所がわかるようにしておきたかった
改善していくためには
・事前にもっと分担しておきたかった
・当日をもっと想定して予定を立てておきたかった
・集合が少し遅かった

この報告書を手に、ホールのスタッフへ実施報告を行いました。
【写真】部屋の奥にリトルミューザ、手前にスタッフがずらりと座っています。
質疑応答で、最も予想外だったことは?という質問に
・参加人数が多く、並ばせても通行の邪魔になってしまったこと
・スタンプラリー(オープンハウスでの他のイベント)のことを聞かれたこと
・午前の部で並んでいた人がそのまま並んだこと
とありましたが、
他イベントのことについて質問を受けたことは想定外だったが、
「オープンハウス全体のことをきちんと事前に把握しておけばよかった」
という発言がメンバーから飛び出してきました。

ミューザの大人スタッフも、この言葉に驚き。
大人のスタッフ間でも、コミュニケーション不足によるトラブルや、認識不足による問題が多いものですが、
他者に問題を押し付けるのではなく、解決するために自分ができたことがあった、
と自分たちできちんと気づいていたのです!
今回のリトルミューザの経験を通して得た経験を、
メンバーたちが自らの成長に結びつけていることに関心してしまいました。

最後に今回のオープンハウスJACKメインスタッフとスタッフで記念撮影。
【写真】部長をセンターに、みんなで撮影。

オープンハウスJACKはこれにて一区切り。
夏から再びオペラプロジェクトが始動します!
引き続き、リトルミューザの応援を、よろしくお願いいたします◎

リトルミューザのページへ戻る

...23456...102030...

公式facebookページ

RECENT ENTRIES最近の投稿
CATEGORIESカテゴリー
ARCHIVESアーカイブ

ミューザ川崎シンフォニーホール

TEL044-520-0200

(10:00~18:00/土・日・祝も営業)

定休日:
年末年始12/29~1/3
保守点検日