• チケット購入方法トップ
  • 電話で予約(オペレーター)
  • 窓口で直接購入
  • ミューザWebチケット
  • その他プレイガイド

オフィシャルブログ

Official Blog

オープンハウスJACK始動!

2018.01.19音の放課後プロジェクト! , リトルミューザ , オープンハウスJACK , 音の放課後プロジェクト! , リトルミューザ


リトルミューザのページへ戻る
プロジェクト・ドン・ジョヴァンニの熱も冷めやらない1月。
すでに、次のリトルミューザ企画が動き出しています。
その名も、「オープンハウスJACK」!
ミューザ川崎シンフォニーホールでは、2015年から5月5日こどもの日に「オープンハウス」を実施しています。
オープンハウスとは、その名の通りハウス(ホール・劇場)をオープン(開放)する日。
入場無料で自由にホールに入っていただき、客席や普段は入ることのできない舞台裏の見学もできる日です。
その日をリトルミューザでJACKいたします!
今回の企画は、前回とは異なり、あえて少人数で進めることにしています。
リーダーをひとり決め、リーダーの企画を他のメンバーでサポートしていきます。

先日1回目のミーティングがありました。
まずはホールのロビーや通路を改めて見学。
【写真】ホールの通路を見学。
時々ミューザに来ているメンバーたちも、こんなにじっくりホールの通路やロビー、飾ってある美術品やサインボードを見て回るのははじめて。
【写真】ホール通路のいろんなところに写真や美術品が展示されています。
特にたくさんある美術品ひとつひとつに反応して、様々な角度から見学していました。
【写真】ホール4階客席の椅子に設置された足台も体験。
ホール4階客席から見下ろす舞台はいつもとはちょっと印象が違うようでした。
ホールですでに実施が決定しているイベントについての説明も行い、考えをまとめるためのお昼休憩。
午後は具体的に、リトルミューザで実施するメインのイベント決定のためのブレストを行いました。
【写真】テーブルを囲み、見学したときを思いだしながら、模造紙にアイディアを書き出します。

大きく
・コンサート
・(スタンプ)ラリー
・体験もの
とグループ分けされて、それぞれ具体的にどんなことができるか話を膨らませていきます。

その後どれをメインにするかの決定にあたり、リーダーから
「自分がやりたい企画を指さして、その後なぜやりたいかの理由をそれぞれ話して、お互いを説得しあいながら決定していく」
というルールが出されました。
せーので指さすと、
【写真】全員同じ案を選択。
全員体験イベント!
「なーんだ、みんなやりたいことは同じだったね」
【写真】企画が決まって、みんなで拍手。
ということで、リトルミューザの企画で、オープンハウス当日に体験イベントを実施します!

初回ミーティング後、別日に事務所へ作業しに来たメンバーより、意気込みをもらいました。

ミューザでのイベントオープンハウスJACKを任されたリトルミューザのれんれんです。
この企画はもちろん初めて!
イベントに来たことはあるけど企画・当日の仕切りをするのは、やっぱり、ひとつのミューザイベントだから緊張するところがありますが、頑張ります!

イベント詳細は続報をお待ちください♪
リトルミューザのページへ戻る

名曲全集第133回

2018.01.15コンサート レビュー


2018年1月13日(土)14:00開演
ミューザ川崎シンフォニーホール&東京交響楽団名曲全集第133回「天才作曲家たちのロシア音楽」が開催されました。

【出演】
指揮:飯森範親
ピアノ:アレクサンダー・ガヴリリュク

【曲目】
プロコフィエフ:交響曲第1番 ニ長調 作品25「古典交響曲」
プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第1番 変ニ長調 作品10
<ソリスト・アンコール>ムソルグスキー:組曲『展覧会の絵』から「キエフの大門」
ムソルグスキー/ラヴェル編:組曲「展覧会の絵」

写真=青柳 聡
【写真】マエストロと目線を合わせるガブリリュク氏。

【写真】すばらしい演奏に、手を取り合ってお客様にカーテンコール。

【写真】鋭い視線でオーケストラを指揮する飯森マエストロ。

【写真】この日のコンサートマスターは水谷晃さんでした。

出張わくわくミューザ「手作り楽器で手作りミュージック」

2018.01.10コンサート レビュー , 音の放課後プロジェクト!


ミューザのお隣、東芝未来科学館にて、出張わくわくミューザ「手作り楽器で手作りミュージック」が開催されました。この企画は、現在ホールにインターンとして所属しているスタッフが担当し、企画の制作・運営を行いました。

今回は身近な素材である風船やボール紙、ストローなどを使って、親子一緒に叩いたり振ったりして鳴らすことができる楽しい手作り太鼓を作成しました。
各回45分の楽器作り&リズム遊びで、4回開催。100名近くの方にご参加いただきました。

太鼓の皮には切った風船を使います。パンッと張った風船を叩くと、ボーンととても良い音が。
【写真】太鼓に風船を張る作業をしている様子。
風船を張る作業は子ども一人では少し大変ですが、無事にできて太鼓を叩いたとき、みんなとても嬉しそうな表情でした。頑張って作業した結果いい音が鳴り、達成感も大きくなりました。

太鼓の中には、小さく切ったストローが入っています。
【写真】太鼓の中に入れるストローを切っている様子。
すでに切られたストローもたくさん用意されていましたが、2~3歳のお子さんも「自分でやってみたい!」と積極的。
「道具を正しく安全に使う」ことも子どもが学ぶべき大切なことの一つです。
じゅうぶんな数の大人スタッフが安全を管理した上で、 あえてはさみを使用することにしました。
最後はシールを貼って完成です!
【写真】完成した太鼓にシールを貼る子どもの様子。ミューザや科学館のシールをたくさん用意して、自分だけのオリジナルなものに仕上げていきました。

最後のリズム遊びでは、いくつかのリズムを覚えて、みんなで一緒に演奏しました。
【写真】リズム遊びの様子。講師のはっぴーたーんのお二人のメロディと一緒に、作った太鼓を使ってリズム遊び。みんな楽しく演奏していました。
リズムだけでなく、音の強弱の表現にもトライ。
ただ“音のなるもの”を作ったのではなく、“楽器”を作るワークショップとなりました。

公式facebookページ

RECENT ENTRIES最近の投稿
CATEGORIESカテゴリー
ARCHIVESアーカイブ

ミューザ川崎シンフォニーホール

TEL044-520-0200

(10:00~18:00/土・日・祝も営業)

定休日:
年末年始12/29~1/3
保守点検日