• チケット購入方法トップ
  • 電話で予約(オペレーター)
  • 窓口で直接購入
  • ミューザWebチケット
  • その他プレイガイド

オフィシャルブログ

Official Blog

ラヴェル:ピアノ協奏曲ト長調―黒沼香恋(ピアノ)インタビュー

2020.03.04「スパイラル」バックナンバー , 「スパイラル」バックナンバー , 名曲のツボ , From_Muza , 未分類


「名曲全集第155回(公演中止・無料配信Liveの詳細はこちら)」に登場するソリストは、「ミューザ・ソリスト・オーディション2017」合格者の黒沼香恋さん。東京藝術大学3年生で、すでにさまざまな演奏活動をしている若きピアニストです。フランス音楽、特にラヴェルを愛する黒沼さんが今回演奏するのは、ラヴェルのピアノ協奏曲。今後さらにフランス音楽を深めたいと将来を描く、伸び盛りの音楽家が東京交響楽団と初共演します。

美しいオレンジ色の第2楽章
この曲と共に人生を歩みました
——黒沼香恋(ピアノ)

黒沼さんがピアノを習い始めたのは3歳ですが、それより前、お母様のお腹にいるとき家で流れていたモーツァルトのソナタを聴いていたため、言葉を話すよりも早く、1本指でそのソナタを再現していたのだとか!そんな生まれながらのピアニスト黒沼さんには「いつか弾きたい!」と長年願っている協奏曲があります。それがラヴェルのピアノ協奏曲です。そう思ったきっかけは黒沼さんのある特殊な感覚が関係しています。

「私には共感覚があるんです。つまり、音から色が見えます。小学5,6年生の頃、初めてラヴェルのピアノ協奏曲を聴いたとき、第2楽章で、とてもきれいで懐かしさのあるオレンジ色が全身にまとわりつく感覚がしたんです。あんなに美しい色を見たのは生まれて初めて。それからこの協奏曲の虜になってしまいました」

そんな第2楽章は、黒沼さんにとって特別な曲になります。

「人生に迷ったときの道しるべとなる曲というか、この曲と共に人生を歩んできた感じです。音楽の道に進むか迷ったときも、高校生のとき失恋したときも、第2楽章をずっと聴いていました」

しかし「懐かしさのあるオレンジ色」は一体何の色なのか……近いと感じたのは、都心から家へ帰る電車から見る夕方の風景の色。ところが2019年の夏、ついにその色の正体を見つけたのです。

「3月の演奏会を前に、作品をあらゆる角度から知りたいと思い、ラヴェルの故郷フランスのサン=ジャン=ド=リュズでのアカデミーに2週間ほど行ってきました。エメラルドグリーンの海がとても美しい町なのですが、そこで見る夕日の色が第2楽章のオレンジ色だったんです!ずっと探していた色がやっと見つかって、とても幸せでした」

ちなみに第1楽章と第3楽章は何色が見えるのでしょう。

「第1楽章は、黄色がはじけて始まり、グリッサンドでは黄色、緑、水色。オーケストラの音楽はキラキラと金色。第3楽章は土っぽい色が見えますが、やはり黄色が強いです」

3月の「名曲全集」は
これまでの集大成に

先ほど「音楽の道に進むか迷った」と語った黒沼さんですが、そもそもプロの音楽家になろうという意識はなかったそうです。

「小さい頃は、色が見たくてピアノを弾いているようなものでした。でも高校1年のときに全日本学生音楽コンクールで優勝して演奏会に呼ばれるようになり、意識が一気に変わりました。自分の考える音楽を人に伝える、そんな音楽作りに変化しました。今、演奏会で最も大切にしていることは、お客様とのコミュニケーションと空気感です。お客様と自分との間の空気を彩るような演奏を心がけています。お客様の反応は色で分かるので、空気が変わる音を出せるようにと思っています」

尊敬するピアニストは、2010年ショパン国際コンクールの覇者ユリアンナ・アヴデーエワです。

「大ファンです。迷いもなく突き進む演奏スタイルが好きですね。私は今、姿勢を直しているのですが、彼女の体の使い方や呼吸の仕方などを見て研究しています。これからも追いかけていきたい存在です」

黒沼さんが鳴らす色を私たちが耳でどう感じるか、本番が楽しみです。

ミューザ川崎シンフォニーホール友の会会報誌「スパイラル」Vol.63(2020年1月1日号)より転載
取材・文:榊原律子

【From Backstage: こんな素顔も】

「私の長年の夢が叶う演奏会です。日本でピアノ弾いてきた集大成の演奏になるよう臨みたいと思っています。ラヴェルの故郷で夕日を見たとき、オレンジ色から音も感じました。あの夕日の色を演奏に生かしたいと思っています」
そう語る黒沼さんの趣味はサッカー観戦。ピアノ歴と同じ年数レアル・マドリードのファンで、尊敬する人はジダンとC.ロナウド。特にC.ロナウドは、大切な場に彼のポスターなどをお守りとして持っていくほど大好き。夏のフランスのアカデミー滞在中、念願のマドリードのスタジアムへ一人旅。「ピッチに立ったとき、これがC.ロナウドが見てきた景色なのかと感激のあまり号泣してしまいました!」

*  *  *  *  *  *  *

ミューザ川崎シンフォニーホール&東京交響楽団 名曲全集第155回
無観客ライブ無料配信「東京交響楽団 Live from Muza!」
2020年3月8日(日)14:00開始

番組URLはこちら:
https://live2.nicovideo.jp/watch/lv324588340
「東京交響楽団 Live from Muza!」の詳細はこちら:
https://www.kawasaki-sym-hall.jp/news/detail.php?id=1230

[出演]指揮:大友直人
    ピアノ:黒沼香恋(ミューザ・ザ・ソリスト・オーディション)
    オルガン:大木麻理(ミューザ川崎シンフォニーホールオルガニスト)
    管弦楽:東京交響楽団

[曲目]ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲
     ラヴェル:ピアノ協奏曲ト長調
     サン=サーンス:交響曲第3番「オルガン付き」

ワークショップ「モーツァルトのてがみ」を先取り♪レビュー

2020.02.20From_Muza , 音の放課後プロジェクト!


今年度から活動を開始したミューザ・ワークショップ・インターン。
彼等が制作したワークショップの”お試し版”が昨年末に開催されました。

今回はお試し開催ということで、[ジュニア・プロデューサー]と[リトル・ミューザ]のメンバー限定に行われました。その様子をご紹介いたします。

* * *
一緒に演奏会や演奏会関連企画の制作を行ってきたもの同士というメンバーもいる参加者たちですが、久しぶりに顔を合わせるメンバーやはじめましてのメンバーも。
まずはリズムにのせて、みんなに名前を伝えるワークから始まりました。
続いて、誰もが知っている「キラキラ星変奏曲」のリズムに合わせ、体を使った簡単なリズム遊び。

モーツァルトについてちょっと情報が増えたところで、音楽づくり開始!
【写真】モーツァルトってどんな人?かを最初にご紹介。
2グループに分かれてメロディー作りを行います。

まずはリズムカードを使ってリズムの組み合わせを検討。
【写真】リズムカードを見ながら、リズムの組み合わせを考えるメンバー。
さらにモーツァルトから届いたお手紙をヒントにみんなでアイディアを膨らませ、
様々な楽器を使ってオリジナルの音楽を作り出します!
【写真】楽器を手に、アイディアを音になおします。

そして完成した音楽を発表!
【写真】お互いのグループの作品を聞きあいます。
最後には2つのグループの音楽から、ひとつの音楽が出来あがりました!
【写真】2グループの音楽を1つにまとめます!

最後に、大きく映し出されたオーケストラの楽譜で自分たちが使ったリズムカードのリズムを確認しながら、実際のモーツァルト作品を鑑賞します。
【写真】モーツァルトの楽譜をみながら、自分たちの作品と似たところを探します。
自分たちが作った音楽と同じ材料で、モーツァルトはどんな音楽を作ったのだろう?
みんな前のめりに楽譜を見て、最後まで集中して聴いていました!

この日の音楽づくりワークショップに集まったのは小学校4年生〜中学生の9名。
学校や学年を超えての協働作業に、感じたことや新しい発見、思ったことも様々なものだったようです。
【写真】参加したメンバーで記念写真♪

ーーーーーー
3月8日(日)に、インターン生の一年の学びの集大成として行われるワークショップでは、この音楽づくりの活動に加え、オリジナルのプログラムづくりも行います。
自分たちの作った音楽、感じたこと、新しい学びなどを言葉で表現してみることにも挑戦します。
(ここで作られたプログラムは、3/14(土)モーツァルト・マチネ、会場内にて掲示されます!)

ワークショップでは、音楽の専門的な知識を必要としません。
楽譜が読めなくても、楽器が弾けなくても大丈夫。
もちろん、音楽経験のある子もいつもと違う音楽との関わり方を発見することになるでしょう。

仲間と助け合いながら、そして自分の役割も自ずと見出されながら、そこにしかない音楽が紡ぎ出されていきます。
インターンの3名から、3月8日(日)当日への意気込みが届いています!

↓ミューザ・ワークショップ・インターンの3名
【写真】インターン3名の集合写真。
「こんにちは!ミューザ・ワークショップ・インターンです。
私たちは今年度、様々な文化施設や音楽団体で行われている
教育・コミュニティプログラムへの参加や見学をしてきました。
1年間の学びの成果として、3/8(日)にオリジナルワークショップを実施いたします。
(詳細は以下でご覧ください。わくわくミューザ「モーツァルトのてがみ」
※2/28追記:新型コロナウイルス感染拡大防止のため、3/8の本ワークショップならびに3/14モーツァルト・マチネ第40回公演は開催中止となりました。

このワークショップは3/14(土)に開催されるモーツァルト・マチネ第40回に付随したもので、
青少年世代の鑑賞者を増やすべく、本マチネコンサートで演奏される交響曲第35番<ハフナー> をテーマにしています。

音楽経験の有無に関わらず、音楽をつくり、奏でる楽しみ、モーツァルトの音楽を身近に感じること、初めて会う人との協働、コンサートという場に行きやすくなるためのコンサートマナーの体感など、音楽ホールならではの体験や学びを提供できるようプログラムを考えています。

私たちインターンが、新しい音楽との出会いをお手伝いします。
たくさんの皆さんにお会いできるのを楽しみにしています!」
_._._._._._._._._._._._._._._._._._._

ミューザ・ワークショップ・インターン Presents
モーツァルト・マチネ第40回関連ワークショップ
「モーツァルトのてがみ」
※2/28追記:新型コロナウイルス感染拡大防止のため、3/8の本ワークショップならびに3/14モーツァルト・マチネ第40回公演は開催中止となりました。
日時▽
2020年3月8日(日)
①10:00~12:00 ②13:30~15:30

場所▽
ミューザ川崎 市民交流室

対象▽
モーツァルト・マチネ第40回のチケットをお持ちの
①小学校4~6年生 ②中学校1~3年生
※ワークショップ当日にモーツァルト・マチネ第40回のチケットを購入することもできます。

詳細はこちらから
_._._._._._._._._._._._._._._._._._._

プロダクション・ノート―サラ・マンガノ(パントマイム)

2020.02.15From_Muza


いよいよ一週間後に迫った、オルガン×パントマイムの新たな美のコラボレーション。
初来日となるフランスの気鋭マイムユニット〈マンガノマシップ〉のサラ・マンガノさんから、今回どのように曲目からイマジネーションを拡げていったのか、その創作のヒントや世界観を教えていただきました。
ぜひ公演前にご一読ください。

プロダクション・ノート
文:サラ・マンガノ(パントマイム)

音楽とマイム、どちらも言葉を介さず物語を紡ぐ芸術である。
音とイメージが、目覚めたままの夢へと導いてゆく。
語られる物語があり、それぞれが独自の意味を見出す。
感情は震えるように高まり、澄んだパルファムのような感覚が私を魅了する。
そんなパルファムのような、瞬時にとらえることのできない感覚は、
私の体に刻み込まれた煌く感情や薄れかけた記憶と同じくらい、
強く私の心を捕捉する。

今回のプログラムでは、各作品にそってメタファー(隠喩)という視点から、
言葉なき詩を作り上げることを試みている。
ときに音楽が意味づけ、そしてイメージが夢の中を彷徨うように練り歩く。
ときにイメージが物語り、音楽がそこに生まれる感情を誇張する。
二つの芸術は互いに交差し、支え合い、
ときに共通の詩的振動の中で宙を翔けぬける。

第1幕:時代(とき)を超えたディアローグ
プログラムの幕開けは、大きな変容を遂げるバロック期。その“変容(メタモルフォーゼ)”という着想をもとに、男性と女性、気品に満ちた人間性と野性に満ちた動物性が対話する。社交ダンスの優雅な趣から、情熱的な抑えがたい感情が露わになる。

〈仮面たちの時空飛行ダンス〉では、バロック・バレエのアントレ(補注:前座のようなもので、短い喜劇であったり悲劇であったり、オペラであったりと様々な形がある)のようなものをイメージしている。短い舞台が、毎回異なったイメージや風景とともに次々と展開されてゆく。それはときに面白おかしく、詩的なファランドールである。

〈空を舞う風、鳥、そして聖霊〉では、空中に漂う神秘的な音楽からインスピレーションを受け、四季を巡る一人の放浪者に命を吹き込む。宙から舞い降りたかのような放浪者のマリオネットが旅する中、“時”と出会い、人間、ともすれば神の記憶を回想する。

第2幕:言葉に秘める音と動き
「3つの舞曲」では、“残像(レマナンス)”を表現する。相手に残した自身の痕跡、相手が自身に刻み込んだその痕跡の残滓(ざんし)。思い出が、肌で感じるほどの存在感を持ち、私を形作り、そして導いていく。「喜悦」、「愁傷」は混じり合い、失われた命への情に溺れまいと「闘争」する。

「オルガンのための詩曲」では、仮面が、生命の糸を紡ぐ寓意的な人物像となっている。希望へと続く延々たる道の上に、死への糸、生への糸は常に危うく交差しているのだ。

*  *  *  *  *  *  *

ホールアドバイザー松居直美企画「言葉は音楽 音楽は言葉」Ⅱ
パイプオルガンとパントマイムが紡ぐ物語

【日時】2020年 2月22日(土)14:00開演
【出演】オルガン:青木早希
    マイム:マンガノマシップ(サラ・マンガノ&ピエール=イヴ・マシップ)
【曲目】第1幕《時代を超えたディアローグ》
    ~バロック「歪んだ真珠」の弾き比べ~
    ルイ・マルシャン:グラン・ディアローグ 他
    ~仮面たちの時空飛行ダンス~
    バルトーク/イゾワール:ルーマニア民俗舞曲から 他
    ~空を舞う風、鳥、そして聖霊~
    メシアン:聖霊降誕祭のミサから 他
    第2幕《言葉に秘める音と動き》
    アラン:3つの舞曲から「喜悦」「愁傷」「闘争」
    柿沼唯:蓮花
    エスケシュ:オルガンのための詩曲から「誕生の水」「仮面」「希望へ」

公演詳細はこちら

...34567...102030...

公式facebookページ

RECENT ENTRIES最近の投稿
CATEGORIESカテゴリー
ARCHIVESアーカイブ

ミューザ川崎シンフォニーホール

TEL044-520-0200

(10:00~18:00/土・日・祝も営業)

定休日:
年末年始12/29~1/3
保守点検日