• チケット購入方法トップ
  • 電話で予約(オペレーター)
  • 窓口で直接購入
  • ミューザWebチケット
  • その他プレイガイド

オフィシャルブログ

Official Blog

ユニークな視点から音楽を学ぶ「MUZAミュージックカレッジ」

2021.11.23From_Muza


クラシック音楽について理解を深めたい、詳しくなりたい、と思ったときに、いきなり専門書を読んだりするのはハードルが高いもの。
かといって、いまさら「はじめてのクラシック」のような初心者向けの講座も物足りない、、、という皆様にぴったりのシリーズをご紹介します。
1月に開講するMUZAミュージックカレッジは、いわゆる音楽の教科書的な情報にとどまらず、むしろ自分ではなかなか取りに行けないようなユニークな知識や体験を提供することで音楽を多様な視点からながめ、楽しく理解を深めようという試みです。
会場は市民交流室、受講定員は50名で、大ホールでは味わえない講師や演奏家との親密な距離感も魅力です。

前回は港湾都市とパイプオルガンの関係や、音楽を《聴く》ことの科学、「パッサカリア」形式の曲作りを通じて作曲について考えるといった内容をお届けし、好評をいただきました。
前回(2021年1月~3月)の内容はこちら
2021年3月開催「聴こえる音の摩訶不思議な世界」の模様

お客様と一緒に「パッサカリア」の曲を作るワークショップの様子(Vn:水谷晃、Pf:松岡あさひ)

2022年も1月~3月まで毎月1回、3回シリーズでお届けします!

第1回 《知る―ロマン派のオルガン音楽》
講師:井上さつき(音楽学/愛知県立芸術大学音楽学部教授)
演奏:松居直美(ポジティフ・オルガン/ミューザ川崎シンフォニーホール・アドバイザー)

第1回は2022 年に生誕200 年を迎える作曲家セザール・フランク(1822-1890)をフィーチャーします。
優れたオルガン建造家カヴァイエ=コルが建造したオルガンとの出会いから数々のオルガン曲を残し、自身もサント・コルチルド教会のオルガニストとして活躍したフランクは、近現代フランスオルガン楽派の礎ともいうべき存在です。当時のフランス楽壇からは作曲家としてはあまり評価されませんでしたが、彼に作曲を師事したショーソンやダンディらはその音楽と無私な人柄に心酔し、「フランキスト」と呼ばれる一大楽派を築いていきました。フランクの生涯と作品の一端を、松居直美氏によるポジティフ・オルガンの演奏と、井上さつき氏の解説でお楽しみいただきます。日本語での書籍が少ないセザール・フランクについて、多彩なエピソードが聞ける貴重な機会です!

第2回 《聴く―音楽を「見る」!》
講師:横山真男(作曲家/明星大学情報学部教授)
演奏:多井千洋(ヴィオラ/東京交響楽団)
   濱﨑麻里子(フルート/東京交響楽団) ほか

第2回は目に見えない音楽を「見る」様々な試みについてご紹介します。
「音」という物理現象はどのように「音楽」になるのでしょうか。抽象的でつかみどころのない「音楽」や「音色」が、目で見えたらどんな面白いことが起こるのでしょうか。『科学で読み解く クラシック音楽入門』著者で、ストラディバリウスの音色分析などの研究も行う作曲家の横山真男氏が、データ解析から図形楽譜まで、音楽を《見る》ユニークな試みを豊富な事例と、東響メンバーの演奏とともにご紹介します。音楽と映像のコラボレーション作品もご覧いただきます。

第3回 《体験する―どなたのソナタ?あなたのソナタ!》
講師:福嶋頼秀(作編曲家)
演奏:水谷 晃(ヴァイオリン/東京交響楽団 コンサートマスター)
   松岡あさひ(ピアノ/作曲家)

前回大好評をいただいた「50人のパッサカリア」に続き、今回はクラシック音楽の基本的なフォーマットである「ソナタ形式」を取り上げます。
楽曲解説でもよく目にする「ソナタ形式」という音楽用語。なぜソナタ形式は大ヒットしたのか? そのヒミツを作曲家の福嶋頼秀氏がレクチャーします。
参加者のみなさまと簡単な音楽づくりのワークショップを通じて、ソナタ形式の知識をインプット、楽曲としてアウトプットします。
今回も水谷晃(Vn)&松岡あさひ(Pf)両氏が出演、ヴァイオリン・ソナタの名曲の演奏もお楽しみに!

各回とも最後に質問コーナーを設けます。ぜひ積極的にご参加ください。

チケットは11月25日より一般発売です。
各回3000円、全3回セット券7800円。
なお、参加者には給食として東京交響楽団オリジナル「東響米」のおみやげがつきます。
前回も大好評につき、ぜひお早めにお申込み下さい!

詳しくはこちら

ジュニア・プロデューサー2021 スペシャルミーティング開催!

2021.11.23音の放課後プロジェクト! , ジュニア・プロデューサー , ミューザの日 , 音の放課後プロジェクト!


11月13日(土)、ジュニア・プロデューサー2021のスペシャル・ミーティングが行われました!

7月1日のミューザの日に開催された、「音楽を身近に感じよう!!ハッピーコンサート」を企画したジュニア・プロデューサーたち。今日はその振り返りや今後の展望を話すミーティングです。

本番から約4ヶ月、久しぶりに集まりましたが、全く久しぶりという感じはなく、再会した瞬間から元気いっぱいです!

まずは、全員でコンサートの映像を見て振り返り。

それぞれに色々な表情で映像を見つめていました。

観賞後には、「お客さまがどうしてあんな反応をしているのかわかった!」と、改めて客観的にコンサートを見たことで違う視点が見えたメンバーも。

 

その後に、メンバーで意見を交換しました。

今日は、

・最も心に残っていること

・一番頑張ったこと

・もっとこうすればよかった!という反省点

・反省点を改善するためにどうするか

・今後ミューザでやってみたいこと

を議題にミーティングをしました。

 

「心に残っていること」という議題では、それぞれが今回のコンサートで果たした役割の経験(司会、演奏に参加できたこと、レセプショニストとしてお客様のご案内をしたことなど)について、実際にやってみてどう思ったかも話してくれました。

当日起きた予想外の出来事や、その時の気持ちや対応についてもメンバーと共有します。

その他にも、「他の学校・学年のメンバーと一つのものを作れたこと」が心に残っている、という意見もありました。

それぞれが積極的に発言し、同じ意見のメンバーがいることがわかったり、違う視点の意見を受けて、さらに議論が広がったりするなど、どんどん意見交換が広がっていきます!

特に最後の議題、「今後ミューザでやってみたいことは?」という議題では、このメンバーならではの相乗効果で、様々なアイディアが飛び出しました!

・今度は音楽ホール(座席数1997席)でコンサートを企画してみたい

・コンサートで川崎の魅力を伝えるため、川崎ゆかりの曲を演奏してほしい

・自分たちでハンドベルや合唱で演奏に参加したい

・今年の自分たちの活動をこれからのジュニア・プロデューサーに伝えたい

・ジュニア・プロデューサー募集のチラシに経験者の声や過去の活動の様子、応募のきっかけなどを載せてほしい

・ジュニア・プロデューサー募集のチラシを自分たちで作ってみたい

そんなアイディアあふれるメンバーへ、卒業生向けの「リトルミューザ」で中学生になっても色々なアイディアを形にできるよ!とミューザスタッフからのご案内も。

また、最後に竹内部長からは、メンバーからの新しいアイディアへのコメントとともに、これからも自分でどんどん調べて色々なものにチャレンジしていってほしいという激励が!

激励をしっかりと受け取ったメンバーからは、「ジュニア・プロデューサーはまだまだ続く!」という言葉も飛び出しました。

ジュニア・プロデューサー企画での活躍のみに関わらず、小さなプロデューサーたちの今後が楽しみです。みなさん、これからも応援よろしくお願いします!

 

最後に、、9代目ジュニア・プロデューサーのみんな、本当にお疲れ様でした!!

 

※ジュニア・プロデューサーとは…

一般公募で集まった川崎市内小学4~6年生6名が、コンサート当日まで仲間とアイディアを出し合い、企画したり、チラシを作ったり、運営したりする取り組みです。

詳しくは、過去のブログもご覧ください。

 

アートの炎が心をあたためる♪ Colors かわさき展開催中(~11月21日)

2021.11.17From_Muza


川崎市では障害のあるなしに関わらず文化芸術活動に取り組むまちづくりが行われています。
8月のフェスタサマーミューザKAWASAKIでも、特別支援学校のみなさんと作った音楽を東京交響楽団が演奏するなど、ミューザを舞台としたイベントも年間を通して開催されています。

今回は、(公財)川崎市文化財団が展開するパラアート推進事業の一つとして開催されている「Colors かわさき2021展」をご紹介します。

Colors かわさき2021展

今年のテーマは「アートの採火で未来へつなぐ」
全国各地から集められる火によってパラリンピックの聖火が誕生するように、パラアートに取り組む人、パラアートを応援する人の熱意が色とりどりのアートとともに集結しました。

会場は、ミューザ川崎4階《音楽工房》の企画展示室です。
チケットカウンター(総合案内)の右手の自動扉を入ったところにあります。

この展覧会、なんと撮影OK!なんです。
たくさんの作品の中から、少しだけご紹介します。

テーマ「アートの採火で未来へつなぐ」にちなみ、炎のように展示されているのは川崎市立聾学校、中央支援学校分教室、田島支援学校のみなさんの作品たち。

ミューザ友の会の会報誌「スパイラル」の表紙を飾ったstudioFLATのみなさんの作品も展示されています。

ミューザ川崎×studioFLATによる表紙作品

会員のみなさま、見覚えありますでしょ?

小林祥平 「Fireworks」

大槻蒼波 「花火」

大槻さんの作品は、パルシステムの【のんびる】2021年11・12月号にも掲載されました。⇒記事

他にも思わず目を奪われる作品が並んでいます。

Ari 「富士山」

半澤真人「山茶花」

これも面白いですねー。
南武線「大好きなもの」

この作品は、ピアノを演奏しながら、イメージして描いたそうです。
Dream Aki「幻想曼荼羅」

独特のとぼけた感じが魅力なキャラクター。
藤本開「トレンディドラマの主人公たち」

このお花もかわいい。
積田武志「どこまでも広がるお花畑」

色とりどりの作品から、インスピレーションをもらったりほっこりしたり。
アーティストの思いが詰まった作品をぜひ観にいらしてください。
会期は今週日曜日、11月21日まで。入場無料です。

Colors かわさき2021展 くわしくはこちら

公式facebookページ

RECENT ENTRIES最近の投稿
CATEGORIESカテゴリー
ARCHIVESアーカイブ

ミューザ川崎シンフォニーホール

TEL044-520-0200

(10:00~18:00/土・日・祝も営業)

定休日:
年末年始12/29~1/3
保守点検日