• チケット購入方法トップ
  • 電話で予約(オペレーター)
  • 窓口で直接購入
  • ミューザWebチケット
  • その他プレイガイド

オフィシャルブログ

Official Blog

史上最年少優勝!吉村妃鞠さんの快進撃はつづく

2021.09.22From_Muza


9月17日、リピンスキ・ヴィエニヤフスキ国際ヴァイオリンコンクールで吉村妃鞠さんが優勝。共同通信が報じ大きなニュースとなりました。

10歳の吉村妃鞠さんグランプリ 国際バイオリンコンクール(共同通信/Yahoo!ニュース)

このコンクールは3年に1回開かれ、若手ヴァイオリニストの登竜門となっています。
(なお、同じ作曲家の名前を冠しているヘンリク・ヴィエニャフスキ国際ヴァイオリン・コンクールとは別のコンクールです。ややこしいですね💦)
このコンクールでは17歳未満のジュニア部門と17歳から25歳までのシニア部門があり、特にジュニア部門の入賞者はこれまでワディム・レーピン、マキシム・ヴェンゲーロフ、樫本大進、庄司紗矢香など錚々たるソリストが名を連ねています。
その中で、なんと吉村妃鞠さんは史上最年少の10歳で優勝!! これがいかにすごいことか、お分かりになるかと思います。

吉村妃鞠

しかし吉村さんにとってこれも、もしかするとただの通過点なのかもしれません。
3歳でヴァイオリンをはじめ、5歳のときにはオーケストラと共演。初めて外国に行ったのはベルギーで行われたグリュミオー国際ヴァイオリンコンクールに出場した小学1年生のとき。そのコンクールで第1位となり、すでに国内外42ものコンクールですべて第1位に輝いています。前述のレーピンやヴェンゲーロフの師でもある名教師ザハール・ブロン氏からもその才能と音楽性を絶賛されています。
4歳のときには漢字検定9級を史上最年少で満点合格し、表彰を受けたことも。

フェスタサマーミューザKAWASAKI2021では、渡邊一正指揮、神奈川フィルハーモニー管弦楽団をバックに愛らしい姿から紡ぎだされた堂々たるチャイコフスキーに感銘を受けました。

8月8日(日)出張サマーミューザ@しんゆり!神奈川フィルハーモニー管弦楽団 公演概要
吉村妃鞠インタビュー(当日プログラムより)
演奏会レビューとお客様の感想(ほぼ日刊サマーミューザ)

全曲をはじめて弾いたのはこの演奏会だったそうですが、嬉しいことに2021年の大みそかはミューザ川崎シンフォニーホールで再び吉村妃鞠さんのチャイコフスキーを聴くことができます!
現在慶應義塾幼稚舎4年生。将来も楽しみではありますが、吉村さんの「現在」をぜひ聴きにいらっしゃいませんか?

2021年12月31日(金) 15:00開演 MUZAジルベスターコンサート2021

【出演】
指揮:秋山和慶
ピアノ:牛田智大
ヴァイオリン:吉村妃鞠
チェロ:佐藤晴真
管弦楽:東京交響楽団

【曲目】
ショパン:ポロネーズ第6番 変イ長調(ピアノ・ソロ)
ショパン:アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ 作品22(管弦楽版)
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品35
ドヴォルザーク:チェロ協奏曲 ロ短調 作品104

ポートレート写真:Hitoshi Iwakiri
演奏会写真:藤本史昭

歳をとると音楽の聞こえ方は変わる?

2021.09.15From_Muza , コンサート レビュー


自分の耳は老化しているのか? 音楽鑑賞をされる皆様には気になるトピックですよね。
最近、「耳年齢」の判定ができるサイトがTwitterやネットニュースで話題となっています。

サイトはこちら。
https://panasonic.jp/hochouki/download/dagehg/hearing2.html

このサイトはパナソニックの補聴器普及促進用に作られたものだそうですが、一般の方がTwitterで投稿したことで様々な年代層の方がトライして話題になりました。

今年3月に開催した「MUZAミュージックカレッジ」では、作曲家で早稲田大学教授の菅野由弘さんが「聴こえる音の摩訶不思議な世界」と題して講義を行いました。
その中で、実際に可聴域といわれる音(20Hz〜20000Hz)がどこまで聞こえるかという実験を行ったのです。
「耳年齢」でも話題になっているのは、高周波が聞こえなくなるという事実。果たして・・・?

周波数の高さが上がっていくと、だんだん、手が挙がらなくなっていきます。最後に残ったのは20代のスタッフでした。
なお、菅野さんは毎年大学生でテストをするそうですが、20000Hzまで聞こえたのはこれまで1名しかいなかったとのことです。
人類は加齢によってピッチ(音程)が上がっていくので、絶対音感保持者の菅野さんも、現在では、ほぼ半音高く聞こえるそうです。
絶対音感保持者の菅野さん自身が、絶対音感が狂ったと確信したのは、学生の曲をSkypeで聞いて、評価、アドヴァイスしていたところ、「なんでこんな弾きにくい調で書くのだろう?」と疑問に思ったその瞬間、「理工学部の学生が、こんな調で作曲するはずがない。これは自分の耳の方がおかしい」と気づいたそうです。半音高く聞こえていたことに、ショックを受けたとの事でした。
この実験を通して、「聞いている音は一人ひとり違う」ということを実感していただきました。
また、身体的なことだけでなく、聞こえ方は環境の影響も受けます。たとえばパイプオルガンの重低音はパソコンでは聞こえないし、マスクをすることも吸音材を耳の近くに置いているのと同じなので、ホールの中ではコロナ以前と聞こえる音が変わっている可能性がある。同じ音を聞いているつもりでも身体や環境によって聞こえ方が変わる、という事実は、自分ではなかなか確かめようがないことなので、非常に興味深いお話でした。

この日は東京交響楽団のファゴットセクションによる演奏をお楽しみいただきました。
(出演:福井 蔵、福士マリ子、坂井由佳、前関 祐紀)
なかなかじっくり聴く機会のないコントラファゴットも2本登場し、ファゴットが林立する楽しいステージに。

コントラファゴットは木管の最低音楽器。最高音はもちろんピッコロ。
では、この2つの楽器でデュオをしたらどうなる!?という実験的な新曲をこの日のために作曲していただきました。
現代作品から大河ドラマ「炎立つ」など数々の劇伴作品なども手掛ける大巨匠の菅野先生に「八百屋が来たから野菜ちょうだいという気軽さでミューザのスタッフに作曲を頼まれまして」とトークでばらされ(冷汗)、作っていただいた曲は題して「象とゾウリムシ」。ピッコロ演奏は東京交響楽団フルート&ピッコロ奏者の高野成之さん。

地を這うような低音と、耳をつんざくような高音。音域が違いすぎて、チューニングすらお互い合ってるのかどうなのか?という状態!
貴重な鑑賞体験でした。再演はあるのでしょうか!?

さて、周波数のお話しに戻ります。
高周波の音が聞こえなくなってくるということは、聞こえる音がどんどんマイルドに、柔らかくなっていくということ。
「最近あのオーケストラは音が変わったね」「このホールは建設から何年も経って音がマイルドになった」
お客様からそんな感想もよく聞きます。しかし、昔聞いた音と今聞こえている音が違うのは、もしかすると自分自身の音の聞こえ方が変わってしまった面が大きいのかも・・・? 改めて考えるとちょっとショックなお話かもしれません。

しかし、菅野さんは加齢によって耳の機能が変わったり、他の人と聞こえ方が違うということをネガティブにとらえる必要はないと語ります。人間はそれぞれ違う音の世界に生き、違う感性で音楽を受け取り、一人一人に違う感動があるのです。その違いこそが音楽でいう「共有」であり、「共有」が同じ体験を意味しないことこそが芸術のすばらしさである—講義の最後に語られたお話に耳から、、いや目からうろこが落ちました。

聞こえ方は人それぞれ、なんなら年齢によって音の世界は変わっていくもの。
その音世界の中で、自分が素敵だと思う音を見つける体験こそが音楽鑑賞であり、形を変えながら一生付き合える素晴らしい趣味だと言えるのではないでしょうか。

次回のMUZAミュージックカレッジは2022年1月~3月に開催予定。
また「聴く」ことについての科学的なアプローチのお話も予定しています。
10月中旬に詳細を発表します。どうぞお楽しみに!

ほぼ日刊サマーミューザ2021 こちらからお読みいただけます

2021.08.08サマーミューザ , ほぼ日刊サマーミューザ , サマーミューザ


毎年大好評! サマーミューザの期間限定日刊紙「ほぼ日刊サマーミューザ」は、今年も期待にお応えして発行いたします。
今年はこちらのページに最新号およびバックナンバーを掲載いたします♪

▶ほぼ日刊サマーミューザ2021 コンテンツ紹介
〈コンサートレビュー〉
プロカメラマンによる公演写真や名だたる音楽評論家・音楽ライターの皆様のご協力による
最速レビューをお楽しみに。

〈パートナーショップのグルメレポート、スタッフ日誌、etc.〉
裏面はサマーミューザやコンサートをもっと楽しむコンテンツ。それぞれの記事はミューザの制作、広報、管理、舞台、受付、チケットセンターなどあらゆる部署のスタッフが執筆しています。

〈夏音クイズ〉
ミューザやサマーミューザ出演者から毎日Twitterで出題。
これを見ればサマーミューザがもっと楽しくなるかも?
何問解けるか挑戦!

バックナンバー(PDFファイルが別ウィンドウで開きます)

7月22日_第1号(みんな大好き夏音号)1.7Mb
7月23日_第2号(開幕の響きは、大いなる冒険の始まり号)956Kb
7月24日_第3号(交錯し火花を散らすクラシックとジャズ号)1.8Mb
7月25日_第4号(ボレロで圧倒的大団円!号)1.2Mb
7月26日_第5号(金メダル級スーパープレイ号)1.1Mb
7月27日_第6号(圧巻の「新世界」号)1.0Mb
7月28日_第7号(鈴木雅明×読響のロシア・プロ号)1.8Mb
7月30日_第8号(川崎に吹き抜けたウィーンの風!号)1.2Mb
7月31日_第9号(若人たちの熱気あふれる舞台!号)1.2Mb
8月1日_第10号(コンビ6年の成果ここにあり!号)1.8Mb
8月3日_第11号(ミューザの夏はバッハの夏!号)1.6Mb
8月4日_第12号(神奈川フィルの力を存分に引き出す快演号)1.8Mb
8月5日_第13号(京響初登場!豊麗な古都の風号)1.9Mb
8月6日_第14号(ひさびさのマーラー 気合の大管弦楽が鳴り響く号)1.2Mb
8月7日_第15号(バッティストーニの底知れぬ情熱に大興奮!!号)1.1Mb
8月8日_第16号(心震える「エグモント」号)1.6Mb
8月9日_第17号(これを聴き逃すのはもったいない!号)1Mb
8月10日_第18号(人間から地球へ ~ 持続する「共生」を音楽で描く!号)1.5Mb

公式facebookページ

RECENT ENTRIES最近の投稿
CATEGORIESカテゴリー
ARCHIVESアーカイブ

ミューザ川崎シンフォニーホール

TEL044-520-0200

(10:00~18:00/土・日・祝も営業)

定休日:
年末年始12/29~1/3
保守点検日