• チケット購入方法トップ
  • 電話で予約(オペレーター)
  • 窓口で直接購入
  • ミューザWebチケット
  • その他プレイガイド

オフィシャルブログ

Official Blog

安全・安心なコンサート鑑賞のために

2021.07.09From_Muza


2021年も、新型コロナウイルス感染症の収束が見えない状況で「フェスタサマーミューザKAWASAKI」を開催することとなりました。

ミューザ川崎シンフォニーホールは、昨年、有観客コンサートの再開がまだほとんど行われていない時期に、感染症対策を講じてフェスタサマーミューザKAWASAKIを開催いたしました。600席限定からの慎重なスタートでしたが、その後も感染症対策について来場者数やイベントの性質に合わせ、細やかな対応を行ってまいりました。


昨年のサマーミューザ オープニングコンサート。指揮者のジョナサン・ノット氏が来日できず、収録映像による指揮という挑戦が大きな話題となりました。

 

主催公演では毎回、感染症対策について振り返りを行うとともに、コロナ対策についてお客様にアンケートを実施し、状況把握と改善に役立てています。


2020年度主催公演の来場者アンケートから

 

ミューザでは基本的に、コンサート終演後に、使用したすべての座席を消毒しています。
当日できる場合もありますが、夜間に及ぶ場合は翌日以降に行うこともあります。フェスタサマーミューザのように公演やリハーサルが連続する日程の際にも、この消毒スケジュールは必ず確保しています。また、公演中にはホール外のロビーやドアなどの消毒も行っています。


ミューザの客席は約2000席。その日の使用エリアによって、消毒範囲も異なります。

 

コンサートの開場時には多くの人が一時的に集まりますので、多くの対策が必要となります。


開場前に行うスタッフミーティングで、各部署に情報共有を行います。

 

 


検温する機器のチェックも毎回行います。公演内容によりお客様の年代などに合わせ、向きや位置を調整しています。

 

 


最も滞留する入り口で密集が起こらないよう、係がサインやお声がけで列を調整しています。

 

 

今年の夏も、出来る限りの対策を講じてお待ちしております。

ご来場のお客様には、入場時の手指消毒と検温、マスクの常時着用をお願いしています。
特にマスクに関しては、安心な鑑賞環境を確保するため、どうかご協力をお願い申し上げます。

フェスタサマーミューザは、今年も映像配信を行います。
ご来場に懸念のあるお客様は、ぜひこちらでお楽しみください。

フェスタサマーミューザKAWASAKI2021情報はこちら

ミューザ川崎シンフォニーホールの取り組みとお願い

ミューザ川崎シンフォニーホールにおける新型コロナウイルス感染症拡大予防ガイドライン

第6回!ジュニア・プロデューサー2021!

2021.06.30音の放課後プロジェクト! , ジュニア・プロデューサー , 音の放課後プロジェクト!


6/27(日)は第6回目のジュニア・プロデューサーの活動日でした。

 

今日は当日出演してくださる東京交響楽団のみなさんとの打ち合わせからスタートです。

まずは名刺交換でごあいさつ!

企画班から、出演者のみなさんに台本の内容を共有します。

 

東京交響楽団のみなさんからは、MCの長さのことなど、演奏会全体の時間を考えてのアドバイスをいただきました。

 

また、今回はお客様も一緒に演奏するコーナーを企画しているプロデューサーたち。

このコーナーを当日どんな風に進めたいのか、演奏者の方と共有し、一緒に考えます。

当日演奏するための楽器として、キッチン用品を持ってきたプロデューサーも。

東京交響楽団のみなさんから、音量のバランスのこと、演奏の仕方など色々なアドバイスをいただきました。

実際にヴァイオリンの音に合わせてみんなでリハーサル!

とっても楽しいコーナーになりそうで当日が楽しみです。

ご来場のみなさん、どうぞお楽しみに!

 

その後、当日の時間のことなどを再確認し、出演者の方との打ち合わせは終了。

チケットも完売したとの報告を受け、各班での作業にも熱が入ります・・!

 

ーーーー

  • 企画班

出演者との打ち合わせの後は、出演者の皆さんからのアドレスをもとに、MC原稿の見直しを行いました。

その後は、実際に読み上げてみて、MCの練習を行いました!

ーーーー

  • 広報・運営班

今日も班の中でさらに手分けして、作業を進めます。

まずは、今日完成させる予定のプログラム!

先日お願いした出演者の方からのメッセージも届き、プログラムに載せたいデータがこれで揃いました!

その横では、招待状作りも並行して進めます。

当日の役割分担についても話し合い、後はいよいよ前日の会場準備を待つのみです!

 

ーーー

その後はメンバー全員での報告会です。

 

  • 企画班

・特に演奏に参加するコーナーの部分を中心に、台本の読み込みを進めました。

・演奏に参加するコーナーで必要な楽器になるものを、9セット集めなくてはいけないので、広報運営班のメンバーにも協力してほしいです。

・楽器はうるさいなと思うぐらい大きな音が出るものをできるだけたくさん、次回の活動に持ってきてほしいです。

 

  • 広報・運営班

・プログラム、招待状を作成しました。

・当日の役割分担を行ないました。企画班からも1人、当日のお客様のご案内を手伝ってほしいです。

 

いよいよ残すところ本番前日とコンサート当日のみ!

このブログで様子をお伝えしますので、みなさんぜひ最後まで応援よろしくお願いします!

 

※ジュニア・プロデューサーとは…

一般公募で集まった川崎市内小学4~6年生12名が、コンサート当日まで仲間とアイディアを出し合い、企画したり、チラシを作ったり、運営したりする企画です。

詳しくは、ジュニアプロデューサー過去のブログもご覧ください。

 

巨匠指揮者も大好き!JRトレインフェスタ今年も開催

2021.06.30From_Muza , ミューザの日


「ミューザの日」恒例となっている「JRトレインフェスタ」は、ミューザ最寄り駅のJR川崎駅をはじめとするJR東日本川崎地区の皆様のご協力により2015年より開催しています。

今年6月1日に第71代川崎駅長に就任した磯崎正彦駅長も、インタビューでミューザとの連携について触れてくださいました。

第71代川崎駅駅長を務める 磯崎 正彦さん(タウンニュース)

ミニ電車や、Nゲージの運転体験、プラレール体験、JR職員による安全教室など、子どもたちが喜ぶ楽しい体験が盛りだくさんです。

2021年は感染症対策のため、イベントを縮小し、場所をカワサキデルタに移して開催します。
Nゲージは展示のみ、また電車模型との記念写真や、ビデオ上映などを行います。
そして、お楽しみトレイングッズの販売は今年も開催します。

クラシック音楽会きっての鉄道ファンとして知られる指揮者 秋山和慶さんも、毎年ミューザの日のトレインフェスタを楽しみにしている一人。


写真提供:広島電鉄株式会社

秋山和慶さんは、毎年「ミューザの日 ウェルカムコンサート」で東京交響楽団の指揮をされています。この日は必ず、リハーサルの合間にトレインフェスタにお出かけ。何年か前には大人買いしたトレイングッズを両手に抱えて楽屋にお戻りになったことも! 今年のトレインフェスタもお出かけになるとみられます。

ミューザの日2021はトレインフェスタ、ウェルカムコンサートをはじめ、様々なイベントをご用意してお待ちしています。ぜひお出かけください。
詳しくはこちらから

公式facebookページ

RECENT ENTRIES最近の投稿
CATEGORIESカテゴリー
ARCHIVESアーカイブ

ミューザ川崎シンフォニーホール

TEL044-520-0200

(10:00~18:00/土・日・祝も営業)

定休日:
年末年始12/29~1/3
保守点検日