• シンフォニーホール

  • 音楽工房

  • チケット購入方法トップ
  • 電話で予約(オペレーター)
  • 窓口で直接購入
  • ミューザWebチケット
  • その他プレイガイド

オフィシャルブログ

Official Blog

ピアニスト岡田奏さんインタビュー その2(5月28日「名曲全集」)

2017.05.26From_Muza


前回に引き続き、5月28日に開催する「名曲全集 第127回」に出演するピアニストの岡田奏さんに今回のコンサートについて伺いました。
インタビューその1はこちら

(c)Riho Suzuki

インタビュアー 小室敬幸(作曲・音楽学)

――15歳から10年間フランスで研鑽を積まれた岡田さんですが、レパートリーはやはりフランス音楽が中心なのでしょうか?
やはり「フランスもの」は沢山弾いてきていますね。ドビュッシーなどの近現代のものだけじゃなく、学校ではピアノフォルテ(ピアノの古楽器)やチェンバロの授業やレッスンもあったので、ラモーやクープランといったバロック音楽も演奏します。
「フランスもの」はもちろん弾いていきたいし、得意な分野であるんですけど、「ロシアもの」もラフマニノフとか昔から沢山弾いてきたので引き続きやりたいというのもあります。ドイツの建築物みたいなすごく大きな作品にも興味があるので、ブラームス、ベートーヴェン、バッハ辺りも力いれていきたいです。
フランスにずっといると、ベートーヴェン弾く時に「あんまりイメージないね」とかって言われることが多いんです(笑)。だから、そこも固めたいというか、レパートリーにしっかりと組み込んでいきたいんです。フランス人はあまり「ドイツもの」をやらないイメージがあるようですが、実は凄く素晴らしい人たちがたくさんいるし、その人たちからの流れもちゃんと受け継いでいけたらなと思っています。

――そうした先人たちが築かれてきたものを受け継ごうと考えていらっしゃるのですね。以前、受けられていたインタビューでは一番の憧れのピアニストとしてマルタ・アルゲリッチさんの名前を挙げていらっしゃいましたが、岡田さんは、ある曲ではアルゲリッチのような火を吐くような演奏をされたかと思うと、他の曲では別人のような演奏だったりと振り幅が大きいことに驚かされます。ご自身としては、どう思っていらっしゃいますか?
「毎回会うたびに服装も違うので同じ人じゃないみたい」っていうのを、よく言われるんです(笑)。自分の中に色んな側面があるので、それを曲によって幅を広げ、「今日はこういう自分でいこう」っていうのは普段から意識していますね。だから感じ方とか表現の仕方というのが毎回違うのかと思います。

――さて、5月28日(日)の14時から東京交響楽団とサン=サーンスのピアノ協奏曲第5番「エジプト風」を共演されますが、少し珍しい演目ですよね。コンサートで弾かれるのは初めてでしょうか?
はい、そうなんです。初めてオーケストラとは共演させていただくんですけど、基本的にサンサーンスはすごく馴染みは深いです。室内楽もこれまで沢山弾いてきました。この曲はエジプトの匂いが凄くしますけど、どちらかというと響きの感じだったりとかもすごくフランス的です。

――岡田さんから見て、サン=サーンスの音楽の魅力はどこありますか?
やっぱり和声の移り変わりの色の多彩さですね。それはフランス音楽全般がそうだとも言えますが、変えようと思って変わるものではないというか、自然な流れのうちに「ああ、こう変わっていくんだな」っていうのを客観的に聴きながら弾くという感じなんです。そういうのが随所にあるので本当に魅力的でいつも意識しているのですが、でも無意識のように聴かせるっていうのが魅力だなと思います。

――無意識のようにというのは難しさでもありますよね。
「やっちゃってる感」が出ないのが大事なんですよ。心の移り変わりですとか、温度の移り変わり、自然の中にあることを自分がその曲に取り合わせていくんです。

――フランスの音楽を演奏する際には「エスプリ esprit」(フランス人の気質)が大事だとよく言われますが、岡田さんはエスプリをどのようなものだと捉えていらっしゃいますか?
空気、水、自然……絶対に変わらないものはないとフランス人はいうんです。だから人も変わるし、建物も古くなったり、使えなくなったりとか、絶対永久に同じ状態でいることはない。その虚ろな移りかわりを楽しむのがエスプリなのかなと思います。

――28日の本番が今からとても楽しみです!興味深いお話をありがとうございました。

ミューザ川崎シンフォニーホール&東京交響楽団 名曲全集第127回

2017年5月28日 (日) 14:00開演

指揮:ヘルムート・ライヒェル・シルヴァ
ピアノ:岡田 奏

ムソルグスキー:歌劇「ホヴァンシチナ」から ペルシャの奴隷たちの踊り
サン=サーンス:ピアノ協奏曲第5番 ヘ長調 「エジプト風」作品103
リムスキー=コルサコフ:交響組曲シェエラザード

当日券あり! 13時から販売します。詳しくはこちら

ピアニスト岡田奏さんインタビュー その1(5月28日「名曲全集」)

2017.05.26From_Muza


5月28日に開催する「名曲全集 第127回」に出演するピアニストの岡田奏さんは、昨年エリザベート王妃国際音楽コンクールのファイナリストとなったことが記憶に新しい、期待のピアニストです。今回、はじめてミューザで東京交響楽団と共演する岡田さんに、これまでのピアノ人生、そして今回の曲目について伺いました。

(c)Riho Suzuki

インタビュアー 小室敬幸(作曲・音楽学)

――そもそも、ピアノをはじめられたきっかけは何だったんでしょうか。
両親ともにピアノを弾いていたので、家にピアノが普通にありました。だから、最初はおもちゃの感覚で2歳ぐらいからピアノを触っていたようです。
ピアニストである父は身体が結構大きいので真似して、あっちいったり、こっちいったりしながら鍵盤を触っていたら、ピアノの椅子って左右の手すりがないので、そのまんま「ぐわっ」と落っこちたりして(笑)
そして3歳頃からは、外の先生にピアノを習うようになりました。

――プロフィールを拝見すると、その後8歳のときにはリサイタルを開かれたとのことで早熟ぶりがうかがえます。ところで、そのまま日本で勉強して国内の音楽大学に進学するという選択肢もあったかと思うのですが、何故いきなり15歳のときにフランスへ留学されたのでしょうか。
9歳の頃に一度、オーストリアのウィーンとか、オランダとか、フランス、ポーランドとか、ヨーロッパの色々な国に行ったことがあるんです。そのなかでパリを訪れたときに、すごいインスピレーションを受けたんです。「わたし、この国が大好きだ!」と思って(笑)。

――パリの何が、そんなにも9歳の岡田さんを惹きつけたのでしょう。
景色とかもそうですけど、食べ物だったり、言葉だったり、人の雰囲気、出で立ちだったり、色々なことに凄く興味をひかれたんです。その時はフランス人の先生にレッスンを受けたりもしましたが、そのレッスンが楽しかったというのもありますね。パリには3日間の滞在だったんですが、それから6年間、向こうに行くまでその体験が忘れられなかったんです。
中学校までは義務教育だから終えて、丁度いい区切りの15歳の時、ずっとパリに行きたいという思いが強かったので留学する決意をしました。

――念願のパリに留学……でも15歳ではじめての一人暮らしが海外となると、ご苦労されたんではないでしょうか。
やっぱりフランス語をしゃべれないと同じ立場で話してくれないというか、「どうせ分からないから!」みたいな対応をされるのが凄く嫌でした。だからレッスンは「英語でもフランス語でも出来るけど、どっちにする?」って先生に聞かれたんですけど、フランス語でお願いしました。留学していたパリ音楽院には日本人も沢山いるんですけれど、なるべくだったらフランス語を喋れるひとと過ごそうと思いながら、まずはフランス語をがんばりました。
それでもやっぱり色々と嫌な思いもしましたね。もちろん日本と違ってサービスも「お客様は神様」といった感じではないですし。向こうの意見を凄く言ってきたりもするので、郵便局とかでも「言葉はわからないけど、私怒られてる?!」ってのだけは、怒鳴られているから分かるんですよ(笑)。あとは生活習慣だったり、考え方だったり、性格だったり……って本当に何もかもが違っていて、でもそういうことを10代のうちに経験できたというのは本当に有難かったかなと思っています。

――そうしたすったもんだが落ち着くまでは、どのくらい時間がかかりましたか?
3年くらいは、かかりましたね。やっぱりそれまでは全部が一心不乱で、全てのことに100%以上頑張ってたわけですから。自分も慣れてきたので生活するということに余裕がもてるというか、食べたりとか話したりとか出かけるのも余裕をもってできるようになったのが3年くらいですね。その頃には普通に会話もできるようになっていました。

――留学後にフランスで受けたレッスンや授業は、日本で受けた教育と比べてやっぱり大きく異なっていたのでしょうか。
全ての方針が違っていて、もう根本的に音楽の捉え方、聴き方、感じ方、全部違っていたんですよ。それが全部初めてのことだったので、最初の頃は言われた言葉を字面通りと言いますか、そのまま捉えてしまうということがあったんですけど、その言葉の裏にある背景だったりとか、何故そう思うのかってことが考えていくにつれて理解もできるようになりましたし、面白いなあと思うようになりました。
ヨーロッパの音楽をやっていく上で、本場でそういうものを感じられるというとても魅力的なレッスンを受けられたし、日本とは良い面でも悪い面でもまた違った考え方だったり捉え方だったりっていうのを、勉強できたのかなと思っています。

――そのなかで、特に大きな影響を受けた先生はどなたですか。
ソロで最初の4年間はジョルジュ・プルーデルマッハー先生という、もうお爺さんの先生に習っていました。先生は根本的な音楽のとらえ方だったり、私の「耳」をつくってくださった方です。縦の響き、横の流れのバランス感覚を学ばせていただきました。
そのあと修士からついたフランク・ブラレイ先生には、音楽家としての生き方や考え方だったり、どういうふうに自分で、自分自身の、自分だけの音楽を作るかということを学ばせていただきました。特に「楽譜の読み方」というものを教えていただいたっていうのが、そのお二人かなと思っています。室内楽では、イタマール・ゴラン先生に習いました。

――イタマール・ゴランといえば伴奏ピアニスト、室内楽ピアニストとして間違いなく世界のトップクラスに君臨する、既に伝説的なピアニストですよね。
先生は本当にそれこそ伝説的なレッスンをされる方で、楽譜見ながら「んんんんっーーー!!!」「ノーーーーーーーー!!!!」といった感じで、弾いてる私たちより顔真っ赤にするんですよ(笑)。「フォーールテーーー!!!!!」とか、彼自身は弾いていないのにもう凄いんです。少し離れたところで聴いていらっしゃるのに、こっちまでその気迫が伝わってくるような激しさなんです。とても厳しかったので、楽譜の一段だけで一時間のレッスンが終わってしまうことがよくありました。
でも彼はフランス語を話されないので、レッスンは英語かロシア語でしたね。私の室内楽のパートナーがロシア人だったので、彼にはロシア語で話して、私には英語といった感じです。あんまりフランスではお目にかかれないようなレッスンでしたね。ああいうレッスンというのは彼しかしないかもしれない。いろいろな視点から、沢山のことを学びました。

――15歳で留学し、いつ頃まで音楽院には在籍されていたんですか。
パリ音楽院にいたのは去年までですね。ピアノ科だけでなく、室内楽科もいきましたし。そもそも最初は学部から行ったので、そのあと修士と、アーティストディプロマというのがあって10年間どっぷりと毎日通ってました。

――これまでに数多くのコンクールで素晴らしい成果を残されていらっしゃいますが、コンクールに出場したのはご自身の意志だったのでしょうか。
全て自分の意志で決めました。「何をしなさい」ってのをあんまり言わない先生ばっかりだったので、コンクールを受けたいって言ったら「ああ、それは合ってるね」とか「それはどうだろう」っていうアドバイスはおっしゃられましたけど、「これをやれ」っていうのは全然言われなかったですね。私が受けたいなあと思うものを相談して受けていました。

――コンクールを受ける目的はどのように考えていらっしゃっていたんですか?
自分の力試しという面と、自分が今どのくらいのレベルにいるのか、立ち位置にいるのかということを客観的に確認する意味でも1年に1回は少なくとも受けようって思って受けていました。
他にも頑張ってる色々な外国からの同じぐらいの世代の音楽家が集まるので、そこでの出会いっていうのもすごく楽しかったですし、そういうところで受ける刺激だったりとか、それによって色んな国にいけるってのも大きかったですね。
あとは、たくさんの曲をいっぺんに、すごいレベルまで持ってかなきゃいけないってのは、ちょっとずつやってないと出来ないことでもあるし、慣れて行かなきゃいけないとも思ったし。将来、コンサートピアニストになるために慣れておきたいってのが、一番だったんですよね。

――これまで受けたなかで、特に印象に残っているコンクールはありますか?
今のフレッシュな記憶だとやっぱり、去年のエリザベート王妃国際音楽コンクールですね。それまでに受けたコンクールと全然違っていたので……というのも、1週間まったく外部とコンタクトをとれずに、新しい曲を本選に向けて準備するっていう課題があったんです。初見の授業とかで新しい曲を短時間で弾くことはあったにせよ、1週間後に2000人のお客さんの前で披露できるように、それまで聴いたこともなかった曲を自分ひとりで仕上げろと。
12人のコンテスタントが1週間、同じところで生活を共にして、やる事といったら練習しかないわけですよね。あとは寝るか、食べるか(笑)。でも、それが意外にも楽しかったんです。いまの情報過多な、携帯電話やスマートフォンをずっと持っていることで、インターネットに接続されているという感覚自体をストップした1週間は、本当に有意義で、印象深い1週間だったんです。その体験で得たものというのも含めて、もう後にも先にもないようなことをできたという記憶が鮮明に残っています。
そこで出会った他の11人のファイナリストとは現在もすごく仲良いんですよ。グループメッセージ、チャットがあったりとか(笑)。ライバルだったけれどいい絆というか、同じものをやらなくちゃいけなかったので、最後は「大変だよね!?」「とりあえずこれ弾けるように頑張ろう!」みたいな感じでした。

(インタビューその2へつづく)

【応募は締め切りました】ミューザ「はじめの一歩」プログラム参加者募集!

2017.05.24From_Muza


ミューザ川崎シンフォニーホールは、2004年にJR川崎駅前に開館した1997席のコンサートホールです。
「音楽のまち・かわさき」のシンボルとして、国内外のアーティストが日々公演を行っています。

ミューザや、コンサートに興味はあるけれど、まだ行ったことがない、敷居が高いと感じる、なかなか慣れない、という方々に、ぜひ多彩な取り組みを知っていただき、安心してコンサートをご鑑賞いただきたいと思い、新しいプログラムを始めます!

その名も「はじめの一歩」!!
ミューザという場所に慣れていただき、ホール内を知り、コンサートの選び方をレクチャーし、自分でコンサートを選べるようになるためのプログラムです。また、ミューザの企画にも関わっていただきます! そして、ぜひご自身の体験をSNSやブログで発信していただけたらうれしいです。

「コンサートホールの中はどうなっているのか知りたい」
「コンサートホールがどんなことをしているのか知りたい」
「よくわからないが面白そうだから参加してみたい」
「プロフィールの趣味欄に『クラシックコンサート鑑賞』って書いてみたい」

どんな動機でも結構です!
ぜひふるってご応募ください。

♪♪♪「はじめの一歩」プログラム概要♪♪♪

いずれも事前申し込みとなります。一番最後に、申し込み方法がございます。

STEP1 ミューザを知っていただくプログラムにご参加ください(a~cのいずれかに任意参加・複数可)

a) 5月28日(日)14:00~16:00 音楽グッズ店見学&販促グッズ開発会議 ※参加費 無料
ミューザ川崎シンフォニーホールにある音楽グッズ店「プレリュード」には素敵な音楽グッズがたくさん! こちらのショップをご見学いただいたあと、フェスタサマーミューザKAWASAKIの販促グッズの開発会議を行います! 初心者のみなさまの視点で、どんどん意見をお出しください♪ いいアイデアが出たら、実際に制作いたします。

b) 6月6日(火)12:10~14:00 ランチタイムコンサート鑑賞&ホテルランチ試食会 ※チケット代 500円(ランチ代含む)
平日の昼間に毎月実施している「MUZAランチタイムコンサート」をご鑑賞いただき、提携しているホテルでランチをご試食いただきます。ちょっと楽しいお昼の過ごし方を体験してください。交通系ICカードでピッとするだけでコンサートにご入場いただけますので、SuicaやPasmoをぜひお持ちください!

c) 7月1日(土) 10:00~16:00 ホール内ガイドツアー&コンサートの選び方レクチャーと、「オーケストラ入門」公演鑑賞
※チケット代 1,000円(特別価格・レクチャー受講費込)
実際にホールに着いてからどう過ごすか、客席からステージがどんな風に見えるか、聴こえるかをホール内でレクチャーします。また、フェスタサマーミューザKAWASAKIを例に、コンサートの選び方をレクチャーいたします。そのあと、実際にオーケストラの公演を聴いていただきます。盛りだくさんの内容です!
オーケストラ入門!コンサート内容はこちら

STEP2 フェスタサマーミューザKAWASAKI2017下記公演の中からお好きな公演をお選び下さい。

S席相当のお席をペア3,000円の特別価格でご招待します(いずれか1公演に参加必須)

フェスタサマーミューザKAWASAKIは、首都圏で活躍するオーケストラのフェスティバルです!
また、オーケストラだけではなく、パイプオルガンやジャズの公演など多彩なプログラムが魅力です。
また、コンサート本編以外にも、「公開リハーサル」や「プレトーク」などのオプションや、チケット提示で近隣の飲食店(約90店を予定)にて特典が受けられるサービスなど、お楽しみが充実。
このフェスをきっかけに、コンサート鑑賞が趣味になった!という方もたくさんいらっしゃいます。
「はじめの一歩」メンバーにおススメの公演をピックアップしましたので、おひとつ選んで、ご参加ください(各公演内容は、公演タイトルをクリックしてご確認ください)。

7月22日(土)15:00開演 東京交響楽団オープニングコンサート 20世紀の名作を世界的指揮者の演奏で!

7月25日(火)15:00開演 東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団     有名なヴィヴァルディの「四季」を演奏!
☆11:00から公開リハーサルつき!

7月28日(金)19:00開演 サマーナイト・ジャズ ピアノとオルガンによるジャズコンサート!
☆18:15からドリンクコーナーでジャズバー風ミニライブ開催!あなたのリクエストを弾いてくれるかも!?

8月1日(火)15:00開演 読売日本交響楽団 シネマ&ポップスの名曲をオーケストラアレンジで!
☆14:20から指揮者によるプレトークあり!

8月5日(土)18:00開演 真夏のバッハII 昨年、日本人として初めて国際バッハコンクール優勝したオルガニストが登場!
☆17:20から小さなオルガンを使ったミニロビーコンサートあり!

8月6日(日)15:00開演 神奈川フィルハーモニー管弦楽団 国の名前がついた交響曲をあつめた音楽旅行!
☆14:30から指揮者によるプレトークあり!

8月8日(火)15:00開演 東京ニューシティ管弦楽団 家族で楽しめるファミリーコンサート!

お申し込み方法

以下をすべてお書き添えの上、メールもしくはファックスにてご応募ください。

・お名前
・年齢
・ご職業
・メールアドレス
・日中ご連絡できるお電話番号
・SNSアカウントもしくはブログURL ※お持ちであれば
・STEP1の希望プログラム a~cから1つ以上
・STEP2の希望公演 ①~⑦いずれか1つ

メールの場合 festa(at)kawasaki-sym-hall.jp 件名「はじめの一歩」でお願いします
FAXの場合 044-520-0103

☆ 応募締め切り(先着順) STEP1 各プログラムの前日17時まで

☆ STEP2につきましては、各公演の募集上限を5組10名とさせていただきます。応募多数の場合は抽選とさせていただきます。

※ 応募に際してのお願い
ミューザでは、ホールの様々な楽しみ方を提案することで、より幅広い利用者の方と共生する”人にやさしいホール”づくりを目指しています。今回の取り組みを通じても、様々な感想・声を集め、今後のホール運営に生かしていく予定です。
「はじめの一歩」利用者の方には、アンケートの記入やSNS(Facebook、Twitter、Instagram)投稿、ブログ執筆などで感想をお寄せいただくよう、お願いします。また場合によっては、メディア取材にご協力いただくこともございます。ご了承ください。

本件に関するお問い合わせ
ミューザ川崎シンフォニーホール 広報営業課 前田  044-520-0100
press(at)kawasaki-sym-hall.jp

...89101112...203040...

公式facebookページ

RECENT ENTRIES最近の投稿
CATEGORIESカテゴリー
ARCHIVESアーカイブ

ミューザ川崎シンフォニーホール

TEL044-520-0200

(10:00~18:00/土・日・祝も営業)

定休日:
年末年始12/29~1/3
保守点検日