• チケット購入方法トップ
  • 電話で予約(オペレーター)
  • 窓口で直接購入
  • ミューザWebチケット
  • その他プレイガイド

オフィシャルブログ

Official Blog

第4回ジュニア・プロデューサー会議★♪

2018.05.14音の放課後プロジェクト! , ジュニア・プロデューサー , 音の放課後プロジェクト!


ゴールデンウィークが明け、早一週間過ぎましたが皆様いかがお過ごしでしょうか?

本日5月13日(日)はジュニア・プロデューサー第4回目の会議。
精力的に活動を行いました。

曲目や演奏会の中身、チラシ作成など着々と進んでいます。
詳細は5月27日の情報公開までお楽しみに♪

【企画】
演奏会の曲目や構成をを考えました。
Youtubeなどで「どんな曲がいいかな」「面白い工夫はできるかな」と研究していました。
候補曲がたくさんあり、絞るのがなかなか難しいようです。
当日楽しんでいただけるように頑張って考えています!

【広報】
チラシの作成を行いました。皆様の目にとまるようなデザイン、チラシを見て興味を持ってもらえるよう、アイディアを出し合いながら素材を作りました。イラストやロゴなど力作がいくつも出来上がりました♪

【運営】
実際にミューザシンフォニーホールでご案内係をされている方に、研修をしていただきました。
姿勢や言葉遣い、チケットのもぎりやご案内など教わった内容が盛りだくさんでした。
当日皆様を気持ちよくお迎えできるよう真剣に取り組みました。

最後に各班の今日の取組みの成果発表後、会議を終えました。


次回は5月27日(日)です。
今後のジュニア・プロデューサーにもご注目下さい♪

第3回 ジュニア・プロデューサー会議♪★

2018.04.29音の放課後プロジェクト! , ジュニア・プロデューサー , 音の放課後プロジェクト!


ゴールデンウィークに突入しました。みなさまいかがお過ごしでしょうか?

本日4月29日(日)はジュニア・プロデューサー第3回目の会議。
本日も楽しく活動を行いました。

公演名や出演者等様々な事が決定してきました。今はまだ言えませんが、とても素敵なタイトルになりました。どんなタイトルになったのか、そして出演者はどなたなのか等は5月27日の情報公開までお待ちください♪

【企画】
前回の話し合いを元に公演名を決定しました。
また、プログラム構成についても話し合い、お客様を飽きさせないようにたくさん工夫を凝らしました。

どうやら参加型のコンサートになるようです。

【広報】
大人顔負けのプロモーション動画を作成しました。
どのような順番で、そしてどのような動画を撮るのかを話し合い、また撮影場所にもこだわって撮影を行いました。
完成した動画はオープンハウス、またyoutubeでも流す予定です♪

【運営】
小学生では習わない難しい漢字に苦戦しつつ、公演企画書に情報を記入しました。
チケットを作るために欠かせないお仕事です。

また、赤ちゃんや赤ちゃんを連れたお母さんが気持ち良く過ごせる環境作りに努めました。

ジュニア・プロデューサーが当日身に付けるシャツの色選挙を行い、色が決定しました!どんな色になったのでしょうか?当日のお楽しみです!!

最後に各班の今日の取組みの成果発表、そしてプロモーション動画で全員出演する箇所の撮影をして会議を終えました。

次回は5月13日(日)です。
今後のジュニア・プロデューサーにもご注目下さい♪

ピアニスト小川典子さんの恒例企画 第16回「ジェイミーのコンサート」LIVEレポート

2018.04.26From_Muza , コンサート レビュー


文・飯山雅美(コピーライター)

去る4月19日、ミューザ川崎シンフォニーホールのアドバイザーでもあるピアニスト小川典子さん主宰の「ジェイミーのコンサート」が市民交流室にて開催されました。自閉症者とそのご家族に上質な音楽で心に安らぎを、との思いから2004年にスタート。以来、毎年続いており、もちろん誰でも鑑賞できます。16回目となる今回は川崎市長の福田紀彦氏もお見えになりました。

挨拶をする福田紀彦川崎市長

その福田市長のご挨拶で始まり、川崎市自閉症協会代表理事を務める明石洋子さんの特別講演へ。ご子息の例を交えて誤解されがちな自閉症への理解を促すとともに、4月2日の「世界自閉症啓発デー」に川崎で行われたイベントの模様も紹介されました。

川崎市自閉症協会代表理事 明石洋子氏による特別講演

その後、いよいよ演奏の始まりです。キラキラした鮮やかなピンクの衣装に身を包んだ小川さんが最初に弾いたのは、“トルコ行進曲付き”でお馴染みのモーツァルトの「ピアノソナタ第11番」。観客と奏者が同じ目線でというこだわりのもと、フラットなフロアに置かれたピアノからは豊かで透明感のある音が会場いっぱいに広がり、瞬く間に空間の雰囲気を一変させます。

2曲目は世界初演となる「Serenata for Noriko」。ジェイミーのコンサートのために作曲された、いわばテーマソング。現代音楽のエッセンスが程良く利いた親しみやすい小曲は、プログラムの新定番になることでしょう。

曲の合間に英国ギルドホール音楽院で行われた「ジェイミーのコンサート」学術調査研究の学会発表のご報告も。調査は小川さんとミリアム・ジェームス博士が共同で行ったもので、日英両国のご来場者アンケートなどを詳細に分析。企画の独自性や高い満足度といった嬉しい成果が多数明らかになったようです。

学会発表の模様を説明する小川さん

最後は1曲目と“行進曲”つながりで“葬送行進曲”が入ったショパンの「ピアノソナタ第2番」。近くのピアノから紡ぎ出される音楽は、大ホールで聞くのとはまた違い、ダイレクトに体と共鳴するかのような大迫力。繊細なフレーズから重厚な響きまで、多彩な音色を自在に操るまさに圧巻の演奏でした。

素晴らしい演奏の後は、皆さまお待ちかねの茶話会。小川さんご自身が英国から持ち込んだビスケットを自ら観客に振舞います。同様に持参された紅茶も配られ会場は一気に和やかムード。そんな中Serenata for Norikoの作曲者ジョセフ・フィブス氏のインタビュー映像も流されました。

お客様との会話も弾みます
英国の人気作曲家ジョセフ・フィブス氏

国際的な一流ピアニストでありながらも、温かく飾らない小川さんの人柄を感じさてくれる素敵なひととき。リピーターが多いという話も頷けます。毎年この時期にこの場所で開催されるので、来年はあなたも、ぜひご一緒に。

ジェイミーのコンサート公式サイト

ロビーでは自閉症の書家・瀬崎竜彦氏の「心画」も特別展示されました

小川さんが審査委員長を務める浜松国際ピアノコンクールにちなみ、浜松のゆるキャラ「出世大名家康くん」も!

...89101112...203040...

公式facebookページ

RECENT ENTRIES最近の投稿
CATEGORIESカテゴリー
ARCHIVESアーカイブ

ミューザ川崎シンフォニーホール

TEL044-520-0200

(10:00~18:00/土・日・祝も営業)

定休日:
年末年始12/29~1/3
保守点検日