• チケット購入方法トップ
  • 電話で予約(オペレーター)
  • 窓口で直接購入
  • ミューザWebチケット
  • その他プレイガイド

オフィシャルブログ

Official Blog

リトルミューザ事務所開放日(グループ3、4)

2017.10.12音の放課後プロジェクト! , リトルミューザ , PDGグループ3 , 音の放課後プロジェクト! , リトルミューザ , PDGグループ4 , 音の放課後プロジェクト!


リトルミューザのページへ戻る
昨日の事務所開放日がありました。
その様子をスタッフより紹介させていただきます。
グループ3の活動内容
グループ4の活動内容

グループ3

まだどのグループで活動するか決めかねていた子が久しぶりに登場。各グループの企画書を読んで、グループ3で活動することを決めました。
今後グループ3として準備しなければいけないことを細かくリストアップし、いつまでに作業を完了させないといけないかを書き入れました。
【写真】実際に作った作業リスト

グループ4

イベント案について再検討を行いました。
【写真】考えをまとめるためのメモ

「来ない人」ではなく「来れない人」ということで、来れない理由は何なのかを再確認。
ターゲットは小さな子どもがいる家族にしぼっているので
・会場が遠くて子どもがぐずってしまいそう
・子どもが泣いて大変
・そもそもホールは未就学児不可というコンサートが多い
という3つの来れない理由を発見。
それぞれの問題を解決するためにどうしたら良いのかを考えました。
さらに、小さな子どもがいる家庭の親は日常どんな気持ちになっているのかも想像しました。
考えていく中で、赤ちゃんのいるお母さんたちは
「たまにはひとりで過ごしたい」
と思っているのではないか、という言葉が。そこから考えを広げていきました。

・子どもがこわいと思わないイベントを開催する
・託児スペースを紹介する
でも、子どもが結局そこで騒いだら迷惑になるって思って連れてこれないんじゃないか?
という不安を親は感じているのではないか、ということで、子どもが楽しめる物を用意し、それをtwitter等で告知。他にも、見学会をやってみてはどうだろう? という案が出ました。

まずは自分の親にこういう機会があったら使ってみたかをヒアリングしてみよう、ということになりました。
リトルミューザのページへ戻る

ワールドスタンダードのソウル・ミュージック!Nao Yoshioka with special guest Eric Roberson

2017.10.08From_Muza


今年も「かわさきジャズ」の季節がやってきました。
ミューザでは世界を股にかけて活躍するソウル・シンガーNao Yoshiokaが、10年ぶりの来日を果たすエリック・ロバーソンと初共演。フィラデルフィアから招いたフルバンドをバックに、ワールドスタンダードのリアルミュージックをお届けします。ミューザにはクラシックしか聴きに来たことがないという方も、極上のソウル・ミュージックにきっとご満足いただけるはず! 今回はウェブメディアに掲載された2本の記事をご紹介。映像もたくさん紹介されているので、ぜひ聴いてみてください!!

Nao YoshiokaとEric Robersonの奇跡の出会い!そして初共演に向けて
スペシャルインタビュー公開中!(Billboard Japan)

インディR&B~ソウル界の王とも言える実力者!10年ぶりに来日するエリック・ロバーソンとは?
知る人ぞ知るカリスマ、エリック・ロバ―ソン(bmr)

 

 

Nao Yoshioka

NY仕込みのパワフルなヴォイスと表現力、ヒストリーに根ざしながらもレイドバックとは異なるモダンなテイストを兼ね備えた現在進行形ソウル・シンガー。2013年の1st『The Light』はスマッシュヒットを記録し2015年には全米でもリリース。日本では同年2nd『Rising』でメジャーデビューを果たした。更に2016年にはアメリカの「Capital Jazz Fest」で2万人規模のメインステージに出演し、同年9月リリースの3rd『The Truth』ではアリシア・キーズらを支えた名プロデューサー/ライターたちと共作するなど世界を股にかけ活躍している。

Eric Roberson

1990年代から活動を続けるネオ・ソウル・シーンの第一人者。ジル・スコットなどへの楽曲提供も行い、ソングライターとしても高い評価を得ている。2009年の『MusiC Fun First』は2010年、2011年と2年連続でグラミー賞にノミネート。2017年もこれまでに2枚のEPをリリースするなど精力的に活動。日本のソウル・ミュージック・フリークにも根強く支持されている。

 

Nao Yoshioka with Special Guest Eric Roberson
フロント・アクト m.s.t.

開催日 2017年11月18日(土)
時間 開場 15:30 開演 16:00
会場 ミューザ川崎シンフォニーホール 会場アクセス
チケット SS席6,000円 S席5,000円 A席4,000円 B席3,000円(ミューザ友の会割引あり)
チケット購入はこちら

リトルミューザの企画が進んでいます!

2017.10.06音の放課後プロジェクト! , リトルミューザ , PDGグループ1 , 音の放課後プロジェクト! , リトルミューザ , PDGグループ2 , 音の放課後プロジェクト! , リトルミューザ , PDGグループ3 , 音の放課後プロジェクト! , リトルミューザ , PDGグループ4 , 音の放課後プロジェクト!


リトルミューザのページへ戻る
10月1日、ホールの事業担当部長に、子どもたちが1か月考えてきた企画のプレゼンテーションを行いました。
【写真】プレゼンに向けて、最終準備をする子どもたち。
最初の1時間は、企画書とプレゼン内容の最終調整。
そしていよいよ、グループごとにプレゼンを実施します。
【写真】プレゼンを行うグループ2。ホワイトボードにどんな展示の仕方にするのか図を書きながら説明しています。
10分の説明時間+部長からのコメント5分というスケジュールで実施。4グループとも、企画内容についてしっかりと説明し、実施に向けての具体的なアドバイスをもらうことができました。

各グループの企画内容をご紹介したいと思います。
(文章はグループごとに子どもたちに書いてもらいました。足りない部分をスタッフで補足しています。)

<グループ1>

ターゲット:クラシック音楽を普段聴かない人、ミューザを知らない人
【画像】グループ1の企画書
対象:小中学生
目的:ミューザやオペラを身近に感じてもらう。この活動をきっかけに「面白いな」「行きたいな」と興味を持ってもらう
内容:パンフレットの作成。子どもでも分かりやすいように絵をたくさん使う。音楽の魅力やきっかけ、ドン・ジョヴァンニについてを出演者や指揮者等にインタビューし、それも掲載。動画としてもミューザのサイネージで放送。

10月1日 グループ話し合ったこと

川崎市内の図書館に30部ずつ置く。
パンフレットの内容は、ミューザについて、リトルミューザについて、インタビュー内容、これからの公演、ほかのオペラについて、モーツァルトの作品について、ホームページについて、交通報、今回の公演のあらすじや説明など。

<グループ2>

ターゲット:クラシック音楽をすでに好きな人、知っている人
【画像】グループ2の企画書
さきちょとあんりとあったでプロジェクトの内容のプレゼンをしました。

対象:オペラを見に来た人
目的:ドンジョバンニについてもっとよく知ってもらう。オペラについてよく知ることができてよかったと思ってもらう。
やる事:
・模型作りと出演者にインタビュー
・楽器紹介(ハンマーフリューゲル)
・衣装展示   
・ドンジョバンニが完成するまでの過程(モーツァルトの書簡)
日時:当日の公演前後
場所:歓喜の広場

やる事はまだ案なので、これから予算なども考えながら1つか2つに絞っていきます。
私は、今考えている事を全て話す事が出来たので満足です。
次回も頑張りたいと思います!

<グループ3>

ターゲット:海外の人(日本語を話さない人)
【画像】グループ3の企画書
<今日やったこと>
下のことを企画・ミーティングをした
<これから仕掛けること>
知らせの紙を準備
<意気込み>
一人だけど、きちんと一つ一つを丁寧にこなしていきたい

対象:チケットを購入している人(海外の人)
(企画を実行すると広まるかも)
目的:コンサートに来る海外の人は少ない。だから、情報配信が少ない。日本語以外の情報配信をもっとしてもらうため(広まるように)(SNS)
内容:SNSに日本語以外の言語で感想と特定のスタッフと写真を撮って投稿した人に先着か抽選で1~3人に景品をプレゼント(サイン・ラムネ)
日時:12月10日 コンサートの後
場所:コンサートホール内
これからやること:
・景品の用意(サイン・ラムネ)
・ツイッターに載せるときハッシュタグ(#)を使ってもらうように広める→ 来た人だけ分かるようにパンフレットに挟む紙を作る(外国語で)

<グループ4>

ターゲット:何らかの事情でホールに来られない人
【画像】グループ4の企画書
対象:小さい子(1~3歳)とそのお父さんorお母さん
目的:ミューザのことを知って「行ってみたい」「また来よう」と思ってほしい。
内容:
パンフレット案・・・各区役所orミューザに配布。各場所100枚ずつくらい。託児スペースの紹介などを載せて、コンサートに行けない壁を取り除く
イベント案・・・親子で楽しめるイベント「音楽に触れあおう」案。モーツァルトをテーマに演奏や楽器紹介、クイズなど。

親子で見れる企画作りを頑張っています
詳しく決まったらまたお知らせします。

いかがでしょうか? 各グループそれぞれの企画が進んでいます。
企画立案も、スケジュール管理も、すべで子どもがやっています。もしかすると、結果的に実施できない案、もしくは、進めていく中で内容が変化していく案も出てくるかもしれません。
小さなミューザスタッフ、リトルミューザの奮闘を、ぜひ応援してください。
リトルミューザのページへ戻る

公式facebookページ

RECENT ENTRIES最近の投稿
CATEGORIESカテゴリー
ARCHIVESアーカイブ

ミューザ川崎シンフォニーホール

TEL044-520-0200

(10:00~18:00/土・日・祝も営業)

定休日:
年末年始12/29~1/3
保守点検日