• チケット購入方法トップ
  • 電話で予約(オペレーター)
  • 窓口で直接購入
  • ミューザWebチケット
  • その他プレイガイド

オフィシャルブログ

Official Blog

ミューザでオーケストラ・ツアー!ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団公開リハーサル  活動報告☆

2015.11.13From_Muza


音の放課後プロジェクト ミューザでオーケストラ・ツアー!
オランダ王立ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 公開リハーサル

11/11(水)は、「オランダから世界トップレベルのオーケストラがミューザにやってくる!」
ということで、リハーサル見学ツアーを開催。
今回は、9歳~18歳の22名が参加してくれました。

まず、ホールのロビーに集まり、「今日は何を楽しみにして来たか」、ワークシートに書いてもらいました。
・ヴァイオリンが好きで見たい
・いろいろな楽器をみてみたいと思ったから
・プロのオーボエ奏者の音を聞きたい
・トップオーケストラの音を聴いてみたい
・トロンボーンが好き!
・コンセルトヘボウの練習風けいを見てみたい
・プロのオーケストラのリハーサルの緊張感を味わいたい (以上抜粋)
などなど、みなさん、様々なことを楽しみにして参加してくれました。

そこに、特別ゲストとして、首席ヴィオラ奏者の波木井 賢(はきい けん)さんが来てくださいました!
DSC_0383
波木井さんは1985年からコンセルトヘボウ管弦楽団に在籍し、現在ヴィオラパートを引っ張る“第一首席奏者”というポジションに就いていらっしゃいます。
オーケストラのことやヴィオラの楽器のことをお話くださり、さらには当日演奏する曲目のうち、「特に聴いてほしい!」という、交響曲第6番「田園」(ベートーヴェン)の1フレーズを目の前で弾いてくださいました!!
DSC_0372

参加者からの質問にも答えてくださいました。一部、ご紹介します♪
Q.なぜ、このオーケストラに入ったのですか?

―運が良かったです。留学して終わった時にオーディションがあって受かったので。あこがれのコンセルトヘボウ管に入れました。

Q.ヴィオラを始めたきっかけは?

―ヴァイオリンをずっと弾いていて、高校生の時に「アンサンブルをしたい」と思っていました。大学に入ってみたらヴィオラが少なかったので、ヴィオラに変わりました。
これまで、ずっとヴァイオリンでメロディーばかり弾いていたのが、ヴィオラは音楽の真ん中にいるように、高い音のメロディーも低い音のハーモニーも聴けるのが楽しかったです。

最後に、波木井さんから「音楽をやっていて大切なことは、ちゃんと自己主張することです。」と、参加者のみなさんに向けて大事なメッセージもいただきました。
波木井さん、本番前にありがとうございました。

さて、いよいよ公開リハーサル!
IMG_4978
客席に座って、オーケストラを間近に見ることが出来ました!演奏を作っていく様子を見て聴いて、30分間という貴重な時間をみんなで楽しみました。

みなさん、「今日は何が楽しかったですか?」
・きれいな音がきけた
・全部の楽器があわさっていてすごいと思った
・楽しそうで、プロのはすごくて聞けてよかった。
・すごく良い音で、とりはだがたちました!
・すごく近くでロイヤル・コンセルトヘボウの演そうをきけてすごくよかった。
・近くで弓の使い方や手の形が見れて、よい勉強になりました。
・本番も聴きたくなった
・緊張感を味わえたり、貴重なお話も聞けたのでとてもよかった (以上抜粋)

またぜひミューザにコンサートを聴きにきてくださいね!

2016年1月公開予定の映画『ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 オーケストラがやって来る』を観たら、
さらにオーケストラに詳しくなれるかも!こちらも注目です!

オペラの本場、ウィーンで活躍した甲斐栄次郎の歌声を味わうひととき。~11/15(日)モーツァルト・マチネ

2015.11.13From_Muza


★あのウィーン国立歌劇場で活躍した、甲斐栄次郎さん(バリトン)の歌声が間近で聴けます!!★

11/15(日)に迫るモーツァルト・マチネ公演。
本日、リハーサル2日目(最終日)は、いよいよ甲斐栄次郎さんが登場です。

みなさん、オペラの本場といったらどこを思い浮かべますか?
「オペラ座の怪人」で舞台となったパリ・オペラ座や、ニューヨークのメトロポリタン歌劇場(日本でも、映画館での上映もありますね。ミューザのご近所、ラゾーナさんの109シネマズ川崎でも上映されています。)
など有名なところはたくさんありますが、その中でもトップレベルと評される「ウィーン国立歌劇場」!
甲斐さんは、その世界を代表する歌劇場で、専属ソリスト歌手として活躍されました。

今回、甲斐さんが歌うのは、モーツァルトの歌劇『ドン・ジョヴァンニ』より、アリア<シャンパンの歌>、セレナード<窓辺においで>の2曲。
マチネ#23 1113
写真は<窓辺においで>の様子。甘く女性に歌いかけます。

ヴァイオリンの方が楽器をギターっぽく持っているのが見えますでしょうか?
この曲はマンドリンが加わり、弦楽器もピツィカートなどいつもとはちょっと変わった音色を奏でます。
甘い歌声と合わさって、なんとも心地よい気分になれること間違いなしです。

うって変わって、<シャンパンの歌>は軽快な歌声。
どちらも最強のプレイボーイとも言われる「ドン・ジョヴァンニ」のキャラクターをよく表した楽曲です。
オペラの聴きどころをどうぞお楽しみください!

----
公演情報
モーツァルト・マチネ 第23回

11月15日(日)11:00開演(10:30開場)12:15頃終演予定
*休憩なしの公演です

ヴァイオリン:グレブ・ニキティン(東京交響楽団第1コンサートマスター)
バリトン:甲斐栄次郎*
管弦楽:東京交響楽団

モーツァルト:歌劇「ドン・ジョヴァンニ」K.527より序曲、<シャンパンの歌>*、<窓辺においで>*
チャイコフスキー:組曲第4番ト長調Op.61「モーツァルティアーナ」

全席指定¥3,500(友の会割引あり)
学生券¥1,000(25歳以下)

詳しい公演情報は<こちらをクリック

11/15(日)モーツァルト・マチネ、リハーサルスタートしました!

2015.11.12From_Muza


★1時間でオーケストラの演奏を気軽に楽しめるシリーズ!★

今週末11/15(日)に開催する「モーツァルト・マチネ」のリハーサルがスタート!
「マチネ」って聞きなれない言葉ですが、「お昼」のコンサートを意味しています。
特に、ミューザと東京交響楽団でお贈りする「モーツァルト・マチネ」シリーズは、午前中(11:00開演)の1時間!
コンサートホールでオーケストラの魅力を気軽に楽しむことができます。

本日、ホールにて東京交響楽団のリハーサルが始まりました・・・が、よく見ると指揮者がいません。
マチネ#23 1112 (2)
今回は、第1コンサートマスターのグレブ・ニキティンさんがオーケストラをリードします。
マチネ#23 1112 (1)
演奏家同士のアンサンブルに、いつも以上にご注目ください。

-----
公演情報
モーツァルト・マチネ 第23回

11月15日(日)11:00開演(10:30開場)12:15頃終演予定
*休憩なしの公演です

ヴァイオリン:グレブ・ニキティン(東京交響楽団第1コンサートマスター)
バリトン:甲斐栄次郎*
管弦楽:東京交響楽団

モーツァルト:歌劇「ドン・ジョヴァンニ」K.527より序曲、<シャンパンの歌>*、<窓辺においで>*
チャイコフスキー:組曲第4番ト長調Op.61「モーツァルティアーナ」

全席指定¥3,500(友の会割引あり)
学生券¥1,000(25歳以下)

詳しい公演情報は<こちらをクリック

公式facebookページ

RECENT ENTRIES最近の投稿
CATEGORIESカテゴリー
ARCHIVESアーカイブ

ミューザ川崎シンフォニーホール

TEL044-520-0200

(10:00~18:00/土・日・祝も営業)

定休日:
年末年始12/29~1/3
保守点検日