• チケット購入方法トップ
  • 電話で予約(オペレーター)
  • 窓口で直接購入
  • ミューザWebチケット
  • その他プレイガイド

オフィシャルブログ

Official Blog

ほぼ日刊サマーミューザ2020オンライン 8/4日 第10号

2020.08.04サマーミューザ , ほぼ日刊サマーミューザ


もくじ
▶コンサートレビュー(8/2:東京フィルハーモニー交響楽団)
▶お客様の声から♪
▶エンジョイ!川崎!!パートナーショップのご紹介
====================================

久しぶりに聴いた激烈壮大なフォルティッシモの魅力

ⓒ青柳聡

【8/2:東京フィルハーモニー交響楽団】

東京フィルが桂冠指揮者・尾高忠明の指揮で演奏したのは、ベートーヴェンの「三重協奏曲」と、チャイコフスキーの「交響曲第5番」。
特に休憩後の「5番」は、いわゆる14型(第1ヴァイオリン14名)による比較的大規模の編成で、しかもコロナ禍のため自粛していたことによる欲求不満や鬱憤を一気に吐き出すかのような激しさで演奏されていたのが印象的だった。とはいえ尾高は、決して野放図にオーケストラを咆哮怒号させたのではない。注意深く聴けば、作曲者が綿密に指定した強音の区別  ━━ ƒƒƒƒƒƒの区別を、極めて忠実に再現していたことが判るのである。その最強音の音色は初めのうちはお世辞にも美しいとはいえなかったものの、フィナーレではまとまりを見せて来た。おそらくオケにとっては、これが何ヵ月ぶりかで出す大音響だったのかもしれない。
第1部の「三重協奏曲」でのソリストは、ピアノが田村響、ヴァイオリンが戸澤采紀、チェロが佐藤晴真。この若手たちを、尾高がいかに見事に風格の演奏で包み、彼らを鼓舞し、高みに引き上げて行く偉大な家父長としての役割を示していたことか。
そしてこの3人が弾いたフォーレの「夢のあとに」と、弦楽合奏によるチャイコフスキーの「イワン・サマーリンの栄誉のためのエレジー」の、それぞれアンコール曲の美しさも、私たちを魅了した。(東条碩夫/音楽評論)

ソリストの3名と、桂冠指揮者・尾高忠明 ⓒ青柳聡

東京フィルハーモニー交響楽団 8/2 (日) 15:00開演
出演者:指揮:尾高忠明(東京フィルハーモニー交響楽団 桂冠指揮者)
ヴァイオリン:戸澤采紀 * チェロ:佐藤晴真 * ピアノ:田村 響 *
ベートーヴェン:ヴァイオリン、チェロとピアノのための三重協奏曲 *
チャイコフスキー:交響曲 第5番
アーカイブ視聴はこちらから→東京フィルハーモニー交響楽団『ベートーヴェン生誕250年~新世代の旗手たちによる「三重協奏曲」、そして感動が蘇る!尾高忠明のチャイコフスキー~』(8/31まで視聴可能です!)

お客様の声から♪

ベートーヴェンの三重協奏曲は初めて聴いたのですが、ピアノトリオの三者三様に音がキレイで、そこにオーケストラの迫力が加わって、とても好きな感じでした。とりあげてくださって良かったです。後半は大好きな曲で、ホルンソロも美しくて、インタビューも拝見できましたのでなおさら、配信があって本当に良かった。(50代・会社員・ゆーり)

とても心揺さぶられるプログラムでした。美しさ、力強さ、優美さ、悲しみ… そして、緩急あふれる演奏ありがとうございました。明日を生きる為に、背中を後押しされたような気持ちになりました(LilyBell)

尾高さんと東フィルのコンビはうん十年前から聴かせていただいていますが、厚い信頼関係が感じられる素晴らしい演奏でした。生の演奏やっぱり良いですね。名演ありがとうございました。(50代・会社員・ROSEBUD)

6月からだんだん演奏会が再開されてきましたが、ベートーヴェンなどの、どちらかといえば木管や弦の厚い曲が多く演奏されていましたが、今日のチャイコフスキーは金管が金管らしく吹いてる音がして、「これを待ってたんだな」と自然と涙が込み上げてきました。アンコールでは、あまり聞いたことのない曲でしたが、この曲を選ばれた経緯をきき、心にしみました。「コロナに勝とう!頑張ろう!」というメッセージが多く発信されている中で、故人を偲ぶ美しいこの曲を聴けたことは、私にとってはとても良かったと思いました。(大学生・ゆっこ)

温かいコメントをお寄せくださった皆様、ありがとうございました。
アンケートはいつでもWEBにて受け付けております!
回答はこちらから→フェスタサマーミューザKAWASAKI2020アンケート

エンジョイ!川崎!! パートナーショップのご紹介「BOCCA」

イタリアンが食べたい!と思い、MuzaからJR川崎駅を抜けて、東口の地下街アゼリアにある「BOCCA」へ。
今回はランチで「モッツァレラとバジルのトマトソースのパスタ」とドリンク+スープセット(税抜¥1080)をオーダー。パスタは生パスタでもっちもち、ソースは程よいトマトの酸味がきいてさっぱり。毎日じめじめと暑いけど、美味しいパスタを食べることができて気分もスッキリサッパリです。クーポンを利用して食後のドリンクも追加でいただきました。
このお店は石窯で焼くピッツァも美味しいので、公演が終わったあとにワインとピッツァでディナーもおすすめです。早く新型コロナウイルスが落ち着いて、みんなでシェアしながら美味しいイタリアンを食べられるようになることを願っています♪(チケセン H)

【本日ご紹介のお店】
アゼリア地下 ピッツェリア BOCCA
クーポン特典:ワンドリンクサービス(グラスビール、赤・白ワイン、ハイボール各種、スパークリングワイン、ソフトドリンク各種(一部除外あり))
オトクなクーポンはこちらから♪

公式SNS ぜひシェアをお願いいたします♪

Twitter : @summer_muza
Facebook : @kawasaki.sym.hall
Instagram : @muzakawasaki
バックナンバーのページはこちら

ほぼ日刊サマーミューザ2020オンライン 8/2日 第9号

2020.08.02サマーミューザ , ほぼ日刊サマーミューザ


もくじ
▶コンサートレビュー(8/1:群馬交響楽団)
▶お客様の声から♪
▶エンジョイ!川崎!!パートナーショップのご紹介「韓美膳」
====================================

ⓒ青柳聡

活動再開の喜びが音楽からほとばしる!

【8/1:群馬交響楽団】
群馬交響楽団様、ようこそ「フェスタ サマーミューザ」へ。なんと2月下旬以来のオーケストラ・コンサートが今回の公演だとあって、楽員やスタッフの方々も感慨深かっただろう。ベートーヴェンの交響曲第2番および第4番という、一見地味でありながら30代を力強く生きる作曲者の魂が乗り移ったような力作を丹念に響かせていく演奏は、地に足の付いたこの楽団の姿勢を感じてしまう(久しぶりの演奏ゆえ楽員同士の探り合いもあっただろう)。
筆者は年に一度くらい、高崎へ聴きに行く程度なので演奏の細部について断言する資格はない。しかし、前半の(仕掛けが多い)第4番ではやや安全運転に感じられた演奏が、後半の第2番になると開放的になり、第2楽章の冒頭では豊かに広がるような音楽を聴かせるなど、上り調子という言葉そのもののコンサートを体験できたのは事実だ。アンコールに怒濤の「プロメテウスの創造物」序曲。名誉指揮者である高関健との信頼関係、そして活動再開の喜びが音楽からほとばしる。
それにしてもゲスト・オーケストラを迎え、送り出す拍手の(毎年のことだが、今年は特に)なんと温かいことか。これは間違いなくミューザ川崎の財産だといえるだろう。(音楽ライター オヤマダアツシ)

ⓒ青柳聡

群馬交響楽団 8/1(木) 15:00開演
指揮:高関 健(群馬交響楽団 名誉指揮者)
ベートーヴェン:交響曲 第4番
ベートーヴェン:交響曲 第2番
アーカイブ視聴はこちらから→群馬交響楽団『ベートーヴェン生誕250年~職人技が光る、明朗な交響曲~』(8/31まで視聴可能です!)

お客様の声から♪

ベートーヴェン交響曲2曲ともに、爽やかさや快活さが存分に表現された演奏で夏音(サマーミューザ)にぴったりでした。(50代・会社員・なべちゃん)

ライブ配信で視聴しましたが、予想より音が良く、オーケストラの温かい響きを十分楽しめました。木管のソロ、管と弦の掛け合い、なども臨場感たっぷり。後半に向かってオケがどんどん乗ってきて、アンコール直後の団員のみなさんの表情も素敵でした!(音楽愛好家・フクライ)

久々の郡響の演奏を、群馬から楽しくオンラインで聴くことができました。指揮者や演奏者、会場の熱気が伝わる熱演でした。 (30代・教員・SY)

個人的にあまり聞いたことのない4番と2番でしたが、耳なじみがよく、きちんと、かっちりしたものを聴いた!という印象の公演でした。去年の仙台フィルもそうでしたが、群響の音もとても新鮮で、今後の「地方オケがミューザにやって来た」のシリーズが楽しみです。最後に高関先生が一人で舞台に出てくるまで鳴りやまなかった拍手に、心から共感。先生、来年もお願いします。(50代・会社員・川崎のYoko)

温かいコメントをお寄せくださった皆様、ありがとうございました。
アンケートはいつでもWEBにて受け付けております!
回答はこちらから→フェスタサマーミューザKAWASAKI2020アンケート

エンジョイ!川崎!! パートナーショップのご紹介「韓国料理 韓美膳」

ラゾーナ4階にあるコリアンレストラン「韓美膳」をご紹介。食事メニューはビビンバや冷麺の単品だけではなく、それらのハーフセットや2種類の肉料理のハーフセットなど、いろいろあって、どれを頼もうかと思わず長考しちゃいました。今回は「三元豚サムギョプサル&チーズタッカルビ」のセットに決定。(1,680円税別)
メイン料理の他にご飯とスープ、サラダ、チヂミ、デザートが付いてけっこうボリュームあり。いろんな料理が同時に楽しめる美味しいセットでした。(経営管理課 いよ)

【本日ご紹介のお店】
ラゾーナ川崎4F 韓国料理 韓美膳(ハンビジェ)
クーポン特典:飲食代10%OFF
オトクなクーポンはこちらから♪

お知らせ:明日の朝刊休みます

明日(8/3)は休演日のため、本紙の発行もお休みさせていただきます。次号発行は8/4です。

公式SNS ぜひシェアをお願いいたします♪

Twitter : @summer_muza
Facebook : @kawasaki.sym.hall
Instagram : @muzakawasaki
バックナンバーのページはこちら

ほぼ日刊サマーミューザ2020オンライン 8/1日 第8号

2020.08.01サマーミューザ , ほぼ日刊サマーミューザ


もくじ
▶コンサートレビュー(7/30:東京交響楽団)
▶お客様の声から♪
▶エンジョイ!川崎!!パートナーショップのご紹介「エクセルシオールカフェ」
====================================

ⓒ青柳聡

乾いた心に沁みわたる瑞々しいタクトの「田園」と「運命」

【7/30:東京交響楽団】
お腹がぺこぺこに空いたとき、「炊き立てのごはんと梅干があれば、あとはなんにもいらない」と思ったことはないだろうか。秋山和慶マエストロと、長年にわたって深い絆で結ばれた東京交響楽団とのコンビは、まさにごはんと梅干の関係に似ている。シンプルなのに存在感があり、噛めば噛むほど味が出て、なにより人を幸せにする力を持っているのだ。
このコンビが、本拠地であるミューザ川崎で、極めつきの名曲であるべートーヴェンの「田園」と「運命」を奏でるとは、なんと時宜を得た企画であろうか。べートーヴェンが生んだこの双子のような交響曲ほど、聴き手の心に安らぎと勇気を与えるものはない。秋山は、これまで何百回と指揮したであろうこの2曲を、初心に還ったかのような瑞々しいタクトで私たちに示してくれた。とりわけ「運命」は、「運命の動機」という一本の糸が幾重にも織られ、壮大な音のタペストリーを創り上げて圧巻であった。
『ところで、きょう指揮したのは?』とは氏の回想録のタイトルだが、秋山の手にかかると、作品の素晴らしさ、偉大さだけがわれわれの心に深く刻まれる。そんなマエストロに対する聴衆の感謝と敬意が、終演後の温かいカーテンコールに繋がったに違いない。(音楽ジャーナリスト 岩野裕一)

 

 

開演前には秋山和慶さんと、奥田佳道さん(音楽評論家)によるプレトークも行われた

ⓒ青柳聡

 

東京交響楽団 7/30(木) 15:00開演
指揮:秋山和慶(東京交響楽団 桂冠指揮者)
ベートーヴェン:交響曲 第6番 「田園」
ベートーヴェン:交響曲 第5番 「運命」
アーカイブ視聴はこちらから→『ベートーヴェン生誕250年~秋山和慶の「田園」&「運命」~』(8/31まで視聴可能です!)

お客様の声から♪

仕事の都合で、後半のプログラムのみ聴きました。ともすれば力に任せた演奏を多く聴く第5番ですが、今日は端正な演奏でした。スカッとする演奏も良いのですが、コロナ禍で不安な時期。一つひとつ積み上げられた、端正な演奏は聴くものに無上の安心感を与えてくれるものですね。(50代・会社員・コイキング)

素晴らしい演奏をありがとうございました。ラスト、椅子から立ち上がらんばかりの熱い演奏を目の当たりにして、やっぱり生はいいなぁと、会場にいる喜びに浸りました。(横浜のチベットの住人)

おなじみの曲ですが、交響曲を2曲も、良さがよくわかる綺麗な端正な、安定感のある演奏で、とても心癒されました。今年はホールへ伺えずオンライン視聴していますが、音も雰囲気も伝わるよう工夫してくださって、インタビューやプレトークもすべて網羅していて、とても嬉しいです。(50代・会社員・ゆーり)

「田園」の最終楽章、特にフィナーレが美しく、ネット配信なのに鳥肌が立つほど感動しました。思わず「いいなあ」と呟いてしまうほどでした。素晴らしい演奏を聴けて感謝です。(60代・会社役員・Buzz3104)

大変素晴らしいコンサートをありがとうございました。やっと今年ベートーヴェンにどっぷり浸かることが出来ました。ミューザ川崎は指揮者のお顔を拝見できる席がありお気に入りです。本日の秋山さんは、実に分かりやすく演奏者の方々にメッセージを送っており、とっても楽しめました。今後も少しずつでもコンサートが継続できることを祈っております。(50代・大学教員・パソコン大好き)

温かいコメントをお寄せくださった皆様、ありがとうございました。
アンケートはいつでもWEBにて受け付けております!
回答はこちらから→フェスタサマーミューザKAWASAKI2020アンケート

エンジョイ!川崎!! パートナーショップのご紹介「エクセルシオールカフェ」

今日はミューザ川崎1階のエクセルシオールカフェへ!
カフェラテがワンサイズアップということで、Sサイズ(¥ 367)をMサイズに。店員さんにクーポン画面を見せたところ、とても気持ちよく対応していただきました(^^)♪
パストラミビーフ&カマンベールのパニーニ(¥489)と共に、遅めのお昼ご飯!
カウンター席は、一席置きの着席となっていて、周りを気にせずにゆっくりとできました。
コンサート前後に是非お立ち寄りください!!(じゃい)

【本日ご紹介のお店】
ミューザ川崎1F エクセルシオールカフェ
クーポン特典:カフェラテワンサイズアップ
オトクなクーポンはこちらから♪

公式SNS ぜひシェアをお願いいたします♪

Twitter : @summer_muza
Facebook : @kawasaki.sym.hall
Instagram : @muzakawasaki
バックナンバーのページはこちら

公式facebookページ

RECENT ENTRIES最近の投稿
CATEGORIESカテゴリー
ARCHIVESアーカイブ

ミューザ川崎シンフォニーホール

TEL044-520-0200

(10:00~18:00/土・日・祝も営業)

定休日:
年末年始12/29~1/3
保守点検日