• チケット購入方法トップ
  • 電話で予約(オペレーター)
  • 窓口で直接購入
  • ミューザWebチケット
  • その他プレイガイド
  • 施設のご案内トップ
  • 音楽ホール
  • 音楽工房
  • 館内マップ
  • サービス&ファシリティ
  • ミューザの歴史

オフィシャルブログ

Official Blog

「第4回 被災地復興支援チャリティ・コンサート」を開催しました

2017.03.11From_Muza


ミューザ川崎シンフォニーホールは2011年の東日本大震災で被害を受け、復旧工事のため2年間の休館を余儀なくされました。震災被害を受けたホールのひとつとして、2013年にリニューアルオープンした後も、この大震災に思いを寄せ少しでも復興の力になれるようにと2014年より毎年3月11日に東日本大震災復興チャリティ・コンサート「届けたい、音楽の心」を開催してきました。4回目となる今年からは、2011年以降も自然災害による被害が各地で起こっている現状を鑑み、また今後も引き続きこの日に本公演を開催し、震災で被害を受けた各地へ寄付を贈るため、名称を「被災地復興支援チャリティ・コンサート」と変更して開催いたしました。
出演した東京交響楽団は川崎市フランチャイズオーケストラとしてミューザを主たる練習会場としており、休館中はオーケストラにとっての本拠地を失うという苦難に遭いました。東京交響楽団がミューザの復興支援コンサートに出演するのは初めてのことです。
コンサートでは最初に死者を悼む「レクイエム」(武満徹)を演奏したのち、地震発生の午後2時46分に合わせ会場全員で黙とうを捧げました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのあとの2曲は放蕩息子が波乱万丈の人生の末故郷に帰還する「ペール・ギュント」(グリーグ)、活気あふれる新世界(=アメリカ)から故郷ボヘミアを思って書いた「新世界より」(ドヴォルジャーク)と、望郷の思いを込めたプログラムをお贈りし、コンサートの最後には会場全員で「ふるさと」を合唱しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

終演後には、シンフォニーホール前の「歓喜の広場」で指揮者の秋山和慶さんや、司会の山田美也子さん、東京交響楽団のメンバーが募金活動を行いました。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

公演概要
日時:3月11日(土)14:30開演
会場:ミューザ川崎シンフォニーホール
出演:秋山和慶(指揮)、東京交響楽団、山田美也子(司会)
曲目:武満 徹/弦楽のためのレクイエム
グリーグ/ペール・ギュント組曲第1番、第2番より
ドヴォルザーク/交響曲第9番「新世界より」
主催:川崎市、ミューザ川崎シンフォニーホール(川崎市文化財団グループ)

入場者数:1,650名
会場での募金総額:2,123,542円

※ 集計中につき、最終金額は異なる場合がございます。
※ 公演実施にかかる一部費用を除き、川崎市を通じて東日本大震災および熊本地震の復興支援活動に寄付させていただきます。

撮影:青柳聡

音楽とトークで楽しむティータイム♪

2017.03.07From_Muza


3月25日(土)14:00から、MUZA音楽サロン第3回「世界の足元に革命を」が開催されます。
【写真】プレゼンター長谷川裕也さん
東京交響楽団員とプレゼンターによるお話と音楽でつづる「MUZA音楽サロン」は第1回、2回とも完売。大!大好評のうちに終了いたしました。
いよいよ3月25日、3回目は 路上の靴磨きから青山に最高級の靴磨き店をだした長谷川裕也さんがプレゼンター。
演奏はクラリネットの近藤千花子さんと、ピアノは渚智佳さん。

近藤さんも革靴が大好きだそうなので、きっと話が弾むことでしょう。
演奏曲はブリス作曲の「牧歌」、ガーシュイン作曲の「3つのプレリュードより」、そして、ウェーバー作曲「クラリネット協奏曲第2番より 第2・3楽章」では靴磨きの実演をしながら演奏をお楽しみいただきます。

少しだけ、長谷川さんのワークスタイルをご紹介!
◎わざわざ靴を磨いてもらいに出かける。そんな時代を作りたい。
【写真】靴磨きをされている様子
最高の靴磨きを提供します。靴の中もきれいにして、靴底にはソールオイルを塗るなど、手のかかるケアをしたいので、靴を脱いでいただきます。やっていることは靴磨きですが、サービスとしては、ネイルサロンや美容室に近いのかもしれません。

◎「靴磨き職人を子供たちが憧れる職業にする。」
僕は靴磨きという仕事の価値を高め、靴磨き職人を、いつかは小学生が将来なりたい職業として挙げるような存在にしたい。

◎「足元が輝くと人生も輝く」
長谷川さんは、靴をお客様の体の一部と考え、まるで美容院やネイルサロン、病院と同じで、最初に来ていただいた時にデータを登録し、靴のカルテを作っているのだそうです。お客様と対話しながら靴も心も磨いてくださるのかもしれません。

「靴磨き」を極めた長谷川さんに、ぜひ会いにいらっしゃいませんか。
毎回大好評のティータイムでは、今回は和菓子をご提供します。お飲み物は日本茶の他、スペインのはちみつ入り紅茶やハーブティ、ワインなども。
”極め人”のトークと、演奏にプラスして、お茶とお菓子もお楽しみください。
皆さまのお越しをお待ちしております。

ホールアドバイザー松居直美企画 オルガンの未来へIII

2017.02.20コンサート レビュー


2017年2月18日(土)15:00開演
ホールアドバイザー松居直美企画「オルガンの未来へIII」が開催されました。
【出演】
パイプオルガン:大木麻理
【曲目】
~西洋から日本への架け橋~
J.S.バッハ:パッサカリア ハ短調
G.A.フレスコバルディ:クレドの後の半音階的リチェルカーレ
G.リゲティ:リチェルカーレ ~G.フレスコバルディへのオマージュ~
G.リゲティ:ヴォルミーナ
Z.サットマリー:バッハへのオマージュ
伊左治直:橋を架ける者
松下倫士:モーツァルトの主題によるパラフレーズ(世界初演)
松下倫士:悲歌~能「道成寺」の物語による幻想曲~(ミューザ委嘱作品、世界初演)

【写真】バッハ:パッサカリア演奏の様子

【写真】演奏している様子の近影。鍵盤を手が行き来していた。

【写真】オルガンのパイプに水色とピンクの照明を入れ曲の雰囲気を演出

【写真】第2部冒頭のトークセッションの様子。作曲者が自身の作品について語った。

【写真】ポジティフオルガンの作品「橋を架ける者」を演奏している様子

【写真】松下さんの新作「悲歌」演奏の様子

【写真】終演後出演者・作曲者揃っての記念撮影

12345...102030...

公式facebookページ

RECENT ENTRIES最近の投稿
CATEGORIESカテゴリー
ARCHIVESアーカイブ

ミューザ川崎シンフォニーホール

TEL044-520-0200

(10:00~18:00/土・日・祝も営業)

定休日:
年末年始12/29~1/3
保守点検日