• チケット購入方法トップ
  • 電話で予約(オペレーター)
  • 窓口で直接購入
  • ミューザWebチケット
  • その他プレイガイド

オフィシャルブログ

Official Blog

チャイコフスキー:交響曲第5番

2020.01.15「スパイラル」バックナンバー , 「スパイラル」バックナンバー , 名曲のツボ


東京交響楽団・首席トランペット奏者 澤田真人さんが語る「名曲のツボ」は、チャイコフスキーの交響曲第5番。この曲に求められるトランペットの役割や、音のイメージについて語っていただきました。コンサートの前にぜひご覧ください!

「チャイ5」の音のかなめはトランペット!
ロシアの音を目指して吹いています

首席トランペット奏者 澤田真人

Photo by N.Ikegami

チャイコフスキーというとトランペットが派手に鳴っているイメージがあるかもしれませんが、交響曲第5番はトランペットが演奏している部分は実はそれほど多くなくて、ソロはほとんどありません。それでも演奏は大変です。というのは、求められるのがほとんど大きな音ばかりだからです。

この曲でのトランペットの使われ方は、オケ全体が大音響のときに“決め”として吹くことが多いですね。しかも、その大音響で演奏するところへ向かってトランペットが先陣を切っていく場面も多い。ですから、みんなの道しるべとなるように吹いています。

そのなかでトランペットといえば、第4楽章の最後です。曲が盛り上がってきたところでトランペットのメロディが始まります。しかも、音量はfff。勝利の行進のような気持ちで吹き始め、体力が一番キツイところでフォルテ4つになって終わります。最後の2~3分は耐久力的に大変ですが、一番のクライマックスですから、かっこよく吹きたいですね。

チャイコフスキーを演奏するときは、できるだけロシアのオーケストラの録音を聴いて、音の張り具合や旋律の歌わせ方などを勉強します。ロシアの音楽を吹くときは、少し暗めの音色、上に広がる音というより、下に広がる重心の低い音色を意識しています。ロシアのオケはB管の楽器をよく使っていて音が太いんですよ。日本のオケではC管を使うことが多いので音色が少し明るいのですが、それでもロシアのオケのような音を目指して吹きます。音色や音の表現のイメージは大事です。それがないと、その曲の雰囲気は出せません。また、トランペットがそのイメージを示さないと、ほかの金管楽器がどう吹いていいかわからなくなってしまう。つまりトランペットの音が、オーケストラ全体のカラーを作りあげていきます。

最後以外にもトランペットは、第4楽章のテーマが戻ってきた後、2番トランペットが付点リズムで吹き始めるところは、意外と難しい箇所です。そのあと、木管楽器が主旋律を吹く裏でトランペットはアルペッジョのような音型を吹き、弦楽器のメロディのときはオクターブの跳躍音型を吹くのですが、これも大切に演奏します。

個人的に交響曲第5番で好きな部分は、第2楽章のホルンのソロ。とてもかっこいいですね。いいなぁと思いながらいつも聴いています。第3楽章のワルツも好きです。

ところで、第4楽章最後でテンポが速くなる前、楽譜には実音「ミーミーミーミーミーミソ♯ー」と書かれていますが、ヴァイオリンのメロディと同じ「ミーファ♯ーソ♯ーラーシーミソ♯ー」と吹くこともあります。音の変更は、指揮者から指示されることもありますし、指示がなくても自分で変えることも。トランペットが旋律を吹けばテンションが上がりますからね。名曲全集ではどう吹くか、ぜひ注目してください。

ミューザ川崎シンフォニーホール友の会会報誌「スパイラル」Vol.39(2014年1月1日号)より転載/取材 榊原律子

*  *  *  *  *  *  *

ミューザ川崎シンフォニーホール&東京交響楽団 名曲全集第153回

【日時】2020年 1月19日(日)14:00開演
【出演】指揮:ベン・グラスバーグ ピアノ:上原彩子
【曲目】グリンカ:歌劇「ルスランとリュドミラ」序曲
    ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番
    チャイコフスキー:交響曲第5番

公演詳細はこちら

佐山雅弘の遺作と、ベートーヴェン最後の弦楽四重奏曲(1月14日ランチタイム&ナイトコンサート60)

2020.01.13From_Muza , From_Muza , インタビュー


1月14日のランチタイムコンサートナイトコンサート60では、ミューザ川崎シンフォニーホールのアドバイザーを務め、2018年に惜しまれつつ逝去したジャズピアニスト佐山雅弘がクラシックの作品として書き上げた最初で最後の作品となった「弦楽四重奏曲」(2018)と、ベートーヴェンが完成させた最後の弦楽四重奏曲「第16番」を取り上げます。

今回演奏するのはコンサートマスター水谷晃率いる東京交響楽団メンバーによる弦楽四重奏団。
佐山さんともつながりの深かったメンバーが今回の公演についてメッセージを寄せてくださいました。

今日の演奏を佐山さんに届けたい(東京交響楽団 コンサートマスター 水谷 晃)

佐山さんの弦楽四重奏曲を演奏することが決まった時、それがどんな作品であるのか心躍るような期待感と同時に、早く音にしなければならない焦りがありました。結果的に佐山さんの目の前でお聴かせすることは叶いませんでした。
ベートーヴェンの最後の四重奏曲には、人生を振り返った時の全てがあると思います。最終楽章での「これでいいのか?」との問いかけは生きる上で毎日、直面します。それに対し「これでいいのだ!」と前向きに受け止めて歩みを進めることこそ、実り豊かな人生をおくるために大切だということを教えてくれます。
僕にはそれが、病気と闘いながらも音楽の場ではいつも笑いが絶えなかった佐山さんの姿と重なるのです。
今日の演奏が天国の佐山さんにも届くことを願うばかりです。

音楽とはかくあるべし(東京交響楽団 第2ヴァイオリン・フォアシュピーラー 福留史紘)

佐山さんとは映画音楽のコンサートで何度もご一緒させて頂きましたが、いつも心から音楽を愉しんでいる笑顔は同じステージに立っている我々全員を幸せにしてくれました。
今回のプログラムはクラシック作曲家としての佐山さんの最初の作品であるOpus Oneとベートーヴェンの最後の弦楽四重奏曲Op.135。最初の作品と最後の作品という違いはあれど、どちらもそれぞれの音楽家としての人生を経た結果として最後に産み出された作品です。
常に新しい音楽を求めたベートーヴェンと新たなジャンルでご自分の音楽を表現しようとした佐山さん。どちらも作品の存在そのものが、我々に「音楽家とはかくあるべし」と教えてくれているように思います。

佐山さんも、ベートーヴェンも、人間(東京交響楽団 ヴィオラ首席奏者 青木篤子)

佐山さんと言えば、笑顔の人。演奏中も、休憩中も、いつも笑顔。そんなイメージでした。
逆に、私達はベートーヴェンの笑顔を見たことがありません。でも、ベートーヴェンの作品、特に奏者同士の距離が近い室内楽を演奏していると、ふとした瞬間に作曲者がニヤリとするのを感じるのです。
喜怒哀楽の表し方は人それぞれですが、佐山さんも、ベートーヴェンも、人間。
時空を超えてふたりの作曲家が出会い、冗談を言ってニヤリとする瞬間を、今日はどうぞお聴き逃しなく!

遊び心満載の音楽を共有したい(東京交響楽団 チェロ首席奏者 伊藤文嗣)

この度は、ベートーヴェンの後期作品と、そして何より佐山さんの弦楽四重奏曲を演奏できることをとても楽しみにしています。佐山さんとは、僕も東京交響楽団の一員として何度も共演させて頂きました。
普段オーケストラでは、ピアノが入らない編成時のチューニングは、オーボエがラの音を出してみんなで合わせますが、佐山さんが参加されるコンサート時は、佐山さんのピアノからラの音を取ります。その時必ずといって良い程ただではラの音をくれません。わざとラを含む複雑な和音を鳴らしたり、最後の音がラになる様なメロディを弾いたりするので、みんなは笑いながらチューニングすることになります。
いつもニコニコして楽しんでオーケストラのメンバーや音楽と向き合っていらっしゃった佐山さんの楽曲は、きっと遊び心満載です。
その曲に触れる楽しみを皆さんと共有したいですね。

2020年 1月14日 (火)
12:10開演 ランチタイムコンサート
19:00開演 ナイトコンサート60

「人を裏切る」台本を~大山大輔インタビュー(MUZAジルベスターコンサート2019)

2019.12.23From_Muza , From_Muza , インタビュー


令和元年の大晦日はぜひミューザでコンサートの聞き納めを。今回、喜歌劇「こうもり」ハイライト版でファルケ博士役および台本・構成を担当する大山大輔さんにお話を伺いました。

ヨーロッパの歌劇場の大晦日の定番の演目であり、また、いつ上演しても楽しい喜歌劇《こうもり》。そのハイライトを僕の台本・構成で上演します。
僕がベートーヴェンを演じた2016年の「MUZAジルベスターコンサート」でも台本を担当しましたが、いつも台本のネタのために、携帯電話におびただしい数のメモをしています。寝ている間もいいセリフが思いついたら起きてメモしますよ。お客様に笑っていただきたい、そのために、作品に即しつつ「人を裏切る」台本を書きたいといつも思っています。今回は大晦日に《こうもり》という時点で「期待通り」なので、そこをどう攻めるか、ただいまアイデアを練っています。

大山さんがベートーヴェンを演じた「MUZAジルベスターコンサート2016」(C)青柳聡

物語は、「こうもり」というあだ名をつけられたファルケ博士が、その原因をつくったアイゼンシュタインに仕返しするというもの。僕はアイゼンシュタインを演じたこともありますが、ファルケの「物静かな仕掛け人」タイプの方が合っているようです。台本も書くのですから、ファルケのように「自分の手の内でみんなを転がす」ことになりますしね。
アイゼンシュタインを演じるのは村上公太さんです。上品ぶっているけれど下心があるオヤジがしっぺ返しをくらう、というアイゼンシュタインのキャラクターが、公太さんの、ややすっとぽけたかんじに合っていますが、公太さんは本来かっこいい主役を演じるテノールです。そんな彼をどこまでからかうか、公太さんファンは必見です(笑)。

村上公太さん

アデーレは小林沙羅さんです。小林さんはミューザにもたびたび出演していますし、妖艶な魅力のあるロザリンデの柴田紗貴子さんとの組み合わせは絶妙だと思います。

2016年12月の「名曲全集」に出演した小林沙羅さん(C)青柳聡

柴田紗貴子さん

日本語で上演しますが、実は60年ほど前まで日本のオペラはそれが定番だったので、特別なことではありません。今でも喜歌劇は日本語上演が多いですし。日本語ならば芝居のやりとりがダイレクトに分かって、物語を気軽に楽しむのにうってつけです。
令和初の大晦日、前半はチャイコフスキーの名曲、後半は《こうもり》、と二本立ての演奏会です。《こうもり》は「シャンパンの泡で憂鬱を吹き飛ばせ」という思いを込めて作曲された作品でもあります。休憩時間にはシャンパンを召し上がりながら、年越し前のひとときをぜひお楽しみください。
(取材・文 榊原律子/友の会会報誌「スパイラル vol.62」より転載)

公演情報はこちら

12345...102030...

公式facebookページ

RECENT ENTRIES最近の投稿
CATEGORIESカテゴリー
ARCHIVESアーカイブ

ミューザ川崎シンフォニーホール

TEL044-520-0200

(10:00~18:00/土・日・祝も営業)

定休日:
年末年始12/29~1/3
保守点検日