• チケット購入方法トップ
  • 電話で予約(オペレーター)
  • 窓口で直接購入
  • ミューザWebチケット
  • その他プレイガイド

オフィシャルブログ

Official Blog

ヨーロッパの都市文化に触れ、オルガンを知る―MUZAミュージック・カレッジ第1回

2021.02.04From_Muza


2月8日「MUZAミュージック・カレッジ第1回」のテーマは《都市生活のなかのオルガン》。
都市と楽器の関わりと言われても、ピンと来る方は少ないかもしれません。今回はヨーロッパの都市文化と音楽について、なるほどと思うお話を盛りだくさんの話題と図像資料、そして大木麻理さんのポジティフ・オルガンの演奏とトークを交えながらお贈りします。
講師の白沢達生さんから、プロローグのような文章が届きましたのでぜひお読みください!

~~~

ヨーロッパの町の旧市街にある、古めかしい教会――扉をギギ、と開けて中に入れば、自動車だらけの外の世界とは気配の違う、何百年も前に調えられた内装の世界。ひんやりした床にコツコツと靴底が当たる感触を味わいながら少し歩いてみて、ふと見上げれば壁面装飾というよりむしろ大きな家具のような佇まいで、箱の中に金属の管が何筋も縦に並べられているパイプオルガンの姿が。

かたや、欧米の鉄道駅のほとんどを凌ぐ乗降者数を誇る極東首都圏の現代的なターミナル駅のそば、巨大な近代建築のなか長く見通しの良いエスカレータを上った先にあるコンサートホール。町の喧騒とは異なる落ち着いた空間でチケットをやりとりし、席はどこか……と思いつつ中に入れば、すぐに目に入るステージ奥の巨大な金属装置――これもパイプオルガン。

演奏する音楽は同じでも、この姿のあり方はなんと大きくかけ離れているのだろう。そう感じる方も少なくないかもしれません。それぞれの楽器とともに過ごしてきた人々の暮らしも、数百年前のヨーロッパと21世紀の日本とでは相当に異なっています。そもそも鉄道網もなく、飼葉代を気にしながら馬を使うよりも速く移動できる船が今よりずっと重要で、水道ガス電気のいずれも存在しない、夜を照らす明かりが火事の危険とセットだったのが数百年前。狭い電車の中でもスマートフォン越しに映画を観るなど夢のまた夢、録音技術すらない世界では、演奏者がいなければ音楽は(料理人不在で思い浮かべるご馳走のように)頭の中の空想で鳴らすしかなかった……実演される音楽にふれるということの意味が、当時と今とでは大きく違ったのです。

でも、オルガンという楽器がたどってきた歴史を辿ってゆくと、ミューザ川崎のオルガンは知れば知るほど、ヨーロッパの旧市街の教会とそっくりな存在だったことに気づかされるのです。大木麻理さんの実演とお話にいろいろな絵なども交え、お話しいたします。

白沢達生(翻訳家・音楽ライター)


今回はポジティフ・オルガンの演奏でお楽しみください

MUZA ミュージック・カレッジ 第1回 《知る―都市生活のなかのオルガン》

2月8日 (月) 14:00開演 会場:ミューザ川崎音楽工房 市民交流室
講師:白沢達生(翻訳家・音楽ライター)
演奏:大木麻理(ポジティフ・オルガン/ミューザ川崎シンフォニーホール ホールオルガニスト)

全席自由 3000円(”東響米”のおみやげつき)

お申し込みはこちらから

【連載】オルガニストの〇〇 ~オルガニストの知られざる生活!

2021.02.01From_Muza , 「スパイラル」バックナンバー , From_Muza , クラシック豆知識



ミューザ川崎シンフォニーホールのシンボルとも言えるのが、正面に鎮座するパイプオルガン。
パイプ数5000本を超える日本最大級のオルガンです。そのオルガンを演奏しながら楽器を日常的にチェックし、良い状態に保つ重要な役割を果たしているのが、ミューザ川崎シンフォニーホール ホールオルガニストの大木麻理さん。
本連載では、ほかの楽器の演奏家からも「謎が多い」と言われるオルガニストにまつわる様々な疑問、あれこれについて大木さんにお答えいただきます。これを読めばオルガニストという存在が身近に感じられること間違いなし!?
(年4回連載予定。友の会会報誌『スパイラル』から転載)

=====================================================

オルガニストの〇〇

(記事タイトルをクリックしてお読みください。PDFファイルが開きます)
第1回 オルガニストの持ち物
マイ楽器を持ち歩けるわけではないオルガニストたち。常に持ち歩いている「4つ道具」とは?
第2回 オルガニストの練習
誰もが思う素朴な疑問。オルガニストって、普段どうやって練習しているの?に答えます。
第3回 オルガニストの準備
パイプオルガンの音作り「レジストレーション」って何?
第4回 オルガニストの楽しみ
大木さんがハマっていることとは?
第5回 オルガニストのステイホーム
無観客配信に、ラジオ体操?! 自粛中のオルガニストは、どんな活動をしていたのでしょう。
第6回 オルガニストの読書
大木さんが特に思い入れのある本をご紹介。
第7回 オルガニストの好きな街
オルガニストにとって旅は人生の一部。大木さんの一番好きな街について、たっぷりの写真とともに語ります。

======================================================
今後の連載をどうぞお楽しみに!

■大木麻理 Mari Ohki(オルガニスト)
東京藝術大学卒業、同大学院修士課程修了。
DAAD (長期)、ポセール財団の奨学金を得てリューベック国立音楽大学、デトモルト音楽大学に留学し、満場一致の最優等で国家演奏家資格を得て卒業。
第13回「静岡の名手たち」、大学院アカンサス音楽賞受賞。第3回ブクステフーデ国際オルガンコンクール日本人初優勝、マインツ国際オルガンコンクール第2位、第65回「プラハの春」国際音楽コンクールオルガン部門第3位、併せてチェコ音楽財団特別賞受賞。
デビューCD「エリンネルング ~オルガン音楽・300年の伝統」がレコード芸術特選盤に選出。
ソロのみならず国内外のオーケストラ、アンサンブルと多数共演。NHK「リサイタル・ノヴァ」をはじめラジオやTV出演などオルガン音楽の普及に努める。個々のオルガンの可能性を活かした音色作りと高いテクニックは、多くのファンを魅了している。
現在、東洋英和女学院大学および神戸女学院大学非常勤講師、2018年4月よりミューザ川崎シンフォニーホール・ホールオルガニスト。(一社) 日本オルガニスト協会会員。

ベルリオーズ「幻想交響曲」をパイプオルガンで聴く!(2月20日)

2021.01.28From_Muza , 「スパイラル」バックナンバー


ホールアドバイザーを務めるオルガニスト松居直美の企画による「言葉は音楽、音楽は言葉」は、毎回パイプオルガンと様々なジャンルの芸術とのコラボレーションにより、刺激的な音楽体験を提供するシリーズとなっています。

第3弾は、ベルリオーズの「幻想交響曲」をパイプオルガンの演奏と朗読により再構成するというもの。
オーケストラはよく聴くけれどパイプオルガンはまだ聴いたことがない、あるいはバッハなどのイメージが強すぎてほかのレパートリーをあまり知らないという方にも、お勧めできる公演です。

企画者 松居直美からのメッセージ


オーケストラとは一味違う多彩な音色の大オルガンで
ホールアドバイザー企画「音楽は言葉、言葉は音楽」シリーズの3回目は、ベルリオーズの代表作「幻想交響曲」を、本人が各楽章に添えた詩の朗読と共にお贈りします。
このシリーズは、「伝える」ツールとしての音楽についての想いから始まりました。効果的な伝達のために言葉を乗せていた旋律は、やがてそれ自体が表現力を獲得してゆきます。モティーフの形やハーモニーが様々な役割を負い、音楽は聴く人を感動させる雄弁なものになりました。それが個人の感情や情念の発露への道を拓いたのは、自然な成り行きだったといえるでしょう。そして交響曲史のターニングポイントとも言われるこの大作が登場します。主人公の夢に現れた幻想のサイケデリックともいえる強烈さを、空間全体に鳴り響く豪華絢爛な音色の多彩さを持つ大オルガンの表現力が、オーケストラとはまた一味違う魅力と共に聴かせてくれることを確信しています。

演奏者 大木麻理からのメッセージ


使う音色の数は700種以上! ミューザのオルガンの新たな発見を
今回演奏するオルガン版「幻想交響曲」の楽譜を初めて見た瞬間、その複雑さに眩暈を起こしそうになりました。この壮大な音世界をパイプオルガン1台でどうやって創り上げていくのか、レジストレーションと呼ばれ、オルガンのストップの組み合わせを変えて音色を作る作業に、未だかつてないほどの時間を要し、作っては消し、作っては直しという作業を繰り返した結果、この作品で使用する音色の組み合わせは、なんと700以上……。これまで経験したことのない、とんでもない数字に私も驚いていますが、ベルリオーズが想像した音世界を、ミューザ川崎のオルガンで最大限に表現できるよう、さらに試行錯誤を重ねていきたいと思っています。
ミューザのオルガンにはこんな表情もあったのか……!そんな新たな発見、感動を皆さまと共有できたら幸いです。

(スパイラルVol.67より転載)

 

★こちらもぜひお読みください!
Web ONTOMOインタビュー
サイケな夢を描いたベルリオーズ《幻想交響曲》を、オルガンの700の音色と朗読で

公演情報

ホールアドバイザー松居直美企画 言葉は音楽、音楽は言葉Ⅲ
オルガンと朗読で聴く「幻想交響曲」

2021年 2月20日 (土) 13:00開場/14:00開演
(15:45終演予定 途中休憩なし)
*13:20~13:40プレトーク

出演/
パイプオルガン:大木麻理(ミューザ川崎シンフォニーホール・ホールオルガニスト)
語り:山科圭太

共同演出:島 崇、児玉絵梨奈
脚本:島 崇

プレトーク/
松居直美(ミューザ川崎シンフォニーホール・アドバイザー)、井上さつき

曲目/
ベルリオーズ(レヒシュタイナー編):幻想交響曲 Op.14

購入はこちら

12345...102030...

公式facebookページ

RECENT ENTRIES最近の投稿
CATEGORIESカテゴリー
ARCHIVESアーカイブ

ミューザ川崎シンフォニーホール

TEL044-520-0200

(10:00~18:00/土・日・祝も営業)

定休日:
年末年始12/29~1/3
保守点検日