• チケット購入方法トップ
  • 電話で予約(オペレーター)
  • 窓口で直接購入
  • ミューザWebチケット
  • その他プレイガイド

オフィシャルブログ

Official Blog

第3回!ジュニア・プロデューサー2021!

2021.05.09音の放課後プロジェクト! , ジュニア・プロデューサー , 音の放課後プロジェクト!


本日、第3回目のジュニア・プロデューサーの活動が行われました。

まずはじめに、全員で集まりました。
みんなが企画するコンサートの出演者は、東京交響楽団のメンバーの方の弦楽四重奏になるとの発表が・・・!
これで、さらにコンサートの具体的な中身について詰めることができそうです。
早速、企画班、広報・運営班に分かれて作業を進めることになりました。

●企画班

今日は東京交響楽団事務局の桐原さんとオンラインミーティングを予定していたので、
まずは、それに向けての準備からスタートしました。
前回の活動で話し合った曲目や内容を振り返り、内容を整理していきました。
その後、実際のオンラインミーティングを想定して練習を行いました。

時間になり、いよいよオンラインミーティングがスタート!
先日、桐原さんと名刺交換をさせていただいたメンバーもいますが、今回が初対面のメンバーもいるので、
まずは自己紹介から。

そして、公演日や公演のタイトル等、決まっていることを説明し、
企画班で取り上げたいと思っている曲目や司会を入れたい、演奏者に楽器紹介をして欲しい等、
考えていることをメンバーからお話しました。

説明後、いろいろと質問を受けたプロデューサー達。
まだ決めていないこともあったので、持ち帰って考えることになりました。

終わった後は、「緊張した~!」というメンバー達。
少しホッとした様子です。

その後は、オンラインミーティングで決まったこと、
これからやらなければいけないことを、みんなで振り返りました。

●広報・運営班
まずは前回の活動で決まったことの振り返りをしました。
チラシやプレスリリース、そこに載せる情報などを整理したことを振り返るメンバー達。
早速今日は、チラシ作成に取り掛かることにしました。

前回、パソコンで打ち込む部分と、手書きの部分の両方でチラシを作成したいと話していた広報班。
早速、パソコン担当と手書き担当に分かれ、作業を開始します・・・!

アイディアを形にしながら、足りない情報や、レイアウトなど、
まだ決めていないことなども浮かび上がってきました!
曲目決定の進捗を、早速企画班に聞きに行くことに。

どうやらこの後、企画班は東京交響楽団の方とオンラインのミーティングがあるようです・・!
曲目もその後もう少し形が見える様子。
自分たちも東京交響楽団の方にお願いしたいことがある・・!
と話し合いを始めたメンバーたち。どうやらチラシに載せる出演者からのメッセージをもらいたいようです。

その後、広報・運営班も、東京交響楽団の事務局の方とのオンラインミーティングに参加!
チラシに載せるため、出演者の皆様からのメッセージをお願いしました。

班ごとの部屋に戻ってさらに作業を進めます。
過去の先輩たちのチラシも参考に、自分たちはどうしたいのかを考え、作業を進めました。

途中、企画班から、曲目が大まかに決定したと報告が・・!
作成中のチラシを企画班ものぞき込み、みんなで確認しました。

その後、広報以外にも運営の仕事があることを確認したメンバーたち。
当日の服装についても話し合い、本日の作業は終了!
次回はチラシ作成に併行して、運営の仕事にも取り掛かって行くことになりました。

—–
活動の後は一つのお部屋に集まり、今日の班活動を報告し合いました。

●広報班
・チラシがほぼ作成
・プログラムも今後作ります
・当日の衣装(水色や黄色のポロシャツ、下は黒のズボンかスカート)
→次回色見本を見て、最終的な色の決定、サイズの決定を行う
・当日の開演までの時間運営を手伝ってほしい
→企画班・広報班ともに当日の動きが決まっていないので、今後検討していく

●企画班
・曲目や内容が決まってきた
・出演者の衣装は女性はカラードレス、男性はスーツ
・アンコールを入れるか検討中
・台本はこれから作る

次回はいよいよ情報公開日を迎えます!
今後もジュニア・プロデューサーの活動にご注目ください!

 

※ジュニア・プロデューサーとは…
一般公募で集まった川崎市内小学4~6年生12名が、コンサート当日まで仲間とアイディアを出し合い、企画したり、チラシを作ったり、運営したりする企画です。
詳しくは、ジュニアプロデューサー過去のブログもご覧ください。

第2回! ジュニア・プロデューサー2021!

2021.04.25音の放課後プロジェクト! , ジュニア・プロデューサー , 音の放課後プロジェクト!


本日は、第2回目となる ジュニア・プロデューサーの活動日です。
今日は取材に東京新聞の記者さんがいらっしゃいました!
早速、先週行った名刺交換をしてあいさつするジュニア・プロデューサーたち。

 

まずは今回企画するコンサートのコンセプトをみんなで話し合いました。
それぞれどんな人にどんな気持ちになって欲しいのか、
演奏会のターゲットにしたい人はだれか?を発表してくれました。
それぞれ、きた人に幸せな気持ち、楽しい気持ちになってもらいたい、
自分たちの同級生やもっと小さな子どもたちにも来てもらいたい!
などと話してくれました。

その後は、公演までに決めなくてはいけないことを「公演決定書」をみながら確認しました。
コンサート当日までに自分たちで話し合い、決めなくてはならないことは何なのかを確認したジュニア・プロデューサーたち。

「こんなに自分たちの仕事があるのか〜!」と驚き反面、わくわくも高まっていたように思います。

さぁ、コンサートの目的をみんなで話せたところで、班に分かれての活動!
企画班3名と広報・運営班3名に分かれ、それぞれにコンサートについてさらに詰めていきます。

⚫︎企画班
みんなで話し合って決めたコンサートのコンセプト
「きた人に幸せな気持ち、楽しい気持ちになってもらいたい」
「自分たちの同級生やもっと小さな子どもたちにも来てもらいたい」をもとに、
企画班で、まずは取り上げたい曲やどんな内容のコンサートにしたいか意見を出し合いました。

曲については、みんなが知っている曲、映画音楽、季節に合った曲、みんなが一度は聞いたことがあるクラシック曲、聞いていて楽しいクラシック曲、などを上げてくれました。
内容は、
演奏だけではなく司会を入れたい!
お客さまにも手拍子をして盛り上がって欲しい!
調理器具など身の回りにあるものを使って音を出してみるのも面白い!
などの意見を出してくれました。
過去のジュニア・プロデューサーの先輩達が企画した公演も参考にしながら、話し合いを進めました。

広報・運営班からコンサートのタイトルを今日中に決めて欲しい!とのお願いが、、!
コンサートの内容のイメージが膨らんできたところで、タイトルを考え始めます。
お客様にコンサートの内容を伝えるには、どんなタイトルが良いのかということを念頭に置きながら、考えました。

⚫︎広報・運営班
まずは先輩のプロデューサーたちが作った、去年のチラシを見てイメージを膨らませます。
チラシを作るのに必要なのはどんな情報?
企画班が担当するコンサートのタイトルや対象年齢が必要だと気がついた広報班たち。
チラシ作成の締め切りから逆算し、企画班に今日中にタイトルを決めて欲しい!!と伝えにいきました。

班活動に戻った後は、「広報」ってどんなことだろう?をみんなで考えます。

普段自分たちはどこでイベントの情報を見ているのか?
どこに情報があったら知ってもらいやすいのか?
お客さまの立場に立って考えました!

今日来ていただいているように、
記者さんに情報を渡して記事にしてもらうっていう方法もある!ということに気づいたメンバーたち。
広報・運営班はチラシの他にプレスリリース、ブログなども使って、演奏会を広報していくことにしました。

チラシにのせる内容は何があるのかを考え、
お客さまに「楽しい」が伝わるようなチラシにするにはどうすればいいか?

伝わりやすいようにパソコンと手書きの両方を駆使することや、
音楽のまち・かわさきのマスコットキャラクター「ミュートン」のイラストをのせるアイディアなども登場しました!

ーーーー
それぞれの活動の後は一つのお部屋に集まり、今日の班活動を報告し合いました。

【広報・運営班】
・チラシに掲載する内容や、どの部分を手書きにし、どの部分でパソコンを使うかなどを話し合った
・会場に家族スペースを作って、小さい子のいる家族も安心して参加できるようにしたい
・ブログ、プレスリリースなどを使って、広報を進めていく

【企画班】
・曲目
みんなが知っている曲のほか、映画音楽、お客さんには当日までお知らせしないお楽しみの曲も用意するなど。
・演奏中に・・
フライパンやザルなど、身近なものを使って演奏をしたり、手拍子を入れたりする、など。
・公演タイトルについて
「音楽を身近に感じよう〜〇〇コンサート〜」で、〇〇のところは、ハッピー、フレッシュ、LIVEなどから悩んでいる

公演タイトルについては、広報・運営班のメンバーからの意見も合わせて、その場で決定!!

次回はさらに演奏を詳しく考えていきます!
今後の活動にも注目です!

 

※ジュニア・プロデューサーとは…
一般公募で集まった川崎市内小学4~6年生12名が、コンサート当日まで仲間とアイディアを出し合い、企画したり、チラシを作ったり、運営したりする企画です。
詳しくは、ジュニアプロデューサー過去のブログもご覧ください。

おうちから気軽に参加♪「家族で音のワークショップ」!

2021.04.20音の放課後プロジェクト!


※この記事はワークショップ参加者の方へのご案内を含んでいます。

 

昨年度に続き、今年も実施の「家族で音のワークショップ」。
オンラインで、おうちからイギリスのマイクさんとの音楽づくりにチャレンジできます。
このワークショップは家族(保護者と子ども)向けです。
よくある楽器を使わない、ちょっぴり変わった音楽づくりを通して、身近な人=ご家族と一緒に時間を過ごし、新しい家族関係を探ってみましょう!

音楽ワークショップで探る、新しい家族関係
共に音楽を作る行為は社会や家族の絆を深めるという事は様々な研究で発表されています。これは特定の地域に限ったものではなく、世界中のコミュニティーで、同じ効果が期待されるものです。音楽作りが生活に根深く融合したアフリカの一地域では、音楽を会話と区別しない部族も存在します。

 

残念ながら今回(5/4開催)の募集は既に終了いたしましたが、(ご応募くださったみなさん、ありがとうございます!)今回はその詳細を少しだけご紹介します。

オンライン・ワークショップに必要なもの:

楽器
インターネット環境
保護者の方とお子さんの共同作業!

この3つについてご説明します!

①楽器

楽器なんて家にない……と思っていませんか?
まずはこの動画をご覧ください!
マイクさんのキッチン・オーケストラ(音が出ます)

Kitchen Sink Orchestra from Michael Spencer on Vimeo.

有名なフランス民謡ですが、キッチンにあるものだけで演奏されています。
家の中、特にキッチンには、新しい音楽作りの可能性が満ちあふれています!
楽器探しのアイディアもご紹介していますので、これをヒントに、ご家族で家の中にある新しい「楽器」をワークショップ前に探してみてください。

楽器の起源
実は見慣れた楽器の多くが、元々は農具や、ひょうたんなどの植物です。このワークショップをきっかけに、キッチンから新しい楽器が生まれるかもしれません。

ワークショップのテーマごとに、そのワークショップの中で必要な「音」は変わってきます。
適した「楽器」を見つけられるように、参加されるワークショップのテーマをご確認ください。
参加される方へ個別にテーマをご連絡いたします。

②インターネット環境

このワークショップはZoom(ズーム)を利用して開催されます。

Zoomとは
100人規模の参加者が同時に参加できる機能を持った、今最も人気の高いインターネット・プラットフォームです。セキュリティ面の対策も日々行われています。

新しい技術でもありますので、技術的な問題からセッションが計画通り進行しないことも起こり得ます。可能な限りでかまいませんので、できるだけ安定的なインターネット回線(光回線等)の中でご参加いただけると、安心です。

音楽ワークショップならではのセッティングをしていただく必要があります。
セッティング方法はこちらをご確認ください。
また、Zoomに慣れていない方のために、ワークショップ前に15分ほどの短いグループ・セッションをご用意しています。実際に操作しながら基本的な使い方や注意点をご紹介しますので、不安がある方はぜひご参加ください(開始15分ほど前から入室可能になっています)

③保護者の方とお子さんの共同作業!

実際に集まって行うワークショップは通常、対象者のみに焦点をあてて企画され、セッション全体はファシリテーター・チームによって進行されます。

ファシリテーターとは
ワークショップにおいては、参加者からアイディアや意見を引き出したり、アイディアはあるけれどどうやったらいいか分からない場合などに手助けをして一緒にして実現させたりする存在です。

しかし、オンライン・ワークショップでは、ファシリテーション・チームが皆さんの隣で活動することができません。そこで、主な対象となる「お子さん」だけでなく「保護者の方」もご一緒に参加いただき、時にファシリテーターとしてグループの音楽づくりを支えていただければと思います。
みなさまの参加が、お子さんとの充実した時間につながります。ぜひ積極的な参加をお願いいたします。

ワークショップの後は

各ワークショップではテーマと関連した音楽作品の鑑賞も行います。ワークショップ後にいつでも聴いていただけるよう、鑑賞した作品へのリンクをご提供しますので、ぜひご家族で作った音楽作品と聴き比べたり、思いだしたりしながら音楽との対話・ご家族での対話をお楽しみください。

Zoomのセッティング方法

①Zoomのアプリをダウンロードしてください
②ダウンロード後、指定されたミーティングルームにアクセスします
③まず待機画面が表示されます。時間になると入室できます
④ミーティングルームに入ったら、まずミュート(消音)・ボタンの位置を確認してください(以下参考)
⑤ミュート・ボタンを押して、赤の斜め線が入っているとき、声は他の人に届きません。もう一度押すと解除できます
⑥表示されているお名前をひらがなに変更してください
お子さんのお名前、保護者さまのお名前でお願いします
(例 はなこ はなえ)

⑦オーディオの設定をしてください
(この設定をしないと、声以外の音をZoomが雑音と判断し、他の人に届かなくなる可能性があります)
パソコンの場合


設定が終わったら元の画面に戻ると、左上に「オリジナル・サウンドをオンにする」ボタンが現れますのでクリックしてください。(オフにする、に変わればOKです)

タブレットの場合
まずは、「オリジナル・サウンド」(という機能自体)を有効にします。

アプリを立ち上げた画面の左上の歯車マークをタップ(アプリにサインインしている場合には下記画面のように左下に歯車マークがあります)(ちなみに、iPhoneの場合は画面右下に歯車マークがあります)

[ミーティング]をタップ

出てきたメニューを上にスワイプ

[オリジナル音声を使用]をオンにする(iOSの場合は緑色になるようスイッチ)

事前設定は以上で終了です。
ZOOMがスタートしたら「オリジナル音声」をオンにします。(ミーティングルームに入った後の操作)
(ミーティングルームに入った後の)画面の右上に[・・・(詳細)]をタップ

詳細メニューの[オリジナル音声を有効化]をタップ

以上で基本的な設定は終了です。

※参加者の方へ
ご案内メールでもご連絡していますが、今回はQRコード読み取り可能なデバイスの使用を検討しています。
ご用意可能かどうか、届きましたメールにご返信をお願いします。
(メールが届いていないなど、ご不明なことがあればミューザ川崎シンフォニーホールにご連絡ください)

――――――

 

気になるこの後のワークショップ内容については、また当日終了後にレポートいたします♪
どうぞお楽しみに!!

公式facebookページ

RECENT ENTRIES最近の投稿
CATEGORIESカテゴリー
ARCHIVESアーカイブ

ミューザ川崎シンフォニーホール

TEL044-520-0200

(10:00~18:00/土・日・祝も営業)

定休日:
年末年始12/29~1/3
保守点検日