• チケット購入方法トップ
  • 電話で予約(オペレーター)
  • 窓口で直接購入
  • ミューザWebチケット
  • その他プレイガイド
  • 施設のご案内トップ
  • 音楽ホール
  • 音楽工房
  • 館内マップ
  • サービス&ファシリティ
  • ミューザの歴史

オフィシャルブログ

Official Blog

真作? それとも偽作? 判断するのはみなさんです! Interview 飯森範親(東京交響楽団 正指揮者)

2017.04.18From_Muza


モーツァルト演奏で高い評価を受ける東京交響楽団のみずみずしい響きが休日の朝を彩る「モーツァルト・マチネ」。
ランチやショッピングを楽しむ前にもぴったりな、気軽に楽しめる1時間の演奏会ですが、その内容は、モーツァルト・ファンも満足のこだわりの曲がそろっています。
4月30日の演奏会のテーマは「モーツァルト×疑惑」。
「モーツァルト・マチネ」でなければ組めないユニークなプログラムの聴きどころをご紹介します。

モーツァルトについて熱く語る飯森マエストロ

真作? それとも偽作? 判断するのはみなさんです! Interview 飯森範親(東京交響楽団 正指揮者)

チラシをご覧になって「モーツァルトの交響曲第43番って何!?」と驚かれた方が多いかもしれませんね。モーツァルトの交響曲は第41番まで、とお思いでしょうが、実はその先もあるんですよ。第43番は、モーツァルトが11歳の1767年に作曲した交響曲です。が、「偽作」ではないかと言われています。つまり、モーツァルトが作曲したのではない、ということなのですが、真作と言ってもいいのではと思うほど、とてもいい曲なんです。

600曲ほどあるモーツァルトの作品のうち、僕は半分近くを演奏してきました。交響曲も第55番まですべて演奏しまして、今モーツァルトに取り組むのが楽しくて仕方がないですが、そんな僕からすると、モーツァルトの真作と言われる作品でも、和音の進行など「モーツァルトがこんなことをするのだろうか……」と違和感を覚えるものもあるんです。モーツァルトは、いまだに謎の多い作曲家です。真作か偽作か、学者も文献だけでは本当のところは分からないのでは。そこで、いい曲だけれども偽作と言われる作品を演奏して、「本当にモーツァルト作ではないのか」を皆さんに判断していただこうというのが4月の「モーツァルト・マチネ」です。

「レ・プティ・リアン」は、交響曲第31番「パリ」と同時期、1778年にパリで書かれたバレエ音楽です。序曲と20曲からなる作品ですが、そのうち約半分はモーツァルトの作曲ではありません。指揮者によってはモーツァルトが書いた曲しか演奏しない人も多いのですが、どれもチャーミングな曲なので今回すべて演奏します。全曲実演はめったにない機会ですので、モーツァルト・ファンの方は必聴です

交響曲第6番は、真作です。交響曲第43番と同じ年に作曲した、同じヘ長調の交響曲ですから、真作と偽作の聴き比べにはもってこいです。
朝にモーツァルトの明るい音楽を聴いて、週末を元気に過ごす「モーツァルト・マチネ」は、とてもいいシリーズですよね。今回は3作品とも、朝にぴったりなさわやかな音楽です。モーツァルトの初期の交響曲とバレエ音楽は、普段あまり聴かない作品だと思いますが、とても素敵な曲なので、モーツァルトの別の一面をぜひ楽しんでもらえたらと思います。そして、真作か偽作か、ぜひ皆さんの感覚でとらえてみてください。(友の会会報誌「スパイラルvol.52」より転載/取材・文 榊原律子)


モーツァルト・マチネ 第29回
日時 2017. 4.30 (日) 11:00開演
会場 ミューザ川崎シンフォニーホール

指揮:飯森範親
管弦楽:東京交響楽団

≪オール・モーツァルト?・プログラム≫
交響曲 第43番 へ長調 K.76/42a
バレエ音楽≪レ・プティ・リアン≫ K.Anh.10(299b)
交響曲 第6番 へ長調 K.43

チケット購入はこちらから

ジュニア・プロデューサー2017始動!

2017.04.16From_Muza , From_Muza , ジュニア・プロデューサー , 未分類


今年もやってきました、ジュニア・プロデューサー企画(※)!
7月1日(土)の本番に向け、記念すべき5代目のジュニア・プロデューサーを迎えて始動しました。

今日は、2回目の会議が行われました。

最初は、名刺交換★
みんなで練習をしてから、ミューザ職員と交換をしました。

どんなお仕事をしているか、一人一人に質問しました。

ミューザ職員の話をヒントに、ホールにはどんな役割があるか、意見を出しあいました。

後半は、話し合った役割から3つの班に分けて活動!
企画班、運営班、広報班に分かれて、話し合いをしました。

◆企画班
どんな演奏会にしたいか、話しあいました!
この班は本当にたくさんのアイディアがあって、どんな演奏会になるか今からわくわくです。
内容は情報公開までお楽しみに…!

◆運営班
チケットの金額を話し合いました。
様々な方に来て欲しい!という思いから、細かく話し合われてました!

◆広報班
たくさんのお客様に来ていただくには、どういう宣伝があるかな?
企画班が決める「演奏会名」の他に、広報のための「キャッチコピー」を作ることを決めました。
また、次回までに、自分がいいな!と思うチラシを持って来ることになりました!

最後に班ごとに発表!
他の班に協力をお願いしたいことや、決定したことを意見交換しました。

次回のプロデューサー会議は、4月30日(日)!
各班それぞれ、具体的に話し合って実行していきます。
今年もジュニア・プロデューサーにご注目ください☆

※ジュニア・プロデューサーとは…
一般公募で集まった川崎市内小学4~6年生12名が、コンサート当日まで仲間とアイディアを出し合い、企画したり、チラシを作ったり、運営したりする企画です。
詳しくは、わくわくミューザ過去のブログもご覧ください。

サクソフォン奏者 上野耕平さんインタビュ―!

2017.04.11From_Muza , 「スパイラル」バックナンバー


喜怒哀楽のすべてを表現できるサクソフォンは
人間そのもののような楽器です

人気も実力もナンバー1の若手サクソフォン奏者、上野耕平さんが、4月と6月にミューザに登場!
4月の「MUZAランチタイムコンサートナイトコンサート60」はサクソフォン四重奏、6月の「名曲全集第128回」はソリストとして東京交響楽団と共演します。
ソロ、アンサンブル、吹奏楽と多岐にわたって活動を展開する上野さんに、サクソフォンとの出会い、そして演奏会についておうかがいしました。(インタビュー:榊原律子)

サックスと出会い、
音楽と出会って一生が決まった

演奏会やテレビ出演など多方面で活躍する、今最も輝いているサクソフォン奏者、上野耕平さん。サクソフォンとの出会いは、小学校2年で始めた吹奏楽だそうです。
「それまで楽器を演奏したこともなく、そこで初めて音楽と出会いました。最初はただの部活として吹いていましたが、どんどんのめりこんで、小学6年でボロディンの『ダッタン人の踊り』に取り組んだときに、クラシック、特にオーケストラ曲が大好きになってしまいました。それまで電車の運転手になりたかった僕が、こうして音楽に運命的に出会って、その後の一生が決まりました」
ちなみに「ダッタン人の踊り」でオーボエを吹いていたのが、現在は東京交響楽団首席オーボエ奏者の荒木奏美さん。上野さんと荒木さんは1学年違いで、同じ小・中学校の吹奏楽部で練習に励んだ仲間なのだそうです。
オーケストラ曲に夢中になり、その中で演奏してみたいと思ったものの、楽器を転向しようとは一度も思わずサックスひと筋の上野さんにとって、サクソフォンの魅力は、やはり音色です。
「説得力を持った音色と、音楽表現の豊かさ、ですね。喜怒哀楽のすべてを表現できる、人間そのもののような楽器ともいえるかもしれません」

ランチタイムとナイト60
両方聴いて四重奏の響きを堪能してください

上野さんは、4月「MUZAランチタイムコンサートナイトコンサート60」にザ・レヴ・サクソフォン・クヮルテットとして登場します。このクヮルテットは上野さんが大学3年の2013年に結成。メンバーは東京芸術大学の後輩たちです。
「一生続けるクヮルテットを組みたいと以前から思って、でもメンバー選びを決して焦りたくなかったので、30歳ごろまでに結成できればなぁとぼんやり思っていたら、大学3年のときに“これだ!”というメンバーと出会いました。それぞれテイストが違って、それぞれがピカイチ。心から尊敬し合える仲間です。僕たちは、調和だけでなく、奏者それぞれの個性がぶつかり化学反応を起こす響きを目指しています。そんな4人で昼と夜、ミューザで演奏させていただけるなんて、とても楽しみです」
ランチタイムとナイト60では趣向の異なるプログラムを組んでくださいました。
 「昼はサクソフォン四重奏の響きに楽しく親しんでいただくプログラムで、夜は四重奏のさらに奥の世界に踏み入れます。ですから昼と夜、ぜひ両方を聴いていただきたいですね。
 昼に演奏するフランセ『サクソフォン小四重奏曲』はとても素敵な曲なんですよ。ガーシュイン『3つの前奏曲』はピアノ曲、バッハ『G線上のアリア』は弦楽合奏の曲ですが、サクソフォン四重奏の響きにとても合っていて、作品の魅力がさらに深く味わえます。
 夜はリヴィエ『グラーヴェとプレスト』など、サクソフォンの運動性能の高さや表現力の豊かさを存分にお楽しみいただけます。超絶技巧のラヴェル『クープランの墓』は、4人で吹いているとは思えないような立体的で色彩豊かな響きをご期待ください」

 

 

そして6月の「名曲全集第128回」ではドビュッシー「アルト・サクソフォンと管弦楽のための狂詩曲」のソリストとして登場します。
「大好きな曲です。とても訴えかけてくる旋律があり、また、同時期に作曲された『喜びの島』のようにスペイン系のリズムも感じられる曲です。指揮者の井上道義さんには初めてお目にかかります。どんなふうに一緒に音楽を作っていけるか、とても楽しみです」
普段はグレゴリオ聖歌から現代音楽までなんでも聴き、バッハもウィンナ・ワルツもロック(特にクイーンやレッド・ツェッペリン)も大好きだそうで、「全然違う楽器・ジャンルの演奏に、自分の演奏のヒントが隠されていることがあるんですよ」。昨年から昭和音楽大学で後進の指導を始めたことで「自分の音楽がより明確になった」とも語る上野さんのクヮルテットとソロ、どちらもお聴き逃しなく!(友の会会報誌「SPIRAL」vol.52より転載)

12345...102030...

公式facebookページ

RECENT ENTRIES最近の投稿
CATEGORIESカテゴリー
ARCHIVESアーカイブ

ミューザ川崎シンフォニーホール

TEL044-520-0200

(10:00~18:00/土・日・祝も営業)

定休日:
年末年始12/29~1/3
保守点検日