• シンフォニーホール

  • 音楽工房

  • チケット購入方法トップ
  • 電話で予約(オペレーター)
  • 窓口で直接購入
  • ミューザWebチケット
  • その他プレイガイド

オフィシャルブログ

Official Blog

ジョナサン・ノット氏にインタビュー!

2017.11.30リトルミューザ , PDGグループ1 , リトルミューザ , PDGグループ2


リトルミューザのページへ戻る
昨日、グループ1とグループ2のメンバーで、オペラ「ドン・ジョヴァンニ」公演の指揮者であるジョナサン・ノット氏にインタビューを行いました。
【写真】質問に答えるノットさん。リハーサル後のお疲れのところ、応えてくださいました。

まず、インタビュー開始1時間半ほど前に、順次集合して、インタビュー会場のセッティング。
質問をする子どもたち全員が入れるように椅子も用意して、動画制作するグループ2は、インタビュー動画以外の部分の画像を準備しました。
インタビュー開始30分前に通訳の方が来てくださったので、ご挨拶。
【写真】通訳さんと名刺交換している様子。
流れと質問事項の確認、簡単なリハーサルをしていたら、あっという間にインタビュー時間になってしまいました。

ノットさんが登場すると「わぁ~!」と声が。
リトルミューザとインタビューの趣旨説明を簡単にし、早速質問です。
【写真】ノットさんの言葉を真剣に聴く子どもたち。
まずはドン・ジョヴァンニについての質問でした。
8月の定期ミーティングで、マイケル・スペンサーさんと討議したドン・ジョヴァンニの「ジレンマ」と近いことをノットさんも語ってくださり、子どもたちもピンと来ていたようです。
【写真】子どもたちの真剣さに、ノットさんも真剣に回答してくださいました。
約20分ほどのインタビューでしたが、とても充実した内容となって終了しました。

インタビューの最後に、ノットさんが子どもたちに握手のプレゼント!(写真だと様子がわかりづらいですが……)
【写真】子どもたちと順番に握手している様子。
ノットさんの大ファンの子もおり、大興奮の内に終わりました。

事前に我々スタッフから「ノットさんは子ども扱いしない、厳しい人だから、しっかりキビキビ進行しようね!」と口すっぱく言われていましたが、全員堂々と質問し「ノットさん、すごく優しかった~♪」と感想をもらすほど、インタビューの時間を楽しんでいました。

このインタビュー内容はグループ1では冊子に、グループ2では動画として当日のサイネージやYou Tubeにアップされる予定です。
どんな質問&回答だったか、お楽しみに!
リトルミューザのページへ戻る

託児室見学会終了しました!

2017.11.27リトルミューザ , PDGグループ4


リトルミューザのページへ戻る
昨日、グループ4のイベントが終了しました。当日の様子をスタッフがご紹介いたします。

イベントへの参加は4組でしたが、保護者やスタッフの子どもたちも含め、ゆったりと楽しんでいただくことができました。
【写真】託児室見学会の様子。それぞれ思い思いにお部屋を楽しんでいます。

朝は、会場の準備とこの日作る星の準備。
【写真】作った流れ星。折り紙で星を折るだけでなく、スズランテープで流れ星の軌跡もつけました。
星座の描かれた折り紙を購入して、流れ星感をアップさせていました。
【写真】3歳のお子さんも一生懸命折り紙を折っていました。
作った後は持ち手になるストローを持って振って楽しむ姿が見られました。

たくさんあるおもちゃに目移りしながら、次々と遊んでいく参加者たち。
【写真】会場にあったおもちゃに夢中。
お部屋に入った直後は、知らない場所に緊張して泣いていた子もいましたが、最終的には保護者の方からも離れ、おもちゃからおもちゃへ移りながら時間いっぱい楽しんでいました。
時間が終わってお片付けだよ~と声をかけると、「まだ帰らない!」「もう一回する!」とミューザの託児室を気に入ってくれた様子。
保護者の方も、託児スタッフのマザーズの方に託児時のことを気軽に質問でき、利用時の心配事や不安も解消することができました。
様子を見ていたミューザのスタッフからは「この見学会は、定期的にやっても良いかもしれないね」という声が上がるほど、参加者にとっては充実したイベントとなって終了しました。

【写真】家族連れを探してビル1階を見に行っているリトルミューザメンバー
参加者が少なかったので、ビルの1階でベビーカーを押している家族に声をかけるも「忙しいのでごめんなさい~」と断られる場面もありましたが、繰り返しアタックして頑張っていました。

片付け後、簡単に反省会を行いました。
・チラシをもっと早く作って配っておくべきだった
・ミューザに来ている人たちは、予定があるから急に声をかけても難しい
・チラシに作る流れ星の写真を載せられたら良かった
など、具体的な反省点がいくつも出てきました。

最終的に、この反省と諸経費の会計をまとめて報告書を作ってもらいます。
そちらの報告も、お楽しみに。
リトルミューザのページへ戻る

【インタビュー】ミューザ・ソリスト・オーディション2015 合格者 佐藤玲果

2017.11.24From_Muza


11月26日の「名曲全集第131回」に出演するソリストは、「ミューザ・ソリスト・オーディション2015」合格者の佐藤玲果さん。
現在、東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校の3年生です。
演奏するシベリウスのヴァイオリン協奏曲は、「いつか大ホールでオーケストラと弾いてみたいと思っていた曲」とのこと。
プロのオーケストラとの初共演でその夢が実現する、フレッシュなヴァイオリニストをご紹介します。

ミューザのステージで弾いてみたい!
そう思って応募しました

佐藤玲果さんがミューザ・ソリスト・オーディションを受けたのは、高校1年生のとき。ご自身でオーディションの情報を見つけて応募したそうです。
「本選はミューザ川崎シンフォニーホールで演奏できるということに惹かれて応募しました。クリアな響きのミューザで自分が弾いたらどんな音色がするのだろうと思ったんです。
2000席規模のホールでソロを演奏したのは初めてでしたが、本選では、洗練された響きに包まれて心地よかったです。演奏以外でも、バックステージや楽屋が立派ですごいなぁと思ったり、初めてのことばかりで社会科見学のようで楽しかったです(笑)」
参加者の中で佐藤さんが最年少だったそうですが、見事合格なさいました。
「まさか自分が、と驚きました。あんな素敵なホールで弾かせていただけて、本選だけでもすごくうれしかったのに、もう一度、しかも今度はオーケストラと共演できると思うと、心躍るようなうれしさを感じます」
プロのオーケストラをバックに協奏曲を弾くのは今回初めてという佐藤さんが11月に演奏する作品は、「大好きな曲」だというシベリウスのヴァイオリン協奏曲です。
「凍りついて張りつめた空気が、情熱的に変化していく様子が魅力的な曲です。シベリウスの故郷フィンランドの冬の寒さや、動物がうごめく情景が見えるような作品だと思います。3つの楽章すべて好きですが、特に第2楽章が好きで、雄大な音楽に心を打たれます」

将来の夢は
プロのオーケストラ奏者になること

佐藤さんは、ソロの勉強だけでなく、小学生の頃からジュニアのオーケストラでも演奏していらっしゃいます。「さまざまな楽器の音色が、緊張感の中で一体となるオーケストラが大好き」だそうで、将来の夢はプロのオーケストラ奏者だとか。
「小学4年のときに『都響とティーンズのためのジョイントコンサート』に参加して、都響の中で弾かせていただいたのですが、とても楽しくて、“ずっとこの中で弾いていたい!”と強く思いました。以来、私の目標は、プロのオーケストラに入団すること。そのためにヴァイオリンを本気で練習するようになりました」
ジュニアのオーケストラでの活動は、佐藤さんの心に大きなものをもたらしてくれたようです。
「2012年に宮城県の名取市文化会館でジュニアのオーケストラの一員としてチャリティー・コンサートで演奏させていただいたのですが、津波の爪痕が残る中、多くの方がいらしてくださり、“元気をもらった”とたくさん声をかけていただきました。そのとき、私自身の力は小さくても、音楽を通してなら、人を勇気づけられるかもしれない、と思いました。将来は、音楽を通して、社会に貢献できるようなヴァイオリニストになりたいです」
最後に、「名曲全集第131回」への意気込みを語っていただきました。
「“楽しみ”の一言に尽きます。小さい頃からの憧れのプロのオーケストラと一緒に演奏させていただけることに感謝をして、今の私にできる精一杯の演奏をしたいと思っています」
(取材・文/榊原律子)

 

佐藤玲果さん出演公演
ミューザ川崎シンフォニーホール&東京交響楽団「名曲全集第131回」
【日時】
2017年 11月26日 (日) 14:00開演
【会場】
ミューザ川崎シンフォニーホール
【出演】
指揮:秋山和慶
ヴァイオリン:佐藤玲果
【曲目】
ロッシーニ:歌劇「ウィリアム・テル」序曲
シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 作品47
オッフェンバック:喜歌劇「天国と地獄」序曲
サティ(ケネディ編):スポーツと気晴らし
マルティヌー:ハーフ・タイム
オネゲル:交響的運動第2番「ラグビー」

※当日券あり
詳しくはこちら

12345...102030...

公式facebookページ

RECENT ENTRIES最近の投稿
CATEGORIESカテゴリー
ARCHIVESアーカイブ

ミューザ川崎シンフォニーホール

TEL044-520-0200

(10:00~18:00/土・日・祝も営業)

定休日:
年末年始12/29~1/3
保守点検日