• チケット購入方法トップ
  • 電話で予約(オペレーター)
  • 窓口で直接購入
  • ミューザWebチケット
  • その他プレイガイド

オフィシャルブログ

Official Blog

第3回!ジュニア・プロデューサー2022!

2022.05.13音の放課後プロジェクト! , ジュニア・プロデューサー , 音の放課後プロジェクト!


5月8日(日)はジュニア・プロデューサー2022
3回目の活動日でした。

この日は、ジュニア・プロデューサーの活動に視察の方が来られました。
名刺でご挨拶します!

早速班ごとに分かれ、それぞれの作業に入ります。

【企画班・運営班】
まずは、前回出された宿題が「弦楽四重奏の曲を聴いて来よう!」ということで、
みんなが聴いてきた曲を、発表してもらいました。
それぞれ出してもらった曲をみんなで聴いてみて、
「この曲は聴いたことがある!」
「この曲は元気で明るい感じ!」
など、それぞれが感じた意見を出してくれました。

クラシックの曲以外でも、「こんな曲を演奏したら、みんなが知っていて楽しめると思う!」と色々な曲を挙げたり、
コンサートに来場したお客様がその場で出演者に質問できる時間を作るなど、
お客様が楽しめるような参加型企画の案を出したりしました。

コンサートの中で雰囲気の違う曲を入れたり、色々楽しめるコンサートにしたいと考えています。

これから、東京交響楽団の方と相談して、コンサートの内容を決めていきます!

【広報班】
今日はまず、招待状を作成しました。
「来ていただくために、必要な情報はなんだろう?」を自ら考えて、情報を整理していきます。
それぞれのアイディアが光るレイアウトの招待状になりました!


その後は前回に引き続き、チラシの作成作業です。
今日はデザインを決めていきます。
家でデザインを考えてきてくれたメンバーも!!
イラスト担当とパソコンでの打ち込み担当に分かれ、
それぞれのアイディアや考えを共有しながらチラシ作成をすすめていきました。

途中、チラシに掲載する情報の現況がどうしても気になったメンバーたち。
進捗状況を企画班に確認しにいきました!

必要な情報は来週に向けて固まってきている様子!予定通り、次回チラシを完成させられそうです!


作業の後は全員で集まって、班ごとの作業報告をし、この日の活動は終了!
さぁ、次回はどんな活動になるのでしょうか?
今後もジュニア・プロデューサーの活動にご注目ください!

※ジュニア・プロデューサーとは…
一般公募で集まった川崎市内小学4~6年生が、コンサート当日まで仲間とアイディアを出し合い、企画したり、チラシを作ったり、運営したりする企画です。
詳しくは、ジュニア・プロデューサー 過去のブログもご覧ください。

第2回! ジュニア・プロデューサー2022!

2022.04.27音の放課後プロジェクト! , ジュニア・プロデューサー , 音の放課後プロジェクト!


4月24日(日)は、ジュニア・プロデューサー2022、第2回目の活動日でした。

今日は東京新聞TODAYの取材が入ります!
早速、記者さんと名刺交換をしてご挨拶。

まずは、前回配ったプリントをもとに、ミューザについてや楽器編成のことなど、基礎的な内容をチェックしました。

その後、宿題としていた「どんなコンサートにしたいか?」のプリントをもとに、イメージしているコンサートを共有します。

この時代ならではのソーシャルディスタンスを意識した座席配置を考えてきたり、
手拍子などお客さまが参加できるコーナーを作ったり、
いろんな角度から演奏者が見えるように会場を工夫したり。
それぞれのイメージしたコンサートの姿には、
お客さまに楽しんでもらいたい!
来てよかったと思ってもらいたい!
自分たちもやってよかったと思えるコンサートにしたい!
と、熱い思いがつまっていました。

さて、コンサートをつくるために大切な「公演決定書」(コンサートの日時や会場、出演者など、様々な情報をまとめて記入する書類)を、1項目ずつ確認しながら書いていきます。
コンサートを行うときに決める基本的なことを確認したメンバーたち。
いよいよ班に分かれての活動です!

【企画班、運営班】

みんなで話し合った「どんなコンサートにしたいか?」をもとに、
企画・運営班で、もっと深く話し合いました。

コンサートのタイトルを決める時、東京新聞TODAYの記者さんに「どういうタイトルにすると多くの人に響く?」という質問をするジュニア・プロデューサー。
アドバイスをもとにみんなで意見を出し、出し合ったキーワードからどの言葉を選ぶか相談して、タイトルが無事決まりました!

また、取り上げたい曲やどんな内容のコンサートにしたいか、意見を出し合いました。

【広報班】

まずは早速、広報班のお仕事には何があるか?
を確認。
チラシを作ること、
実際にチラシをどう配るか考えること、
プログラムを作ること、
招待状を出すことなど、
お仕事の内容を確認しました。

その中で今一番急ぐ大切なお仕事は…チラシ作成!
みんなでチラシにのっている情報にはどんなことがあるか?のせたいことは何か?を確認していきます。

チラシにクイズを載せて、チラシからもお客さまに楽しんでもらえる仕掛けをしたい、とメンバーから面白いアイディアが!!
いいね!と思わず議論が盛り上がります。

途中、実際のチラシも見に行きました!
たくさんのチラシの中から、思い思いのチラシを手に取るプロデューサーたち。

3人共通で手に取ったチラシも!
今回は白地にカラフルなイラストを入れた季節感のあるチラシにしていきたい!とイメージを共有しました。

実際のチラシから、
自分たちが思い描いていた情報の他にも、コロナ対策の説明や、主催者情報など、載せたい情報があることに気づいたメンバーたち。
過去の先輩たちのチラシも見つつ、実際にどこに何を配置したいか?どんなデザインにしたいか?
実際にチラシの配置を考えていきます。

書き出しながら、それぞれの意見がぶつかることも。
お互いのアイディアを共有し、話し合いながら少しずつイメージを形にしていきます。

途中、チラシ完成に必要な情報を企画班にお願いしにいきました!チラシ完成のスケジュールから逆算して、しめきりもきっちりお願いしました。

今日の作業ですすめられたのは表面のイメージ配置!
次回はこの続きを作りつつ、
・イラスト(使いたい色、ペンなどの準備も)
・クイズの内容
をイメージしてくることを宿題に、この日の作業は終了となりました。

ーーーー
さて、最後は全員が同じ部屋に集合し、班ごとの報告タイムです!

【企画班・運営班】
・タイトルが決定!
・主なターゲットは小学生で、入場年齢に制限のないコンサート
・手拍子など参加できるコーナーを検討中
・次回は、
【企画班】弦楽四重奏の曲をそれぞれ聴いてきて、曲目を話し合う予定
【運営班】客席の配置や、コンサートの会場に何が必要かを話し合う予定

【広報班】
・簡単なチラシ案を書き出した
・チラシにクイズを掲載し、プログラムで答えを発表する予定
・次回は、チラシの具体的なデザインを作っていく予定

少しずつプロデューサーたちのイメージしているコンサートが具体的になっていきます!
次回の活動にもご注目ください!!

ーーーー
※ジュニア・プロデューサーとは…
一般公募で集まった川崎市内小学4~6年生が、コンサート当日まで仲間とアイディアを出し合い、企画したり、チラシを作ったり、運営したりする企画です。
詳しくは、ジュニア・プロデューサー 過去のブログもご覧ください。

5/3開催!『家族で「音のワークショップ」オンライン!』

2022.04.18音の放課後プロジェクト!


※この記事はワークショップ参加者の方へのご案内を含んでいます。

『家族で「音のワークショップ」オンライン!』が今年も5/3(火・祝)に開催されます。
オンラインでおうちから、イギリスのマイクさんとの音楽づくりにチャレンジできるこの企画!
残念ながら今回の募集は既に終了いたしましたが、(ご応募くださったみなさん、ありがとうございます)
今回はこのワークショップでどんなことをするのか?みなさんに少しだけご紹介します。

まずは、昨年度のワークショップの様子をダイジェストした、こちらの動画をご覧ください!

ワークショップの様子が少しでも伝わったでしょうか?
前回の『家族で「音のワークショップ」オンライン!』では、

・マイクさんからのヒント(音楽に限らない色々なお話が聞けます)
・メンバーで話し合ったり、アイディアを出し合おう
・アイディアを音楽にしてみよう
・出来上がった音楽を発表!

というような過程を経て進んでいきました。

オンラインで集まったその日限りのメンバー、そしてご家族との共同作業!
普段一緒に過ごしている家族であっても、音楽づくりを通した新しいコミュニケーションの中で、お互いの新たな一面を発見できるかもしれません。

音楽ワークショップで探る、新しい家族関係
共に音楽を作る行為は社会や家族の絆を深めるという事は様々な研究で発表されています。これは特定の地域に限ったものではなく、世界中のコミュニティーで、同じ効果が期待されるものです。音楽作りが生活に根深く融合したアフリカの一地域では、音楽を会話と区別しない部族も存在します。

 

でも、音楽作りに使う楽器が家にありません……そう思っていませんか?
そんなことはありません!!まずはこの動画をご覧ください!
《マイクさんのキッチン・オーケストラ》

Kitchen Sink Orchestra from Michael Spencer on Vimeo.

有名なフランス民謡ですが、キッチンにあるものだけで演奏されています。
家の中、特にキッチンには、新しい音楽作りの可能性があふれています!
これをヒントに、ぜひご家族で家の中にある新しい「楽器」を探してみてください。

楽器の起源
実は見慣れた楽器の多くが、元々は農具や、ひょうたんなどの植物です。このワークショップをきっかけに、キッチンから新しい楽器が生まれるかもしれません。

ワークショップのテーマごとに、そのワークショップの中で必要な「音」は変わってきます。
参加される方へは今回のテーマをご案内しますので、テーマに適した「楽器」をぜひ、お家で探してみてくださいね!

さて、ここからはオンライン・ワークショップで使用するインターネット環境についてのご説明です。
(実際に参加される方向けのご案内です)

①インターネット環境

このワークショップはZoom(ズーム)を利用して開催されます。

Zoomとは
100人規模の参加者が同時に参加できる機能を持った、今最も人気の高いインターネット・プラットフォームです。セキュリティ面の対策も日々行われています。

技術的な問題からセッションが計画通り進行しないことも起こり得ます。
可能な限りで構いませんので、できるだけ安定的なインターネット回線(光回線等)の中でご参加いただけると、安心です。

また、音楽ワークショップならではのセッティングをしていただく必要があります。
セッティング方法は下記をご確認ください。
また、Zoomに慣れていない方のために、ワークショップ前に30分ほどの接続チェックタイムをご用意しています。
実際に操作しながら基本的な使い方や注意点をご紹介しますので、不安がある方はぜひご参加ください。

②Zoomのセッティング方法

①Zoomのアプリをダウンロードしてください(https://zoom.us/)
→「ダウンロード」の下の「ミーティングクライアント」をクリック
②Zoomアプリを最新版にアップデート
→メニューの「Zoom.us」→「アップデートの確認…」をクリック

③インストール後、指定されたミーティングルームにアクセスします
④まず待機画面が表示されます。時間になると入室できます
⑤ミーティングルームに入ったら、まずミュート(消音)・ボタンの位置を確認してください(以下参考)
⑥ミュート・ボタンを押して、赤の斜め線が入っているとき、声は他の人に届きません。もう一度押すと解除できます

⑦表示されているお名前をひらがなに変更してください
お子さんのお名前、保護者さまのお名前でお願いします
(例 はなこ はなえ)

⑧オーディオの設定をしてください
(この設定をしないと、声以外の音をZoomが雑音と判断し、他の人に届かなくなる可能性があります)

パソコンの場合


設定が終わったら元の画面に戻ると、左上に「オリジナル・サウンド:オフ」ボタンが現れますのでクリックしてください。(「オリジナル・サウンド:オン」に変わればOKです)

タブレットの場合
まずは、「オリジナル・サウンド」(という機能自体)を有効にします。

アプリを立ち上げた画面の左上の歯車マークをタップ(アプリにサインインしている場合には下記画面のように左下に歯車マークがあります)(ちなみに、iPhoneの場合は画面右下に歯車マークがあります)

[ミーティング]をタップ

[オリジナルオーディオを使用]をオンにする(iOSの場合は緑色になるようスイッチ)

事前設定は以上で終了です。
ZOOMがスタートしたら「オリジナル音声」をオンにします。(ミーティングルームに入った後の操作)
(ミーティングルームに入った後の)画面の右上に[・・・(詳細)]をタップ

詳細メニューの[オリジナル音声を有効化]をタップ

以上で基本的な設定は終了です。

 

 

−−−−−−−−−−−−

参加者のみなさん、設定に関し何か疑問・質問があれば、お気軽にお問い合わせください。
準備が完了すれば、あとはワークショップスタートを待つのみ!
みなさんにワークショップの場でお会いできるのを楽しみにしています!

公式facebookページ

RECENT ENTRIES最近の投稿
CATEGORIESカテゴリー
ARCHIVESアーカイブ

ミューザ川崎シンフォニーホール

TEL044-520-0200

(10:00~18:00/土・日・祝も営業)

定休日:
年末年始12/29~1/3
保守点検日