• チケット購入方法トップ
  • 電話で予約(オペレーター)
  • 窓口で直接購入
  • ミューザWebチケット
  • その他プレイガイド
  • 施設のご案内トップ
  • 音楽ホール
  • 音楽工房
  • 館内マップ
  • サービス&ファシリティ
  • ミューザの歴史

オフィシャルブログ

Official Blog

第2回 ジュニアプロデューサー会議

2016.05.29From_Muza , From_Muza , ジュニア・プロデューサー


本日2回目の会議を行いました。活動の様子をジュニアサポーターがお知らせします!

★ジュニアプロデューサーが今日活動したこと★
名刺交換(事務所の人)と、運営、広報、企画の3つに分かれて話し合いをしました。

*ジュニアプロデューサーたちは、ミューザの一員として、職員と同じ名刺を持っています!
DSC_0001

 

 

 

 

 

(事務所でミューザ職員と名刺交換)

DSC_1178

 

 

 

 

 

(職員にいつもどんな仕事をしているか、質問しています)

DSC_0012

 

 

 

 

 

(名刺を持って集合!)

プロデューサーのみんな、自分から発言をしたり協力をしていました。
おつかれさまでした。次回もがんばって下さい。

ジュニアサポーター 堀、毛利、平山

モーツァルト:交響曲 第41番「ジュピター」

2016.05.29「スパイラル」バックナンバー , 「スパイラル」バックナンバー , 名曲のツボ


モーツァルト最後の交響曲にして最高傑作とも言われる「ジュピター」。
やはりこの曲の白眉は第4楽章でしょう! 「ドレファミ」で築かれる壮大なフーガは圧倒的で後世の作曲家にも大きな影響を与えたと言われています。
6月12日「名曲全集」を前に、東京交響楽団第2ヴァイオリンフォアシュピーラーの福留さんにお話を伺いました。

第4楽章の神がかり的な三重フーガ
「オーケストラのメンバーでよかった!」と演奏しながら幸せになる曲です

第2ヴァイオリン フォアシュピーラー 福留史紘

G11

 主に旋律を担当する第1ヴァイオリン(以下「ファースト」)に対し、第2ヴァイオリン(以下「セカンド」)は内声を担当しますが、さらに「ジュピター」ではモーツァルトらしい疾走感、推進力を担っています。それがよく表れているのが第4楽章の冒頭です。ここで演奏するのはヴァイオリンだけで、ファーストがジュピター音型「ドレファミ」を弾いている間、セカンドは8分音符を奏でます。この8分音符は曲のテンポと流れを決定づけるという、重要な役割を果たしています。
 そして、第4楽章の冒頭はセカンドとって一番の難所でもあります。楽譜上は単純に見えますが、1音ずつ違う弦で弾くことが多いです。移弦のテクニックは意外と難しく、弦を移るたび音がガタガタしてはいけないし、かといって音の粒がぼけてもダメ。それを速いテンポで、セカンド奏者全員で弾かなければいけないのですから、かなりのプレッシャーです。僕は東響で7年ほどファーストだったのですが、セカンドに移籍するまで、ここがこんなに難しいとは知りませんでした。目立ちすぎず、けれど存在感があり、和声の進行がはっきり分かるように弾く、という難所であると同時に、要所でもあります。音楽がどう進むかはセカンド次第とも言えるでしょう。
 難所のプレッシャーを除けば、「ジュピター」は「オーケストラのメンバーでよかった!」と思うほど演奏していて幸せになる作品です。第4楽章最後の三重フーガは見事で、本当に神がかっています。音が鳴るというより空間が広がっていく感覚で、決して大編成ではないのにスケール感が壮大。だから「ジュピター」という愛称がついているのでしょうね。改めてモーツァルトの天才ぶりを実感する作品です。
 セカンドは「内声」と呼ばれますが、これは単に「外声」に対する言葉ではなく「内なる声」だと思っています。オーケストラの中では音楽の方向性を主張していく大きな役割を担っており、その主張の結果として、セカンドがもたらす音色や和声の色彩の変化に気が付いてもらえると嬉しいです。心地よく聴こえる音楽の中で、ふと気付くとセカンドがいい仕事をしている。そのように感じていただけたら幸せです。
 モーツァルトの演奏には、作曲当時の演奏を念頭に置いたピリオド奏法と、いわゆる普通の演奏があります。ピリオド奏法ではヴィブラートは「なし」もしくは「控えめに」しますが、それだけではなく、弓を持つ右手が重要になります。ヴィブラートを控えた場合、何もしないと長い音は無表情になってしまうので、弓のスピードをコントロールして表現するのです。たとえば、最初は少し速い弓で発音し、そこからテンションを抜いていくといった風に。また、現代の弓ではなくバロック時代の弓をイメージして弾きます。
 リハーサルの際、指揮者が「今回はピリオド奏法で」と言うことはありません。何も言わなくても、テンポや棒の振り方から、指揮者のイメージする音は分かるんですよ。東響には、スダーン前音楽監督が取り入れたピリオド奏法がモーツァルト演奏の礎にあるので、指揮者の意図する音色にすぐ統一することができます。そこが東響のモーツァルト演奏での強みだと思います。
 6月の「名曲全集」を指揮するのは、バッハ・コレギウム・ジャパン音楽監督の鈴木雅明さんです。鈴木さんが東響を指揮するのは今回が初めて。今からとても楽しみです。(「スパイラル」Vol.48より転載/取材:榊原律子)

ミューザ川崎シンフォニーホール&東京交響楽団
名曲全集第118回 期待に胸高まる、親子鷹の共演

2016. 6.12 (日) 14:00開演
【出演】
指揮:鈴木雅明
オルガン:鈴木優人
【曲目】
モーツァルト:歌劇「魔笛」序曲
モーツァルト:交響曲 第41番 ハ長調 K.551 「ジュピター」
サン=サーンス:交響曲 第3番 ハ短調 作品78「オルガン付き」
チケット購入はこちらから

第1回 ジュニアプロデューサー会議 

2016.05.15From_Muza , ジュニア・プロデューサー


みなさま、こんにちは!!
今年もジュニア・プロデューサー企画がはじまりました。
小学校4~6年生・12名によるプロデューサーたちがどのような活動を経てコンサートを創り上げていくのか、このブログでは過去にプロデューサーを務めたサポーターたちがレポートしてくれますので、是非ご覧ください!
(以下、サポーターが書いた記事です)

ジュニアサポーターのミコとナツです(。・ω・)ノ゙
今日は、2016年のジュニアプロデューサーの初めての会議がありました。
今年のジュニアプロデューサーは、とてもみんな仲がよくて初めから楽しくできて、楽しかったです!

0515Jr producer_1
↑真剣に話を聞くプロデューサーたち

初めは、自己紹介から。
・自分の名前
・学年&年齢
・休日に主にすること
を一人ずつ紹介しました。
その後にふたつ隣の人の名前と休日にすることを思い出して言うゲームをしました。
忘れてしまっても周りの人がフォローして、仲が深まったようです。
読書やゲーム、スポーツなどが多かったです。

話し合いでもそれぞれが意見を発表していました。
チケットの料金について話し合っていた時、
「ワンコインならお財布の中がスッキリじゃない??」と言う驚きの意見がΣ(゚д゚;)
・・・今年のプロデューサーはちょっと個性的(笑)
でも、それぞれがしっかりと意見を発表していて、とっても良かったです!
どしどしと意見がでていって書く紙がいっぱいになりました。
サポーターもちゃんとサポートできたかな?
次回もがんばっていきたいと思います。

0515Jr producer_2

本番まで、頑張れ!
ジュニアプロデューサー2016!

12345...102030...

公式facebookページ

RECENT ENTRIES最近の投稿
CATEGORIESカテゴリー
ARCHIVESアーカイブ

ミューザ川崎シンフォニーホール

TEL044-520-0200

(10:00~18:00/土・日・祝も営業)

定休日:
年末年始12/29~1/3
保守点検日