• チケット購入方法トップ
  • 電話で予約(オペレーター)
  • 窓口で直接購入
  • ミューザWebチケット
  • その他プレイガイド
  • 施設のご案内トップ
  • 音楽ホール
  • 音楽工房
  • 館内マップ
  • サービス&ファシリティ
  • ミューザの歴史

オフィシャルブログ

Official Blog

【公演迫る!】ノット&東京交響楽団が奏でる極上のモーツァルト 「コジ・ファン・トゥッテ」リハーサル・レポート(文・榊原律子)

2016.12.08From_Muza


みなさまおまちかね、ジョナサン・ノット音楽監督&東京交響楽団によるモーツァルト「コジ・ファン・トゥッテ」演奏会形式のリハーサルが、モーツァルトの命日12月5日にスタートしました。2日目の12月6日には、いよいよオーケストラと歌手の初合わせ。この日の様子をお伝えします。

オペラの演奏会形式の上演スタイルは、歌手が楽譜を見ながら直立不動で歌うものから、舞台装置があり演技しながら歌うものまで、さまざまありますが、今回の「コジ・ファン・トゥッテ」は、舞台セットはないものの、歌手は全曲暗譜で、ステージ前方で演技しながら歌います(ステージの前には指揮を映すモニターを設置)。ステージ中央にオーケストラが並び、その真ん中には、今回の注目のひとつ、ハンマーフリューゲルがあります。今回ノット監督は、指揮するだけでなく、レチタティーヴォではハンマーフリューゲルを演奏します。立って座って大忙しのノット監督ですが、ハンマーフリューゲルの伴奏での歌手との対話は、指揮とはまた異なり、ドラマに見事な緩急をつけていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、驚きは、弦楽器の編成です。第1・第2ヴァイオリンが各6人、ヴィオラ4人、チェロ3人、コントラバス2人という「モーツァルト・マチネ」でも例のないほどの小編成で、そこから生まれる音が実に温か。東響のモーツァルト・サウンドは、作品を愛しむようなノット監督の柔らかな指揮によって一層磨きがかかり、潤いのある優しい響きがミューザに満ちていました

オーケストラへのノット監督の指示はとても細やかで、「もう少しグラツィオーソ(優雅)で」「この音はメゾフォルテで」「この音は短すぎずに」など、要所にニュアンスをつけていきます。たとえば、フィオルディリージとドラベッラの最初の二重唱はとても甘美な音楽ですが、ノット監督はオーケストラに「もう少しエキサイトして」と指示。2人が恋人を思ってうっとりする歌ですが、夢見心地になりすぎないようにということでしょうか、少しワクワクした表情を注ぎ込むことで、音に“恋の情熱”を生みだしました。こうやって、ノット監督は音からドラマを立体的に形作っていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

世界の名歌劇場で活躍する歌手たちが勢ぞろいするキャスティングも大きな注目を集めていますが、フィオルディリージ役はミア・パーションが急病のため、ヴィクトリヤ・カミンスカイテが急遽務めることになりました。リハーサル開始時、カミンスカイテはまだミューザへの道中。そのため、ノット監督がフィオルディリージのパートを歌いながら指揮するという貴重な場面も(細かい音符まで見事に歌っていました!)。フィオルディリージ、ドラベッラ、ドン・アルフォンソの3人のレチタティーヴォの最中に、突然フィオルディリージのパートを歌う女性の声が。空港から直行したカミンスカイテが、荷物を持ったままステージに登場したのです! オーケストラから大きな拍手が起こったのち、リハーサルは続行。カミンスカイテは、ドラベッラ役のマイテ・ボーモンとさっそく見事なアンサンブルを聴かせ、五重唱での息もぴったり。ノット監督は指揮しながら振り返って、満足そうに微笑んで5人を見ていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

舞台監修を担うのは、ドン・アルフォンソ役を歌うイギリスの名バリトン、サー・トーマス・アレンです。若者たちをそそのかす老哲学者を歌い演じながら、歌手の立ち位置をさりげなく修正したり、ノット監督がオーケストラに指示している最中に、歌手に動きを説明したり。舞台全体を見渡しながら歌う役割と、ベテラン歌手にしか出せない深い響きの歌声は、ドン・アルフォンソそのもの。今回のステージのキーとなる歌手は、間違いなくアレンでしょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

舞台上で使う道具は、イス、テーブル、コーヒーカップ、扇子、筆記用具など、ごくシンプルなものですが、ゆえに2組の男女の関係がより明確に浮かび上がってくるのがおもしろいところ。そのなかで、グリエルモとフェルランドの動きがなにやらユニークなのが気になります。アレック・シュレイダー、マルクス・ウェルバ、共に素晴らしいモーツァルト歌いですが、どのような演技をするかも注目です。
デスピーナを演じるヴァレンティナ・ファルカスは、おきゃんな役柄にぴったりな声が魅力的な上に、演技もチャーミング。ノット監督に絡んで、監督も東響のメンバーも思わず笑ってしまう場面がありました。本番のステージでは即興の演技が多々ありそうで、期待大です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

リハーサルを見学して改めて感じたのは、ミューザに鳴り響くノット&東響のモーツァルトの麗しさ。ノットのタクトに機敏に反応し、いきいきとしたアンサンブルを作り上げる東響の演奏をアレンも絶賛しているとのことで、楽団創立70周年の2016年を締めくくる記念すべき公演になること間違いなしです。圧巻の歌唱と、心温かくなる極上のモーツァルト・サウンドをミューザで堪能する「コジ・ファン・トゥッテ」。お聴き逃しのないように!(文・榊原律子)

※写真は全てレポート当日ではなく、12月8日に行われたゲネプロを撮影したものです。

モーツァルトが描くドタバタ恋愛喜劇「コジ・ファン・トゥッテ」または「恋人たちの学校」

2016.12.04From_Muza


モーツァルトの歌劇『コジ・ファン・トゥッテ』は副題に『あるいは恋人たちの学校』というタイトルがついています。そう、これは試される恋人たちの物語なのです。

l_053

登場するのは婚約中の二組のカップル。その女性どうしは姉妹、そして男性どうしも知り合いという仲。

フィオルディリージ(ソプラノ):ドラベッラの姉(妹)でグリエルモの恋人。
ドラベッラ(メゾソプラノ):フィオルディリージの妹(姉)でフェルランドの恋人。
フェルランド(テノール):士官
グリエルモ(バス):士官
ドン・アルフォンソ(バス):老哲学者。
デスピーナ(ソプラノ):姉妹の女中。
story-image

みなさんは「永遠の愛」を信じますか?
婚約を控えた二人の若者と老哲学者がカフェで話しているところから物語は始まります。あなたを愛していると疑わない彼女も、状況によっては簡単に浮気をするのだ、と老哲学者ドン・アルフォンソが男二人をあおりますが、フェルランドもグリエルモもそんなはずはないと突っぱねます。若さゆえの純真さを見ていられないドン・アルフォンソは現代風に言うと彼らに「ドッキリ」を仕掛けるのです。

とんでもないドッキリ
ドン・アルフォンソの企みとは、恋人が不在で絶対に帰ってこない状況下で、女性たちを別の男性が誘惑するというもの。
「恋人がしばらく帰ってこない」というシチュエーションは、彼らが徴兵されたというウソで作りあげます。婚約間近なのに恋人が遠く離れてしまえば寂しさのどん底に突き落とされるのは当然。そこに優しい声をかけられたらもしかして・・・とはいえ、言い寄ってきた男たち(グリエルモ、フェルランド)の変装は正直イマイチで、すぐに女性がなびくような「イケメン」ではありません。はっきり言って何者かもよくわからない怪しい外国人。まじめなフィオルディリージは「あり得ない!」と断固拒否します。しかしドン・アルフォンソはおせっかいな女中デスピーナを味方につけ、「男どもだって戦場で何してるんだからわからないんだからお嬢さんたちも楽しめばいいのに」とそそのかします。

最後に信じるのは・・・愛?
入れ替わった恋人の友人とも知らず、死んだふりをされたりあの手この手で口説かれて最初はドラベッラが、そして真面目に愛を貫こうとしていたフィオルディリージまでが・・・ついには二人とも陥落してしまいます。しかも!結婚の約束までしてしまうのです。
結婚式の準備を行っていると、遠くから軍隊ラッパが聞こえます。そう、戦争に行っているはずの「本来の」恋人が帰ってきてしまうのです。女たちは罪を告白し、仕掛け人であるドン・アルフォンソがすべての種明かしをし、大団円となります。

ここまで読んでこられた方は、「ほんとに大団円?」と思われたのではないでしょうか。最後に試されるのは「それでも恋人を愛せるか」という究極の問いなのです。

******************
なんだか無茶苦茶な話だと思った方、無理もありません。
ダ・ポンテが書いたこの筋書きのおかげでずっと「低俗」のレッテルを貼られ、ベートーヴェンやワーグナーにも酷評され、20世紀後半になるまであまり上演されてこなかったのです。
しかしながら、近年では特にモーツァルトの音楽の素晴らしさ、美しさが高く評価されています。一見低俗な物語だからこそ、この音楽がなかったら現代で再評価を受けることはなかったでしょう(いくらでも下品にしようと思えばできそうな筋書きですしね・・・)。また生き方が多様になった現代だからこそ、ストーリーへの解釈が道徳的なことに縛られることなく、より人間的なさまざまな試みが可能になり、物語としての評価も高まってきました。

今回、ミューザで演奏される『コジ』は、舞台セットや衣装のない、「演奏会形式」で行われます。
指揮者のジョナサン・ノットさんは「吟遊詩人が語り掛けるような」この形式が好きだと語っています。聴く方がそれぞれにこの物語から「愛とは?」「信じるとは?」「結婚とは?」を考えていただけたらと思います。そして、美しいモーツァルトの音楽を一流の声楽陣と指揮者、オーケストラの演奏で心ゆくまで楽しんでください

それにしてもドン・アルフォンソはつくづく老獪な奴です。あまり知り合いにはほしくないタイプですよね笑

 

歌劇『コジ・ファン・トゥッテ』(モーツァルト作曲・演奏会形式・日本語字幕付き)
2016. 12.9 (金) 18:30開演 ミューザ川崎シンフォニーホール
2016. 12.11(日) 15:00開演 東京芸術劇場

指揮、ハンマーフリューゲル:ジョナサン・ノット(東京交響楽団音楽監督)
舞台監修、ドン・アルフォンソ:サー・トーマス・アレン
フィオルディリージ:ヴィクトリヤ・カミンスカイテ※
ドラベッラ:マイテ・ボーモン
デスピーナ:ヴァレンティナ・ファルカス
フェルランド:アレック・シュレイダー※
グリエルモ:マルクス・ウェルバ
合唱:新国立劇場合唱団
管弦楽:東京交響楽団
※当初予定の出演者から変更になりました

特設サイト・チケット購入はこちら

【コジ・ファン・トゥッテ】サー・トーマス・アレンからメッセージが届きました!

2016.11.29From_Muza


12月9日に公演が迫った歌劇『コジ・ファン・トゥッテ』。ジョナサン・ノットが信頼する、世界の歌劇場で活躍する豪華な歌手陣も注目されています。
その中でも最も重鎮と言えるのが今回ドン・アルフォンソを演じるサー・トーマス・アレンでしょう。ジョナサン・ノットはこの『コジ』を構想した際に、ディレクションもドン・アルフォンソ役も彼を措いてない、と考えたのです。言うまでもなく現代最高の名声を手にするリリック・バリトン歌手であり、1969年のデビューから約半世紀にわたってニューヨーク・メトロポリタン歌劇場や英国ロイヤル・オペラほか世界中の歌劇場で活躍しています。

Sir Thomas Allen(C)Sussie Ahlburg

photo (C)Sussie Ahlburg

サー・トーマス・アレンから公演に先立ち、メッセージをいただきました。
ぜひお読みいただき公演にご期待ください!

■ドン・アルフォンソについて
私が演じるドン・アルフォンソという役は、かつては暖かい友情を抱いていたようだった若いカップルたちの心に不安と動揺を与えようとストーリーの裏で糸を引く、皆をかく乱する人物です。

なぜそんなことを?

変装や正体を隠した者が数多く登場するこのオペラの主要なメッセージである人間関係についてのストーリーにはふさわしい人物です。これは愉快な喜劇なのです。
しかし、もっとよく見ると、もしくは私のように46年にわたってオペラに取り組んできた者にとっては、これは自らのあり方や他者――特に愛する者――との関わりを省みさせてくれるひとつのきっかけにも思えます。

■時代により解釈が変わっても
オペラの最後で判明する教訓には憶測の余地があまりにも多くあります。
傷ついた者たちはそれまでの生活に戻って、今までどおり愛しあえるでしょうか?
この経験でお互いに対する信用は永遠に失われてしまったのでしょうか?
欺きの中で出会ったパートナーとの間に永遠の愛を見つけたのでしょうか?
フィオルディリージとグリエルモ、ドラベッラとフェルランドがそれぞれ元のさやに収まらなければならないとされた時期もありました。
その後、時代はよりフランクになり、自分自身の人間関係に対する考え方に正直になり、恋人たちがもう元には戻れずドン・アルフォンソの企みから学んで前を向いて人生を歩んでいかなければならないことを受け入れてもよいとする世界になりました。
今はまた昔の考え方に戻って、彼らが勇気をもって元に近い関係に戻れるよう、うまくやってくれることを望んでいるかもしれません。
ここから学ぶことは多く、『コジ』はシェイクスピアやゲーテの手になる傑作同様に、考えられる限り何度も見直されるにふさわしいと思っています。

■演奏会形式について
『コジ・ファン・トゥッテ』はオペラですから、通常はオペラのための劇場で演じられます。
しかし、時に私はセットや衣装の力を借りることなく演奏会形式で歌う機会にも喜んで参加しています。
そのような場には、オーディエンスの皆さんは聞くことに集中し、他に注意を向けるもののあまりない、非常に異なる環境で耳を傾けてくださるのだと思っています。
歌い手もメッセージを非常にクリアに打ち出す必要があります――アリア、アンサンブル、レチタティーヴォ。
それはセットも衣装もない形式のオペラであり、演出と動きに注意すれば、壮麗を極めた劇場で演じるのと同様に成立すると信じています。
モーツァルトの音楽の力、そしてもっと重要なのはダ・ポンテの台本が、その理由です。
ロレンツォ・ダ・ポンテがモーツァルトのために書いた台本は、何の助けを借りずとも真のドラマとして成立するクオリティなのです。

■カットを入れず、作品のあるがままを
近年、マエストロ、ジョナサン・ノットはドイツのバンベルクで同様に『コジ』を連続演奏されています。
こういった際に誰にとっても課題となるのは、素晴らしい夕べを演出することと、セットのカーテンや調度品ではなくオーケストラに囲まれていることを常に意識して、皆さんの注意を常に惹きつけることです。
マエストロは一曲もカットせずに演奏することにされました。『コジ・ファン・トゥッテ』では、台本や曲にあまり意味がないと思われる箇所で、ストーリーを進行させるためにいくつかの曲がカットされるのが常です。
また、作品が全体として長すぎるという意見が少なからずあることも事実です。
実際には、この作品は長すぎることも短すぎることもありません。ありのままがこの作品の本来の姿であり、カットなしでこそひとつの美しい作品として成立するのです。演奏会形式であっても、冗長に感じられることなどありません。
特に美しく作品内の他の曲と一線を画す曲がカットされることが多いことを、私は残念に思います。マエストロ ノットと彼の指揮で歌う歌い手を聴いていただければ、どれほど素晴らしいかおわかりになるでしょう。

『コジ』を歌うことを非常に楽しみにしています。皆さんに楽しんでいただき、同時に人生や人間関係の複雑さに思いを馳せていただけるようなパフォーマンスにしたいと思います。
そして、音楽はかのモーツァルト。
これ以上のものはないでしょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
歌劇『コジ・ファン・トゥッテ』(モーツァルト作曲・演奏会形式・日本語字幕付き)
2016. 12.9 (金) 18:30開演 ミューザ川崎シンフォニーホール
2016. 12.11(日) 15:00開演 東京芸術劇場

指揮、ハンマーフリューゲル:ジョナサン・ノット(東京交響楽団音楽監督)
舞台監修、ドン・アルフォンソ:サー・トーマス・アレン
フィオルディリージ:ミア・パーション
ドラベッラ:マイテ・ボーモン
デスピーナ:ヴァレンティナ・ファルカス
フェルランド:ショーン・マゼイ
グリエルモ:マルクス・ウェルバ
合唱:新国立劇場合唱団
管弦楽:東京交響楽団

特設サイト・チケット購入はこちら

12345...102030...

公式facebookページ

RECENT ENTRIES最近の投稿
CATEGORIESカテゴリー
ARCHIVESアーカイブ

ミューザ川崎シンフォニーホール

TEL044-520-0200

(10:00~18:00/土・日・祝も営業)

定休日:
年末年始12/29~1/3
保守点検日